【バドミントン】開幕3連勝! 1部復帰へ視界良好

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦大会対滋賀短大◇4月30日◇関西大学中央体育館◇
関大 4-1 滋賀短大
S1 竹岡 2(21-8、21-18)0
S2 米田 2(21-13、21-11)0
D1 五味・森脇 1(21-15、8-21、18-21)2
D2 中野・山田 2(21-15,21-11)0
S3 森脇 2(21-15、21-11)0

相手を寄せ付けなかった。1次リーグを全勝で終え、2次リーグ初戦相手は滋賀短大。結果は4勝1敗と実力を見せつけた。「雰囲気も良くできた」と山田千晴(商4)主将。開幕から3連勝と1部復帰へ向け視界は良好だ。

まずコートに入ったのは、竹岡瑞希(人4)だ。開始からスマッシュと時折見せるヘアピンで相手を手玉に取る。「少し油断してしまった」と第2ゲームでは、スコアが均衡した場面も見られたが、最後は地力で上回った。難なく勝利を決める。

S2には米田愛弥(政策2)。序盤は相手の前に落とすショットに苦しみ波に乗れない。スコアをジリジリ離される。しかし、第1ゲームのインターバル後に立て直すと主導権は米田。鋭いショットで相手を寄せ付けなかった。終わってみればストレートの快勝だった。

続くD1には、五味祥子(社2)・森脇瑠莉(政策1)がコートへ。第1セットを奪うが、その後は相手リードでスコアが進む苦しい展開。2人の真ん中にシャトルを落とされ連係ミスも見られた。8-21で第2ゲームを奪われると、最終ゲームも流れを戻せなかった。

D2は山田・中野愛梨(人4)組が出場。緩急をつけ相手を揺さぶり、要所では前に詰めポイントを連取。大差をつけ第1ゲームをものにした。続く第2ゲームもものにした山田・中野組。「シングルスの負担を減らすことができた」と第3シングルスを前に関大の勝利を決める。

最後には1年生の森脇が本日2試合目へ。相手を前後に動かし、着実にチャンスで得点を奪う。終始リードを保ち快調に自分のプレーを続けた。第2ゲームには10点以上相手を離しストレート勝ち。余裕を持って勝負を決めた。

開幕3連勝を決めたが「挑戦者らしくガンガン行きたい」(山田)と決して気は緩めていない。残り2戦、全力で戦い抜き1部昇格への切符を手にする。【文/写真:松浦智】

▼山田主将
「勝てたので良かった。1部昇格を目標にやっている。3連戦の最後だったが雰囲気も良くできた。個人としては白星を挙げて役割を果たすことを考えた。自分はガツガツ自分から打っていくスタイル。先輩が抜けた穴を埋められたかと言われたらまだ埋めきれていないと思う。後輩にも負担をかけていると思う。新チームになったので挑戦者らしくもっとガンガン行きたい」

▼竹岡
「上手くは行っている。1部に行けるようにやっていきたい。不安も持っていると、プレーに出てしまう。なので自信を持って1部に昇格しようと思っている。(今日は)どちらかというと負けてはいけない相手。少し油断してしまい、第2ゲームで追いつかれてしまった。私はS1なのでチームに勢いをつけるのも役割。安定したゲームを残り2試合やっていきたい。(警戒している相手は?)甲南大。強いシングルスがいるし、ダブルスも安定している。チームでしっかり目標を持ってコートの中でも外でも頑張っていきたい」

▼中野
「最後のシングルスの森脇の負担減らすためにも勝てて良かった。2部の中で私達ができることをやっていきたい。調子は良かった。(警戒している相手は?)甲南大。去年の秋2部2位で自分たちと拮抗していると思う。1・2回が試合に出ているので、自信をつけさせるようにしていきたい。出た試合は勝てるように頑張っていきたい」