【ソフトボール】つながらなかった打線。立命大に痛い敗北喫す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回春季関西学生リーグ戦対立命大◇5月4日◇サザンスタジアム◇

立命大 000 020 0=2
関 大 100 000 0=1

(立)佐藤―田苗
(関)髙桒―鈴木

リーグ優勝への道が完全に閉ざされた。7回裏、2死二、三塁の場面。8番川村拓人(人4)、続く黒田圭人主将(文4)の連続安打により、一発出れば逆転と最高のチャンスを演出するも2番井上貴裕(経4)がサードゴロに倒れ、試合終了。「仕留められなかった」(黒田)。意気消沈したナインたちの後ろ姿に、落胆の色が深く、濃くにじんだ。


△黒田


△井上

先制は関大。第一試合で満塁弾を放った粟井朋弥(環都2)が右方向へテキサスヒットを放ち、先頭として出塁。その後2死二塁とすると、4番髙濱友裕(情2)が5球目を二遊間に強く弾き返し、先制点を奪う。


△粟井


△髙濱

しかしその後、持ち味の強力打線は息を潜めたかのようにピタリと静まった。4回に鈴木隆弘(文2)に安打が飛び出すも得点圏に走者を進められず、毎回の攻撃を4人以下で抑えられる。


△鈴木

追加点を奪えぬまま迎えた5回表。2死に追い込むも、ついに相手の打線が口火を切った。6番田苗に中前打を許すと、続く打者の強烈な打球を遊撃手・井上が捕球できず、一、三塁とされる。その後、黒田が三塁線への当たりをファウルと見誤る、思わぬボーンヘッド。ライン上の微妙な打球ではあったが塁審の判定はフェア。送球できずに走者を二塁に進められると、「カバーできず、最後甘くなった」と先発の髙桒(公岐=シス理4)。2ストライク1ボールと追い込んだ4球目を9番横内にセンター方向へ弾き返され、逆転を許した。


△髙桒

その後6回、2死の場面から泉元一喜(社4)に中前打が飛び出すも、後続が打ち取られチャンスを生かせず。「ランナーは出てたけど、次のバッターが進めれなかった。“線”として戦えなかった」(黒田)。相手投手・佐藤を打ち崩せず、そのまま打線は最後までつながらなかった。「技術的部分だけじゃなく、チャンスで打てないのは気持ち」。キャプテンは試合後、課題を口にした。それでも、もう「勝つしかない」。想いも打線もつなげて。リーグ最終日、満開の笑顔で最高の締めを飾る姿を彼らはきっと見せてくれる。【文:高木満里絵/写真:水上壮平】

▼黒田主将
「ランナーは出てたけど、次のバッターが進めれなかった。“線”として戦えなかった。相手のピッチャーも良かったし。チームとしての戦い方をもう一度見直さないと。チャンスで打てなかったのは技術面の細かいところもあるけど、やっぱり気持ち。特に最後、粟井、井上が仕留められなかったのはそこかなと。この試合は2分の1が三者凡退で、全然塁に進められなかった。(その中でも良い選手は)髙濱の先制打はすごく良かった。しっかり捉えられていた。鈴木も、肩が強くて今日も盗塁をしっかり刺せていたし成長している。自分たちが引退した後、要になってほしい。(明日に向けて)勝つしかない。いかに先手を取れるか。ピッチャー陣は調子がいいし、あとは打撃陣が奮起していつもの関大らしい強力打線を爆発させます」

▼大久保
「(第1試合)特に調子が良いわけでも悪いわけでもなく、いつも通りの立ち上がりだった。オフシーズンは一つ一つの技術練をしてきたが、実践練習の中で一番大事なのは精神面だと思ったので、今日は何があっても堂々とすることを意識した。シーズン初登板で緊張はあったが、それを表情に出さないようにした。自分が動じなければチームに安心感を与えられるのでそこは大事だと思う。(4回表に相手の打球が顔を直撃し降板) 顔に当たったのは自分のフィールディングが悪かったから。骨に異常はなく、腫れてるけど目も大丈夫だった。投げ切りたいという気持ちはあったが、(リリーフした)髙桒は昨日も好投していたし安心して代わることができた。これからも、いつも通り自分の投球をしてチームに貢献したい」

▼泉元
「(大教大戦で3打数3安打)以前より打撃の調子は良い。とにかくまず塁に出ることが大事。毎打席自分にできるベストの事は何か考えている。明日もそうやって、チャンスで回って来れば1本打ちたいです。また、ランナーがいないときはチャンスを作れるようにして、ピッチャーを楽にする打撃をします」

▼粟井
「(第1試合)昨日僕だけ打っていなかったんで、1打席目から何としても打ちたいという気持ちで臨んだ。3打席目は満塁のチャンスでホームランまでは狙ってなかったが、前にさえ飛ばせば、サヨナラになると思って打席に立った。打ったのは低めのストレートで、まさか入るとは思わなかったが、打球が伸びてくれて良かった。今年はリーグ戦が始まるまで調子が悪く、自分のバッティングができていなかった。第2試合も最後自分が打っていれば逆転できたかもしれないので、これからは常に自分のバッティングをして勝利に貢献したい」

▼髙桒
「第1試合は、点差も付いて『まあいいやろ』と思ったときに、予想外に打たれてしまったという感じ。それでもライズ推しで行って、向こうがあまりそれを得意としてなかったから三振を取れて、そこは良かった。第2試合は、2アウトから失点してしまって。カバーできなかった。最後甘くなってしまった。それでも、松田さん(松田祐汰=17年度卒)から『ピッチング良かった』と言ってもらえて嬉しかった。(明日に向けて)野手陣は必ず点を取ってくれる。ピッチャー陣が打たれず、連打を防いでテンポの良い流れを作って、それを打者にもつなげたい。押せ押せでしっかり勝っていく」