【ソフトボール】打線爆発で大教大にコールド勝ち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回春季関西学生リーグ戦対大教大◇5月4日◇サザンスタジアム◇

大教 000 010  =1
関大 112 004x=10

(大教)川崎ー増井
(関大)大久保、髙桒―鈴木

 

 

春季リーグ戦3試合目。昨年1部昇格を果たしたばかりの大教大との対戦となった。途中、顔に打球を受けた先発・大久保博貴(総情4)が急きょ降板するアクシデントがあったものの、打線が爆発し10得点を奪い、6回コールド勝ちを収めた。

今日の先発は大久保。初回、2つの四球で2死一、ニ塁のピンチを迎えるが「堂々と投げることを意識した」と5番稲野をサードゴロに打ち取りこの回を0で押さえる。

△大久保

打線はその裏、1番粟井朋弥(環都2)が右中間に三塁打を放ち、セカンドゴロの間に生還。幸先良く先制する。続く2回にも、ヒットの泉元一喜(社4)を鈴木隆弘(文2)がバントで送ると、昨日ホームランの7番中岸健登(経2)がタイムリーヒットを放ち追加点を奪う。3回には、5番泉元の2点タイムリーツーベース、さらにスタメン起用の2年生キャッチャー鈴木にレフトオーバーのホームランが飛び出し、一挙4点。試合の主導権を握った。

△粟井

△中岸

△泉元

△鈴木

先発・大久保は落ち着いた投球で、3回までに4奪三振の好投。しかし4回、先頭の4番増井の打球が顔面を直撃。すぐに自力で立ち上がったものの、ここで急きょ降板となった。あとを任されたのは、昨日無安打で完封勝利した髙桒公岐(シス理4)。無死二塁という場面での登板も、5、6番を連続三振に仕留めると、四球を出したものの8番川崎を見逃しの三振に切って取り、相手に流れを渡さなかった。髙桒はそのまま6回まで続投。5回に1番石間のタイムリーヒットで1点を返されるも、計7奪三振で突然の登板にも動じず、実力を見せつけた。

△大久保

△髙桒

コールドでのサヨナラ勝ちを決めたい打線は6回裏、先頭の泉元が今日3本目のヒットで出塁すると、鈴木の犠飛、さらに中岸の内野安打が守備の乱れを誘い、一、三塁。9番黒田圭人主将(文4)が死球でランナーを進める。二死満塁とサヨナラのチャンスで打席に入ったのは、1番粟井。低めの直球を鋭く振り抜き「まさか入るとは思わなかった」とセンターへのサヨナラ満塁ホームランでコールド勝ちを決めた。投打がかみ合い10-1と快勝した。

 

△泉元

△粟井

昨日は神院大戦で強力打線が沈黙し、無念の敗北を喫した関大。今日は2試合目立命大戦でも勝利すべく選手たちは気を引き締めた。【文:水上壮平/写真:高木満里絵】

※ダブルヘッダーのため、コメントは対立命大戦の記事に掲載しております。