【野球】昨春王者近大に先勝!肥後が完投でリーグ戦初勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦第4節対近大1回戦◇4月28日◇南港中央野球場◇
関 大 000 102 000=3
近 大 010 000 000=1
(関)肥後―高橋佑
(近)小寺、宮崎洸、坂口、松井―川上

「自分たちの一番やりたい野球ができた」(高橋佑八主将=経4)。目標である「1試合4得点以上」達成とはいかなかったものの要所で得点に成功した。また、肥後皓介(人3)が幾度も得点圏に走者を背負ったがしっかりと切り抜け完投でリーグ初勝利となった。

先発の肥後は初回を3人で斬る上々の立ち上がり。しかし、2回。簡単2死までこぎつけるが、谷川に内野安打を許すと、続く打者に四球を与えてしまい一気にピンチを背負う。2節連続で勝ち点を落としているだけに先制点を許したくなかったが、8番川上に打球をセンター前へと運ばれ、点を先に点を奪われてしまう。その後、3回にもピンチを背負ったが、相手走者が3塁を回ったところで転倒し、タッチアウト。ラッキーな形で失点を免れた。

打線の反撃は1点をリードされ迎えた4回表だった。この回先頭の古川陸(商4)。「ホームランを狙っていた」。近大先発小寺の内角低めのスライダーをとらえ、レフトスタンドに突き刺した。

チームが同点に追いつき、勢いづいた肥後は調子を上げ、4回、5回と三者凡退に抑える。

勝ち越し点が欲しい中、迎えた6回。無死から2番太田健裕(文4)が四球で出塁すると、前の打席で本塁打を放った古川がカウント1-2からの4球目を左中間と運んだ。太田が俊足を活かし、1塁から一気にホームに生還。クリーンアップとしての役割をしっかりと果たす。4番倉川竜之介(文3)が空振り三振に倒れるがなおもチャンスは続く。バッターは、西田友紀(商4)。「僕が返すだけかなという気持ちだった」。小寺の変化球をレフトへはじき返し、追加点を奪った。

その後、肥後は8、9回にも再びピンチを迎えるも、「ここで粘らな成長できひんぞ」という主将の言葉に奮起。何とか踏ん張り、完投で大学でのリーグ戦、初勝利を挙げた。

春季リーグ戦で初めて先勝した関大。高橋佑は「自分たちのやりたい野球が一番できた試合だった」と手応えを口にした。この勢いを背に、反撃を開始する。
【文:奥井健太/写真:多田知生、中西愛】

▼早瀬監督
「肥後はオープン戦では悪くなくて期待できる状態だった。今日は最後まで行かせるつもりで完投してくれたらと思っていた。高さだけを決めて投げて行けといった。低い球で。変化球を高めに集めるのではいけない。元々最後まで行く予定だった。詰めが甘いところがあるのでそこは課題。キレが良くなってきてストレートに力もある。阪本(大樹=17年度卒)みたいにコントロールはないが経験を積めばよくなると思う。真っすぐもキレてきている。いい高さに集まってくれればというところ。今は必死で投げてくれているだけみたいなところがある。3番の古川が役割を果たしてくれたのは良かったがつながりがもう一つだった。終わってみれば関大らしいのかなと。今日の勝利は大きい。悪い流れを断ち切るには。1、2番が出てくれないと得点にはつながりづらい。倉川があまり内容が良くない。明日は期待したい。倉川は辛抱強く使っていきたい。最後1本出たのは良かった。競ったゲームはできているけどかみ合っていない。少ないチャンスをものにして粘り強く守れたら。うちはそういうのを目指しているので。そういう風にやらないといけない」

▼高橋佑
「自分たちのやりたい野球に一番近いことができた。肥後が粘ってくれて、西田、古川がワンチャンスをものにしてくれた。(肥後の投球に関して)真っすぐが走っていたので内を使ったリードをしたらはまった。1失点に抑えてくれた。同大、立命大戦でピンチで打たれるのが肥後だった。ピンチの場面で監督から「粘れ」と言われていて自分も「ここで粘らな成長できへんぞ」と言った。肥後がピンチで抑えたことはやはり大きい。古川も2本出て、ホームランで勢いがついた。打線はまだ、点なので線にならないといけない。後のリーグ戦は守備次第になってくると思う。春は優勝なくなったけど、秋につながるような戦いをしていきたい。身体を休めていい状態で明日に臨みたい。」

▼古川
「1番リーグ戦でらしい野球ができたと思う。(2打席目は)インコース低めのスライダー。来た球を打とうと思っていて、ホームランを狙っていた。流れが悪い部分もあった。打球は打った瞬間行ったと思った。今日はどうしても勝ちたかった。打てたのは気持ち良かった。(3打席目は)インコースのストレート。何も待っていなかった。ノーアウト一塁で、最低でもランナーを進めようと思って打席に入った。2.3打席目は余裕持って入れたけど、追い込まれてからのバッティングは修正しないといけない部分がある。力んでしまっている。(バッティングの調子は)よくはないですけど修正を加えていい感じにはなってきている。いい時の動画を見たりしていつも練習をしている。(課題は)守備の面で隙を見せてしまったところは反省。チャンスでもう少しつながればとも思う。全員でつないでいきたい。失うものはないので秋につながるように残りのリーグ戦勝っていくだけ。(小寺投手に対して対策は)ビデオを見てイメージはしていた。昨日の晩から小寺のスライダーを打ってやるとイメージしていた。インコースに上手く反応できた。調子いい時はインコースを捌けるので、むらを無くしていけたらと思う」

▼西田
「打ったのはストレート。1打席目は三振で低めのボールだった。ストレートを2打席目から狙っていこうと思っていて、0-2になって、打っていいと言われていたのでストレートを待っていた。皇子山(前節・対立命大戦)の時は準備が足りていなかったので、できるだけ準備するようにした。(打席に入った時は)古川がすごく打っていて、倉川が今日全然だめだったので僕が返すだけかなという気持ちだった。狙い球をうまく変えられた。2打席目はストレート、3打席目はツーシームかスライダーかちょっと落ちる系の変化球。(次戦への意気込みは)ピッチャーが経験がないピッチャーばっかりなので野手の4回生、古川や高橋と援護していきたい。(先発の肥後の出来は)いつも通りじゃないかな」

▼肥後
「勝ち点2つ落として悔しい思いをしていたのでどうしても勝ちたいなと思っていた。1人ずつアウト1個を丁寧にとることを最初から心がけていた。スライダーがよかった。(チーム内で)失うものはない、あとは攻めるだけっていう声かけがあった。同大戦で最後まで投げられずに負けて、(今日は)最後まで投げたいなと思っていて、(9回に)先頭バッターを取れたのでちょっと落ち着いた。昨日、「明日行くぞ」って言われて自分から「完封目指します」って言った。(自分からそういったことを言った経験は?)ないです。やっぱり負けてから、勝ちたいな、勝った方がみんなで喜べるし応援してくださる人への恩返しにもなるかなと思っていた。真っすぐが力んで抜けてしまうことが多かったので、指にかかるボールを意識して1週間修正してきた。(どういうアプローチで?)山口(高志=アドバイザリースタッフ)さんに3、4日前にアドバイスをもらった。今までもらったアドバイスで一番心に残っているのは「心は熱く、頭は冷静に」。高校ではあったけど大学では初勝利。長かった(笑)。「自分で」っていう意識はあんまりなくて山本(隆広=人4)さんにLINEでも口でも「頼むぞ」と声をかけてもらった。(1戦目を任されて)負けて、去年までの阪本さんのすごさが分かった。同志社のときに完投できなかったけど今日完投できてほっとしている。この完投勝ちがチームとして大きいものだといい。山本さんがベンチで声をかけてくれるだけでリラックスできる。「思い切っていけよ」とそれだけ。次はやっぱり「0」で完封で勝ちたい」