【野球】近大戦2連勝で、待望の今季初勝ち点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦第4節対近大2回戦◇4月29日◇南港中央野球場◇

近大 110 101 000=4
関大 020 110 02x=6

(近)宮崎洸、伊波、小寺―川上
(関)濵田駿、森翔、高野―高橋佑

同点で迎えた8回裏。先頭の古川陸(商4)が、勝ち越しのランナーとして中前打で出塁。その後1死とするも、打席に立った5番西田友紀(商4)は真ん中に来た甘い球を見逃さなかった。「狙っていた」初球を際どいコースで見送り、カウント2−2からの6球目。柵越えとはならずも、中堅手の頭上を超えた値千金の一発は、誰もが望んでいた勝ち越し打。「とにかくバットには当てようと」(西田)。待ち望んだ今季初勝ち点に、関大野球部のここ一番の笑顔が光った。


△古川


△西田

先制は近大。さらに2回には、三塁手・松島恒陽(人3)の暴投などでランナーを三塁まで進められると、9番宮崎洸にうまくスクイズをはめられ、追加点を許す。

流れを持って行かれまいと関大も食らいつく。2回裏に8番高橋佑八主将(経4)の今季2号本塁打で同点に追い付くも、再び勝ち越しを許した4回。3連打を浴び、1死満塁のピンチを背負った森翔平(商3)に代わってマウンドに上がったのは、立命大戦でも好投を見せた高野脩汰(商2)。これ以上の失点は許されない絶体絶命の場面だったが、「思い切りが良い」と早瀬監督の言葉通り、堂々としたピッチングを披露する。2者連続見逃し三振に切って取り、真っ向勝負で相手打者をねじ伏せた。


△高橋


△高野

それに応えるように打撃陣も奮起する。その裏、この回の先頭打者・野口智哉(人1)が中前打で出塁すると、8番高橋が近大の先発・宮崎にこの日2発目となる同点打を見舞った。自身は三塁で刺殺されるも、野口をホームに返す渾身の一打に笑顔がこぼれた。


△野口


△高橋

続く5回には、2番太田健裕(文4)の今季初本塁打でついに勝ち越しに成功。右翼ポールすれすれに飛び込んだ打球を確認すると、高く拳を突き上げダイヤモンドを一周した。


△太田

しかし昨春の王者に一筋縄では行かない。6回、二塁手・多田桐吾(人4)の好プレーで二塁走者を刺殺するも、「まだまだ発展途上」(早瀬監督)と、高野が四球、暴投で2死二、三塁のピンチを背負う。続く3番竹村に左翼線適時打を放たれ、またしても同点に追いつかれた。

それでも、取って取られての壮絶なシーソーゲームはここで終止符を打たれた。7回、8回と、高野が1安打も許さない安定した制球でテンポ良く投げ込んでいく。8回裏に大きな援護をもらった安心は大きかったか、最後は4人で相手の攻撃を完璧に封じた。中堅手・太田が飛球を捕球したのを確認すると関大ベンチからは大きな歓声と笑顔が爆発。「今日はすごく良かった」と、キャプテンも初勝利を飾った高野をねぎらった。

「全員の力で取れた勝ち点」(高橋佑)。昨秋、リーグ戦完全優勝の王者が得た今季初勝ち点の喜びはひとしおだ。エースの山本隆広(人4)がけがで登板できない中、経験を積む新戦力たちは着実に力をつけている。「負けるのは悔しいし嫌」。その確固たる気持ちが、残り2節の戦いを必ず勝利に導く。【文/写真:高木満里絵】

▼早瀬監督
「連勝できたことは大きい。新しい力も台頭してきた。(新しい力とは)昨日初勝利の肥後、今日初勝利の高野、あとは野口とか。野口は入学早々からよく活躍してくれている。キャプテンの高橋中心にチームがよくまとまった。今日は前半にミスが多くて、うちが目指してるような野球ができない場面も多かったけど、それをカバーしていくことも大事だから、最後勝ち切れたのは力になると思う。(西田の三塁打について)パンチのある選手。良いところで長打を打ってくれた。ここのところ調子が良い。期待持って使っていける。(それまでの打席は無安打だったが)合うピッチャー、合わないピッチャーが出てくるタイプではあるが、際どいところで粘ってこれるようになったのでだいぶ成長したかなと。フリーバッティングでは硬くなってしまいがちなので、センター方向にバットを動かしていくようなことを近大戦前にアドバイスした。それが今日出たのかはわからないけど。(高野について)制球が乱れたところもあって、まだまだ発展途上ではあるけど、思い切りが良いから真っ向から投げ込めるタイプ。そこを一番期待している。多少ストレートが乱れても勢いでねじ伏せれるし、どんどん投げ込んでいってほしい。途中から出て最後まで投げ切ったというのは彼にとっても大きいし、まだ2年生になったところだから頑張ってほしい。(山本の穴は埋められるか)どこまで埋めれてるかはわからないが、チーム自体は打線のいいチームだから、ここで2勝できたのはとても大きい」

▼高橋佑
「(今季初の勝ち点だが)全員の力で取れた勝ち点。今までキャプテンじゃなかった時は簡単に取れていたけど、自分がキャプテンになって勝ち点を取る難しさを身にしみて感じたんで、めちゃくちゃ嬉しい。(自身としては2発の同点弾)昨日も、立命戦でも打ててないし、ピッチャーも経験が少ない選手ばかりで、経験が豊富な野手陣が頑張って点を取ろうって話していたので打てたのは大きいなと思う。(自身の本塁打について)インコース真ん中のスライダー。狙ってたというよりは来た球を打った感じ。(今日の勝ちで勢いに乗っていけるところはあるのでは)チーム状況としては良い。あとは秋につなげられるようにチーム力を上げられたら。(高野について)気持ちで引いたら球にすぐ出るタイプだから、強気のリードで、マウンド行っても思い切って、という話はした。それが結果についてきたと思う。スライダーも良い切れで、空振りも取れて今日はすごく良かった。(今後まだリーグ戦が残っているが)優勝はもうないからあとはチームをまとめるしかない。この残りの春リーグで勝つ。負けるのは悔しいし嫌。次の京大戦も勝ち点を取ってチーム力を上げていく」

▼西田
「(8回の三塁打について)打ったのはチェンジアップかフォーク。追い込まれてたんで短く持って、1死だったから、ランナーを進めるというか、とにかくバットには当てようと。コースは真ん中辺。(勝ち越し打だが)打てて良かった。昨日の試合もだが、古川が出たら自分は出れる、古川が無理なら自分は出れない、みたいなことをベンチでも結構いつも言われてて(笑)、だから2人で打てて良かった。(それまで無安打だったが、どこか変えたところは)前の打席にピッチャーが右(ピッチャー)に変わって、球種とかを前の打席に結構見れたから三振はないかなと思っていた。あとは狙い球を。初球を狙いたかったが、際どいコースにきたから追い込まれてからになった。甘いところを待ってた感じ。(今シーズン初の勝ち点だが)ピッチャーがまだ経験がないが、こうやって昨年から経験を積んでる選手が多いので、奮起すれば勝てるっていうのは嬉しい。打撃で引っ張りたい」