【ソフトテニス】初戦を制するも勢い乗れず 1勝2敗で1日目を終える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大3-2関学大
阪本・大橋 4-2
谷口・飯田 4-3
岩木    1-4
石田・森島 4-2
池田・奥村 2-4

【2戦目】関大1-4立命大
阪本・大橋 4-1
谷口・飯田 3-4
岩木    1-4
石田・森島 1-4
池田・奥村 1-4

【3戦目】関大2-3関外大
阪本・大橋 2-4
谷口・飯田 4-3
石田    1-4
林・山本  0-4
池田・奥村 4-1

「勝って乗れると思っていた」(石田康貴主将=経4)。昨秋は初戦を落とし良い出だしを切れなかった関大。その反省から課題としてきた開幕戦は関学大に白星を飾った。しかし、主将の思惑と裏腹に波に乗れずその後に2連敗。1勝2敗で1日目を終えることとなった。

曇り空の中、迎えた関学大との初戦。先陣を切るのは阪本崚(商1)・大橋和生(人1)組の1年生コンビだ。先に2ゲーム先行し、追い付かれる展開になったものの、リーグ戦初出場を感じさせない堂々たるプレーでまず1勝を関大にもたらす。

昨年の1部昇格の原動力となった谷口睦(商2)・飯田脩三(人2)組も苦しみながらも接戦を制し開幕勝利に王手をかけた。シングルスの岩木和也(経4)が敗れ、2-1で石田康貴(経4)・森島丈詞(経3)組に回る。1-2と追いかける展開になったが、徐々にペアワークも合い始め挽回に成功。最後は長いデュースが続くも取り切り第1戦は白星スタートを切った。

2戦目の相手は昨秋のリーグ戦で勝利した立命大。頼れる1年生ペアがまたも関大に1勝をもたらす。

しかし、2番目を任された谷口・飯田組が不覚を取ると流れは相手に。その後も上回生であるシングルスを任された岩木、ダブルスの石田・森島組が暗雲を振り払えない。「4回生が勝たないと勝てないのがリーグ戦」と石田。第5試合の池田侑生(商3)・奥村亮介(安全3)組も結果を残すことができず、1-4でリーグ2戦目は敗れた。

本日、最後の試合であった関外大戦。第1試合は落としたものの、谷口・飯田組が1-3からの逆転劇により勝敗を1対1のタイに戻す。

勝負の分かれ目を左右する場面でオーダー変更によりシングルスに入った石田に出番が回る。最上回生としてなんとかチームにいい風を持っていきたいが相手の短いボールに苦しむなど3ゲーム先行される。得点を許すと石田は手で足を何度も叩き悔しさを露わにした。「気持ちが今日は裏目に出た」と石田。そこから意地を見せなんとか1ゲームを返す。ポイントを取る度に雄叫びを上げ、チームを鼓舞するも反撃はここまで。

相手に王手をかけられた状態で今リーグ戦初出場の林良太(商2)・山本智巳(商3)組を迎えるも雰囲気を変えられずストレート負け。

第5試合も池田・奥村組が踏ん張りを見せ1本を取り返すも2-3でリーグ戦2敗目を喫した。

1日目を終え1勝2敗となり、自力優勝の可能性はなくなった関大。石田主将は「残された2試合を5-0で勝って少しでも良い順位で上がれるようにしたい」と前を向く。あすは関大らしさを発揮して少しでも納得のいく形でリーグ戦を締めくくりたい。【文/写真:三木勇人】

▼石田主将
「最初の試合を取ろうという話をして紙一重の状態で勝って乗れるかなと思っていたけど2試合目から4回生がぽんぽんと負けてしまって、3試合目もまた4回生が負けた。4回生が勝たないと勝てないのがリーグ戦。明日は4回生が中心となって勝ちたい。応援がチームのためにやろうとしている人と役割をはき違えている人がいた。全員が同じ方向に向ける応援を明日は心掛けたい。(コートで感情をむき出しだったが)僕が勝たないとと思う部分と強い後輩が入ってきたので自分が勝ってあげればという気持ちがあって自分が自分がという気持ちが今日は裏目に出たかなと思う。ただ、それは4回生の宿命、その責任を力に変えていきたい。(明日の意気込み)残された2試合を5-0で勝って少しでも良い順位に上がれるようにしたい」