【卓球】1部の強さを痛感し、2連敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ第2日目対同大◇4月29日◇横大路運動公園体育館

関大1-6同大

S1宮村 3(16-14、12-10、11-7)0
S2赤川 0(5-11、7-11、6-11)3
S3北岡 0(7-11、5-11、2-11)3
D1赤川・岸本 0(7-11、4-11、4-11)3
S4鈴木 0(4-11、2―11、5-11)3
S5岸本 1(11―9、1―11、5-11、7−11)3
S6朝野 1(5-11、7-11、11-8、10-12)3

昨季王者・神松蔭大とのリーグ初戦は大敗に終わった関大。1部の強さを痛感させられた。2日目となる今試合の相手は、昨季リーグ2位の同大。格上の相手ということを覚悟しながらも、「挑戦者の気持ちを持って」(北岡さと子主将=文3)戦いに臨んだ。

第1試合、関大の先陣を切った宮村栞奈(社1)は、1年生ながら熱い戦いを繰り広げた。第1ゲームを16-14の粘り勝ちで奪うとそのまま第2ゲームをものにする。あと1ゲームで関大に白星が上がるこのチャンスを宮村は逃さない。6−7から連続4ポイントを獲得すると、ストレート勝ちを決めた。

「(宮村)は気迫と元気があって、しかも1年生で白星を挙げれたというのはすごい大きい」と、北岡も1部舞台での初白星をかみしめた。この勢いのまま勝ち星を重ねたいところだったが、やはり甘くはなかった。

第2試合の赤川真理亜(化生2)は相手とのリズムをうまくつかめないままストレート負けを喫する。続いた北岡も2−1から一気に2−8まで引き離されるなど厳しい状況が続いた。我慢強くカットのラリーで相手のミスを呼ぶも、2ゲーム先取を許してしまう。第3ゲームも2−11と、2人続けてストレート負けとなった。

なんとか1勝を挙げたいダブルスには、赤川と岸本紗良(情1)が登場した。一時は3−9まで突き放されるも、相手のミスが続き7−9まで粘る。しかし、ここで立て直され、第1ゲームを落とすと続く第2ゲームではサーブミスが続くなどリズムを崩して1ゲームも返すことができなかった。

後がない関大だったが、第5試合の鈴木理布(社3)もストレートで敗北となり、2戦連続の黒星が確定した。そんな中でも第6試合の岸本が6連続ポイントから試合を始め、第1ゲームをものにする。だが、その後相手に3ゲームを先取され、1勝とはならない。

最終試合は朝野郁香(社2)が務めた。2ゲーム先取を許したが、第3ゲームでは相手のミスを呼び、最後は4連続ポイントで1ゲームを返す。第4ゲームでは立ち上がりから8−2で調子付いたかと思われたが、10-8まで追い込まれる状況に。デュースにもつれ込み粘り強く相手に攻めるも、勝利とはならず。1−6で2日目を終えることとなった。

再び1部の強さを思い知らされた関大だが、下を向いている暇などない。「これから実力が僅差になっていくのでそこでしっかり勝てるようにしていきたい」(北岡)。過密スケジュールの中でも全員が1部での勝利を追求し、前を向き続ける。【文/写真;西井奈帆】

▼北岡主将
「力のある相手との戦いというのは昨日で散々実感したことで、その苦しい試合の中でも自分にできることを探せるようにとは思っていた。(部員に)昨日は厳しいことを言っちゃったんですけど、もっと思い切っていこうという風には言ってて、やっぱり最下位からなので、その点では挑戦者の気持ちを持って向かって行ってほしいとは伝えた。今日はそれぞれが自分の中でその答えを出せていたと感じた。苦しい試合の中でも1点があったのは大きいことですし、特に宮村は気迫と元気があって、しかも1年生で白星を挙げれたというのはすごい大きい。(個人的に今日の試合を振り返って)実力的にはほんと手も足も出ない相手だったけど、これから実力が僅差になっていくのでそこでしっかり勝てるようにしていきたいと思う。(明日の連戦は)かなり厳しいことになると思うけど、その中でも関大らしさの元気を出して、諦めない気持ちを持って戦いたい」