【ソフトボール】反撃の糸口見出せず・・・昨秋に続き神院大戦黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回春季関西学生リーグ戦対神院大◇5月3日◇なみはやグラウンド◇

関 大 010 000 0=1

神院大 300 000 x=3

(関)辰巳―鈴木

(神)奥田―芝

2点ビハインドで迎えた7回表、泉元一喜(社4)が左前打で逆転のランナーとして出塁。その後2死とし、打席に立ったのは中岸健登(経2)。一発出れば同点のチャンスを演出するも、神院大のエース・奥田の速球を最後まで攻略できなかった。豪快なフルスイングも虚しく、空振り三振。課題の“ヤマ場”は想像以上に高くそびえていた。


△中岸

先発は公式戦初登板の辰巳大樹(情1)。「緊張と、不安と、余計なことを考えてしまった」と、先頭打者に中前打を許す。その後遊撃手の失策で無死一、二塁とすると3番芦田に甘く入った5球目を捉えられ、開始早々に先制点を奪われた。


△辰巳

すぐに追いつきたい関大。2回、この回の先頭・髙濱友裕(情2)が四球で出塁すると、6番鈴木隆弘(文2)の左前打で1死一、二塁とチャンスメイク。続く中岸が二ゴロに倒れるも、その間に髙濱が生還。まずは1点を返した。しかしその後がつながらない。「ここで打てなかったのは痛かった。1点差と2点差は全然違う」(
黒田圭人主将=文4)と、黒田が三振に打ち取られ、あっけなく反撃を止められる。


△鈴木

「投げてるうちに自分の得意球が投げれるようになってきた」(辰巳)。緊張がほどけ、2回、3回とテンポの良いピッチングで無安打に抑える。4回にはオーバーレフトスリーベース、四球で2死一、三塁のピンチを背負うも、9番谷本を空振り三振に切って取り、追加点を許さない。

しかし、ルーキーの力投に答えられない打撃陣がいた。3回以降は完膚なきまでに抑えられ、一塁ベースすら踏ませてもらえない。6回に2番井上貴裕(経4)が遊撃手の失策で出塁するも、続く打者・樫原悠平(商3)が離塁アウトを取られ、あえなく逆転への望みを打ち消された。

「ピッチャーは良かった。打者が打ちきれなかった」(黒田)。公式戦初登板ながらも好投を見せた辰巳に対し、2安打無得点の沈黙打線にはキャプテンも落胆の色を隠さずにはいられない。それでも、「残りの試合、やることやって喜べる勝利を」。まだリーグ優勝の可能性は十分にある。一戦一戦手堅く勝利を引き寄せるのみだ。【文:高木満里絵/写真:水上壮平】

▼黒田主将
「(神院大戦について)チャンスは2回だったけどそこで主将の自分が打てなかったのが大きかった。1点差と2点差では全然違う。ピッチャーは良かった。アウトコース、インコース、チェンジアップ、うまく使えていた。打者が打ちきれなかった。指示不足。チーム状況は悪くないし、『完全優勝で全勝したろう』と言っていたのでやはり悔しい。(ヤマ場でルーキーの辰巳を起用したこと)神院大は左バッターに良いのが多い。髙桒は入ってくるボールが多いし、大久保は縦方向の変化が主。辰巳が変化球も多いし、練習でも良かったので抑えられるかなと。(自身のけがの状態は)4月の14日くらいに復帰して、まだ腫れもあるし全然ベストな状態ではないが、自分が出ないと、という状況なので(出ている)。(明日からまた試合が続くが)一戦一戦全員で戦うしかない。やることやって、楽しく、喜べる勝利を。明日は絶対勝ちます!」

▼髙桒
「開幕投手を務めるというのは、前から聞いていて知っていた。今のチーム状況を考えると全勝は厳しいと思ったので、初戦をまず取らないとと思ってマウンドに上がった。課題だった立ち上がりがよくて、オフシーズンに習得した、スライダーと、ドロップが低めに決まったのも良かった。4回に味方が大量得点をとってくれたのでそこからは楽に投げれた。点は打線が取ってくれるので、ゼロに押さえるのが投手陣の役目。明日から3試合、油断せずに、立ち上がりを意識して投げる」

▼中岸
「打った瞬間(ホームランと分かる)の当たりだった。打ったのは初球のストレート。練習試合でも当たっていて、相手投手との相性も良かった。押せ押せだったので初球から思い切って振っていこうと思った。次の打席は、2、3塁のチャンスだったのでしっかり振っていこうと意識していた。良い感じでフェアになったので良かった。明日からもチャンスで1本打ってチームに貢献したい。今日1敗してるが、まだまだリーグ優勝の可能性は残っている。全員でそこを目指してが頑張る」

▼辰巳
「今日は『投げるかもしれないから用意しといて』とは言われていた。あまり重く考えずに、いい意味で公式戦と思わずにリラックして臨んだ。それでも、いつも通りやろうとは思っていたが緊張していたのもあったし、試合前の調整でも、いつも通りじゃないな、と思っていたところはあって、そのまま試合に臨んでしまったので初回ああいう形で点を奪われてしまった。不安とか、自分の100㌫の力で投げるのをなんとなくびびってしまったというか。打たれないようにしようとか、四球を出さないとか、余計なことを考えすぎた。大学は、一人一人が脅威がある感じがする。全部集中して神経を集中させないと、甘い気持ちで投げると打たれる。これからはそういうなんとなくの気持ちはなくす。『いける』という気を試合前のピッチングからしていきたい」