【ソフトボール】髙桒ノーヒットノーランで開幕白星発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回春季関西学生リーグ戦対京産大◇5月3日◇なみはやグラウンド◇

関 大 010 53=9

京産大 000 00=0

(関)髙桒―鈴木

(京)阿部、山根―小谷

“強打の関大、ここにあり“を見せつけた。打っては、破壊力抜群の打線で相手を圧倒。投げては、髙桒公岐(シス理4)がコールドのため参考記録も、ノーヒットノーランを達成。圧巻の強さで開幕戦を白星で飾った。

初回を両者無得点で終え、迎えた2回。この回の先頭打者・髙濱友裕(情2)がチーム初安打を放つと、6番鈴木隆弘(文2)がセンター前に打球を飛ばし、先制に成功する。


△髙濱


△鈴木

4回には、持ち前の強力打線が爆発。先頭の井上貴裕(経4)が遊撃手の横を抜ける強い当たりで出塁すると、髙濱がサードに強烈な当たりを放つ。三塁手がそれを弾く間に、井上は三塁へ。さらに泉元一喜(社4)、鈴木が相手投手・阿部に連打を浴びせると、迎えたバッターは7番中岸健登(経2)。「打った瞬間分かる当たりだった」(中岸)。初球のストレートを捉えると、高く上がった打球は大きな弧を描き、中堅手の頭上を超えて柵の外へ。ベンチからはおなじみのポーズと歓声が上がり、満面の笑みで走者が帰還した。その後、尾崎智康(安全2)、黒田圭人主将(文4)が連続安打で出塁するが、得点には至らず。それでも打者一巡の猛攻でこの回一挙5点を追加する。


△中岸


△黒田

勢いは止まらない。5回、先頭の井上が内野安打で出塁。さらに3番樫原悠平(商3)、この日3安打目の4番高濱が3連打を浴びせると、4回にホームランを放った中岸がレフト前に打球を運び、さらに3点を追加。尾崎が右飛に倒れるも、9—0と点差を大きく広げた。


△井上

開幕投手を務めたのは髙桒公岐(シス理4)。「オフシーズンに習得したスライダーとドロップが低めに決まったのも良かった」と、序盤から持ち球が冴える。初回を3人で斬ると、抜群のコントロールでテンポよく三振を奪っていく。途中、レフトへの大きな当たりでヒヤリとする場面もあったものの、左翼手・泉元の好捕に助けられ、相手に塁を踏ませない。


△髙桒

それ以降、3回に9番若林に四球を許すも、最終回まで一人の走者も出さない完璧なピッチングを披露。コールドにより正式記録にはならないものの、ノーヒットノーランを達成した。

最後は強めのライナーを二塁手・尾崎がしっかりと捕球し、試合終了。投打がかみ合った最高の形で開幕戦を白星で飾った。

4年生にとっては最後のリーグ戦となる春季リーグ戦。次に挑むのは昨秋も苦い敗戦を喫した神院大だ。「完全優勝しようと言ってきた」(黒田)。幾度となく言い聞かせてきた“ヤマ場”を制することは、選手たちの暗黙の絶対条件でもある。4季ぶりのリーグ制覇へ。勢いそのままに勝利をつかみとる。【文:高木満里絵/写真:水上壮平】

※ダブルヘッダーのため、コメントは次の記事に掲載しております。