【ソフトテニス】薮内・古田組3戦全勝! トップで2日目へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇
【1戦目】関大3―0関学大
西岡・中別府 4―3
田中     4―0
薮内・古田  4―0
【2戦目】関大2―1天理大
西岡・中崎  1―4
田中     4―0
薮内・古田  4―2
【3戦目】関大2―1立命大
西岡・中崎 2―4
田中    4―1
薮内・古田 4―1

不調のキャプテンを救った。西岡真里華(文4)主将が苦しむ中、薮内祥子(人3)・古田麻友(人2)組が3戦3勝と気を吐いた。2・3戦目と1勝1敗のプレッシャーのかかる場面で回ってきたが、「緊張しなかった」と薮内。リーグ前合宿の数日前から結成した急造ペアながらも勝ち切った。「いつもより良かった」と古田も手ごたえあり。第1日唯一の全勝で終えた。

リーグ初戦の相手は関学大だった。西岡・中別府瑞希(安全1)組は開始2ゲームを失い波に乗れない。それでも尻上がりに調子を上げ、中別府のボレーがはまりだす。第6ゲームはもつれ込むも11-9でものにしてファイナルへ。このもぎ取った1ゲームが大きかった。ファイナルでは先手を取りなんとか逃げ切る。シングルスの田中純(人4)は得意のストローク戦で圧倒する。ストレートで勝負を決め、4ゲームで失ったスコアはわずかに6と完ぺきな内容でチームの勝利を決めた。

2戦目は昨年の全日本インカレで敗れた天理大。西岡はペアを中﨑萌(文3)に変えるが、浅い球を叩かれる苦しい展開が続か敗北。田中は第1ゲーム、自分のテニスを貫いたことが功を奏す。粘られるも12-10でこのゲームを先取する。その後は相手を寄せ付けなかった。勝った方が勝利という場面で薮内・古田組がコートへ。互いに取り合い、第6ゲーム。薮内がボールに食らいつき、ポイントを挙げるとガッツポーズ。これに古田もスマッシュで応える。デュースの末この試合に勝ち切った。

「調子があまり良くなかった」(西岡)。この日の主将は苦しんだ。最後の立命大を相手にも3ゲーム連取されたことが響き、黒星。続く田中はフォアハンドと時折見せるドロップを軸に相手を手玉に取り、難なく勝利を決める。勝負は3組目の薮内・古田組へ。ここでも勝負強さを見せつけた。薮内の強烈なフォアで主導権を握り白星。「今日は二人とも良かったと思う」(薮内)と文句なしの内容だった。

試合後に西岡は「気持ちを切り替えて向かっていきたい」と唇をかんだ。チームとしては上向きだけに人一倍悔しさが残る結果だった。しかし、チームは全勝。明日の神松蔭大戦に勝てば優勝が決まる。「応援も一丸となってできていた。気持ちを切り替えて向かっていきたい」と前を見据える。昨年春以来の頂点はすぐそこに見えている。【文/写真:松浦智】

▼西岡
「調子があまり良くなかった。リーグ前の合宿では良かったのに、1番上の学年になったからなのかどこかで考えすぎている部分があったのかもしれない。チームとしては練習よりもいいプレーをしている選手もいたし、応援も一丸となってできていた。今までの中で1番良かったと思う。しっかり気持ちを切り替えて明日の試合に向かっていきたい」

▼薮内
「プレッシャーはあまり感じなかった。去年は緊張したが、今年はしなかった。去年は岡田さん(岡田菜帆=17年度卒)と組んでいて引っ張ってもらってたが、今年は後輩と組んでいるので引っ張っていかないといけない。今の4年の人と絶対に王座行きたい。そういうのもあって緊張しなかったのかも。ペアを組んだのは最近。2人で負けないためにはどうしたらいいか話し合ってきた。今日は2人とも良かったと思う。(明日について)絶対勝つ」

▼田中
「調子は普通。でも、いい感じだった。最上回ということもあったのか、いつもより緊張した。4年生みんなで最後のリーグ戦前に話し合った。西岡とは2人で2つ勝とうと。でも、西岡が負けてしまいプレッシャーもあったかもしれない。でも、応援の力もあり楽しんでできた。内容としては良かった。優勝は自分たち次第。今日神松蔭大が負けているので、勝てば優勝が決まる。絶対に勝って王座に行きたい」

▼古田
「いつもより良かった。3番手は高校からもやっているので、得意な方だと思う。リーグ前の合宿では調子が良くなかった。でも、試合になったからか急に調子が良くなっていった。どうしてというのはあまりないけど、ペアリング的に祥子さん(薮内)と組んだ方が合うかもという話になり、最近組み始めた。ポイント間では、どこに狙うかなど戦術的な事を話している。(明日について)最後まで楽しんでテニスをしていきたい」