【バドミントン】大体大撃破で二次リーグ1勝目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦大会対大体大◇4月30日◇関西大学中央体育館◇

関大 3-2 大体大

S1 中嶋 2(21-10、22-20)0
S2 中村 1(21-14、14-21、16-21)2
D1 中嶋・田中 2(19-21、21-18、21-14)1
D2 中村・池田 1(18-21、21-18、22-24)2
S3 池田 2(21-14、21-13)0

1部昇格を目指す関大は現在2部リーグ2連勝。今日から2次上位リーグでの戦いが始まる。今節は昨年の春、秋リーグでも敗れた因縁の相手大体大と相まみえた。

まずコートに入ったのはエースの中嶋遼(人3)。「とりあえず2本取ろう」。今リーグでは初めてシングルスの起用に応えるかのようにあっという間に第1ゲームを先取する。第2ゲームは20―20に突入するも、長引くことなく勝負強さを発揮。22―20でケリをつけ1勝目をもたらす。

第2試合の中村勇毅(政策3)もその勢いのままに第1ゲームを先取。ストレートで勝負を決めたかったがそこから相手選手の反撃を食い止めることが出来ず。1-1でダブルスにバトンを渡した。

先に一歩リードしたい状況で田中大祐(安全3)・中嶋組が登場した。第1ゲームを落とし、17-18で迎えた第2ゲーム。そこから中嶋の豪快なスマッシュが3本連続で決まり、逆転に成功した。最後はサービスエースでゲームカウントを1-1とすると、最終ゲームも2人の息の合ったプレーを見せ2勝目をもぎ取った。

勝利まであと一つとし、チームの雰囲気も盛り上がりを見せる中、中村・池田圭吾(人1)組が試合に入る。一進一退の攻防を繰り広げ、息を呑む試合を展開。1点、1点に視線が集まり、フルゲームまでもつれ込む。ポイントを奪う度に大声を出し気迫の込もったプレーを見せるも最後の最後で取り切れず、22―24で相手に軍配が上がる。

2-2となり勝負の命運はルーキー・池田に託された。連戦となり、体力的にはきつい中、声を振り絞る応援の力もあり、それをものともしない試合運びを見せた。スマッシュを打つだけでなく、要所でドロップを放つなど緩急を自在にあやつる。勝負勘も冴え、ストレート勝利を収めて見事関大の上位リーグ1勝目に導いた。

上位リーグ最初の試合を接戦の末、ものにした関大。奥本祐介主将(環都4)は「よくやってくれた」と選手をねぎらった。1部昇格の挑戦権を得る入れ替え戦に回るには最低でもあと1勝が必要。それでも奥本は「1部の7位と8位では全然違うのでしっかり1位で通過したい」と連勝しての入れ替え戦を見据える。今日の勝利の流れのまま、まずはあと2戦を白星で飾りたい。【文:三木勇人/写真:三木勇人・松浦智】

▼奥本主将
「よくやってくれた。シングルス1とダブルス1の中嶋がいつも見せないようなプレーをしてくれてあいつがエースなんであいつが2本取ってくれたし、最後1回生の池田が2―2でしんどい状態だったけど取ってくれて良かったです。前の大会負けていて1―4で悔しい感じで負けたんでそれを晴らして良かった。(勝因は)流れですね。ダブルスで田中がいいかんじでやってくれたんで、そこから2個目のダブルスもその流れでしんどい池田も最後流れつかんでやってくれて良かった。(あと2戦への意気込み)あと1勝しなくては入れ替えにはいけない。1部の7位と8位では全然違うのでしっかり1位で通過したい。試合ではいつも以上のことをしてくれる選手が多いのでしっかり周りが流れを作ってあげて選手がいつも以上の力を出せるようにしてあげたい」

▼中嶋
「チーム全員で応援も含めて勝てた。最後、1回生もいい試合してくれて、全員いい試合だったんですけどしっかりいい試合をしてくれて良かったです。うれしいし、オーダーもむこうがどうくるか分からなくて昨日とおとといと全然違うオーダーでいった。勝ち切れてよかったです。(意識したことは)とりあえず2本取ろうと思ってコートに入りました。(あと2戦への意気込み)大型ルーキーがいるんで、大型ルーキーと学年関係なく全員で勝っていきたいです」