【空手道】新生空手道部の初陣 中島と玉置がベスト8!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第52回関西学生空手道個人選手権大会◇4月29日◇兵庫県立総合体育館◇

[男子組手競技−60kg級]
三代直輝(経4) 3回戦敗退
中島郷(人2)  ベスト8

[男子組手競技−67kg級]
小部拳斗(人1)3回戦敗退
沼生僚太(経3)2回戦敗退
濱田凌(商4)3回戦敗退

[男子組手競技−75kg級]
谷口玄(人4)  3回戦敗退

[女子組手競技−50kg級]
山口梨乃(社2)  2回戦敗退
望月彩寿美(社2) 2回戦敗退

[女子組手競技−55kg級]
山口梨乃(社2)  2回戦敗退
山口紗也子(人4) 2回戦敗退

[女子組手競技−61kg級]
玉置薫(法3)  ベスト8
工藤晴香(情2)1回戦敗退

[男子形競技]
西島幸一郎(経4) 20.4 [クルルンファ] 予選敗退
赤木大翔(文2) 21.0 [エンピ]予選敗退

[女子形競技]
谷口侑心(文2)[クルルンファ] 21.1 予選敗退
口田真梨佳(人2)[二ーパイポ] 21.6 予選敗退

新生空手道部の初陣となる今大会。男子は中島が、女子は玉置がそれぞれベスト8に残るなど奮闘を見せた。

男子-60kg級に出場した中島は、1回戦から持ち前の素早い攻撃で相手を圧倒。上段蹴りやカウンターが冴え、準々決勝に進出する。準々決勝では、近大の鴨川と対戦。序盤に中段突きを決められ失点。残り1分で1つ取り返すが、2点ビハインドで試合終盤へ。残り20秒で上段蹴りを狙いにいくが、惜しくもガードされ試合終了のブザーが鳴った。同じ階級に出場した三代は突きを中心にポイントを重ね初戦を突破するが、3回戦では2点のビハインドを最後まで取り返すことができず破れた。


△中島

△三代
男子-67kgに出場した濱田は初戦から相手を圧倒。コールド勝ちを収めた。しかし、続く近大の中野とは、判定までもつれ込む熱戦を見せるが惜しくも敗戦となった。沼生も強豪校選手を相手に果敢に攻めるも敗戦。また、同じ階級に出場した1年生の小部は、初戦は先取点を取られながらも逆転勝ちを収める。続く2回戦も突破するも、3回戦で終盤に失点し惜しくもベスト8進出とはならなかった。


△濱田

△沼生

△小部
-75kg級には、主将の谷口玄が出場。初戦の天理大・薗崎戦では、序盤に突きで2ポイントのリードを奪うが、残り1分で投げられ1本を取られ逆転を喫する。しかし、「練習していた蹴りが自然に出た」(谷口玄)。相手の隙を突き上段蹴りを決め、再逆転。そのままリードを保ち勝利した。しかし、続く近大の川島戦では、相手の素早い突きに対応できず、準々決勝進出はかなわなかった。


△谷口玄
女子の-61kg級には女子主将の玉置と工藤が出場。玉置は序盤から攻め、先取点を奪う。終盤に失点するも、先取点を取っていたため規定により勝利。準々決勝進出を決めた。続く試合では、近大の日下部と対戦。両者均衡状態が続いたが、試合終了直前に失点。「勝てる試合で負けてしまった」(玉置)と、唇をかんだ。工藤は初戦で強豪校の選手と対戦。臆せず果敢に攻めるも白星はあげられなかった。


△玉置
-50kg級には、2年生コンビの山口梨と望月が出場。両者とも積極的に攻め、初戦を突破するも、2回戦で相手の攻撃に対応できず、敗れてしまった。-55kg級には、4年生の山口紗が出場。初戦は素早い突きが随所に決まり、勝利。しかし、次戦の同大・住友戦では、相手の攻撃に押されてしまい2回戦敗退となった。


△山口梨

△望月

△山口紗
午後から行われた形には、男子は西島と赤木が出場。西島は、クルルンファを選択し迫力のある気合の形を見せた。赤木は、松濤館流の代表形であるエンピを披露。ダイナミックな形で高得点をマークするも、惜しくも決勝トーナメントに進めなかった。女子は、谷口侑と去年の全日本団体インカレの団体形メンバーの口田が出場。谷口侑はキレのあるクルルンファを、口田は団体形でも披露したニーパイポを選択。両者とも、21点台の高得点を出したが、決勝トーナメント進出とはならなかった。


△赤木

△西島

△谷口侑

△口田
「今日は全体的によく戦っていたと思う。次の大会では、強豪校を倒せるように練習に励みたい」(谷口玄主将)。「形も組手も関係なくみんなでチームを盛り上げて1勝でも多くしたい」(玉置)。5月に行われる西日本インカレでは強豪喰いを狙う。【文:永津星斗/写真:多田知生】

▼谷口男子主将
「この大会で準優勝以上したら、全日本の個人の枠が得られるので、そこを狙っていたのですが勝ち切ることはできなったことは悔しい。だけど、自分たちの練習してきた成果が少しずつ出てきたのかなと思う。ベスト8に入った中島は、アグレッシブに攻めてたと思う。練習メニューを大幅に変えて、自分たちで考えるという形式をとっていたのが今回活きたのかなと思う。全体的に見ても蹴り技というのを重心においてたので、そこは自分を含めて成果として出たので良かった。(練習は、)単純に反復練習を増やして、突きや蹴りのキレや強さを意識して全体的に底上げするようにしている。そうすることで、強いとこと当たっても負けない攻撃ができるようにした。(自分の試合は、)終盤に投げられて一本取られて、劣勢に立たされたんですけど、その練習してきた蹴りが自然に出てくれて、勝つことが出来て良かった。(5月の西日本インカレについて)すごい強い1年が入ってきたので、練習環境が活気があってすごい良い環境でやっていけている。もちろん目標は優勝だけど、絶対的な強豪校がいるというのが現実なので、まずはそこを喰っていけるように練習に励みたいです」

▼玉置
「2試合しかしてないけど、初戦は最初取って落ち着いたらいいのに変なところで焦ってしまって、相手に1点返されて危ない状況だった。もっと落ち着いた方がよかった。2試合目は相手にプレッシャー掛けたりとか自分のいい面が出た。結果は負けだったし課題もあるけど練習の成果は出たかなと思う。あそこ(準々決勝)で負けるというのは考えていなかった。もっと上にいきたかった。勝てる試合で負けてしまったというのが自分で一番悔しいところ。そこを取り切れるように。まずは自分が勝手チームを盛り上げていけるように頑張っていきたいチーム全体でみると勝負強さとか気迫とか勝気が他校に比べて全くなかった。そういう面を5月の団体戦までに少しでもみんなが気持ちを引き出せるように声掛けとか練習の工夫をしていきたい。(今日よかったのは)同じ4回生の山口紗也子。負けた試合だったけど、前半は持ち味の技の決めとか冷静に戦えていたのでそこは私も見習いたい。形は男子しか見れなかったけど、結果的には惜しい子もいたので、形も組手も関係なくみんなでチームを盛り上げて1勝でも多くしたい。そのためにみんなで練習をしたい。協調性はあるけど一人一人の気持ちの弱さだったりがあるので、その一人一人に自信をつけられるように、同期の山口紗と一緒になって後輩を引っ張って行けるようにしていきたい」