【準硬式野球】上位打線が活躍!2試合連続完封勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西地区大学トーナメント大会1次予選2回戦◇対桃山大◇5月4日◇兵庫医科大鳴尾浜総合グラウンド◇

関 大 100 020 120=6
桃山大 000 000 000=0

(関)北野、増本―庄中
(桃)出水、井阪―山崎

1回戦をコールド勝ちで難なく突破し、迎えた2回戦。リードオフマン・高品吉弘(経2)の全打席出塁、影の立役者・長尾聡大(政策3)の手堅い犠打、チャンスメーカー・村松健太郎(法4)の本塁打、そして強打者・前田航平(環都3)の3打点。上位打線の目覚ましい活躍で、見る者を飽きさせない野球を見せてくれた。6-0で2試合連続の完封勝利を収め、まさに関大の波が到来している。

今日の関大は、立ち上がりのキレがいまいちだった。相手のミスで先制に成功した後の1回裏。先頭打者を三塁手・前田の失策で二塁まで進ませると、先発の北野雅己主将(経4)の暴投や死球、守備陣の重なる失策で、2死満塁に。このピンチを、ピッチャーゴロからの併殺で封じ込め、なんとか無失点で終えた。「全体的に地に足が付いていなかった」と北野主将は苦い表情を浮かべた。


△北野

追加点が欲しい関大だが、相手先発・出水を前になかなか一打が出ない。結局、4回まで計1安打で抑えられ、打線はすっかり沈黙状態だった。

援護が少なく苦しい状況だが、北野を中心に守備陣が徐々にリズムを作っていく。イニングごとに安打を許すものの、それ以上の進塁を許さない鋭いピッチングと手堅い守備で、テンポよくアウトを刻む。1回以降、両者無得点でゲームは進み、1-0のまま4回を終えた。

流れをつかんだのは5回。1番高品がエラーで出塁すると、2番長尾の犠打で進塁。続く3番村松が放った中前適時打で追加点を挙げる。さらに、4番前田が村松を生還させる、逆方向への痛烈な当たりを放ち、この回一挙2点を追加した。


△高品


△長尾


△村松


△前田

勢い止まらぬ7回、この回先頭の村松が2球目を全力で振り抜くと、白球は左翼手を悠々と越えてそのまま柵の外へ。特大の本塁打を放った村松はガッツポーズをしながらグラウンドを駆け抜け、笑顔の1点をプレゼントした。


△村松

関大の波はまだ続く。8回、9番池田透(環都4)が中前打で出塁。安打や四球でコンスタントに出塁を続けていた高品が、四球を選び、5打数5出塁を果たす。2死満塁の絶好機で打順が回ってきたのは、恐怖の強打者・前田。バットに当たった球は内野を抜け、2点を返すタイムリーとなった。


△池田


△前田

7点の大きなリードをもらった北野は安定したピッチングで仲間に応える。自己最高イニングとなる8回をきっちり3人で封じ、マウンドを後にした。「全然完投できたんですけどね」。笑ってそう言った北野主将。投げれば投げるほど冴えるピッチングで、完投への意欲は十分だ。


△北野

そして迎えた最終回。無得点で攻撃を終えた関大の抑えとして登板したのは増本皓介(社4)。ここまで完封の続くチームに応えるピッチングで、順調にアウトを重ねる。最後は増本自身の手で打球を打ち取り、ゲームセット。北野が抑え抜いたスコアに、最後の0を書き加えた。


△増本

パッとしなかった序盤の展開を払拭する活躍で、大差で勝利を収めた関大。全国出場まであと3勝が必要となる。油断できない状況が続くが、関大準硬の気合いは十分。この流れを保ち、確実に勝ちに行く。チーム北野はまだ終わらない。【文/写真:松山奈央】

▼三浦監督
「入り方が悪かった。初回は相手のエラーで1点を取れたが、うちも相手もちぐはぐな野球だった。2回終了後に喝を入れて、その後はクリーンアップが機能して、打線もしり上がりだった。北野も、打たれながらも守り切ってくれた。これで2試合連続完封。リーグでの反省から成長できている。他の投手も後ろでスタンバイしてくれているし、投手力が上がったのを感じる。欲を言えば、もっと点が入ったと思う。もう少し打線をつないでくれれば、もっといい試合になる」

▼北野主将
「序盤は全体的に地に足が付いていなかった。心配な入りで、自分がなんとかしようと思った。初回に1点を取ってくれて、その後もしっかりつないでくれた。上位が出て、進んで、走って、チャンスを作るのは心強い。明日勝てば間が空いてゆっくり休める。この2試合
楽に勝てているが、明日は接戦になるかもしれない。総力戦で、入りもしっかりと、最後まで諦めずいきたい」

▼村松
「ホームランは手応えがあったが、たまたま。風に乗ってくれた。親が見に来てくれたのもある。高品が出てくれて、長尾がつないでくれて、それを前田と自分で返せた。ひとりひとりが自分の役割を果たすことで勝利につながる」

▼前田
「昨日1本打てたが、チャンスで凡退してしまった。今日はチャンスで必ず打とうと思っていた。入りが悪かったから、追加点が欲しかった。スライダーをはって、来たら打とうといった。8回は満塁で回って来て、何が何でもつなげたかった。リーグ戦と違ってピッチャーの情報が分からないから、一打席目でヒットが出にくい。それを次につなげれば、チャンスを作れるし、チャンスで回ってくる。点を取るのが自分の仕事」

▼高品
「クリーンアップが頼りになるから、どんな形であれ自分が塁に出れば点は取れると思っていた。リーグで全然打てなくて迷惑をかけたから、なんとか塁に出たい。今日はやりすぎたので、次の目標は3出塁です(笑)」