【準硬式野球】最後まで1点遠く、優勝逃す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西六大学春季リーグ戦最終節対関学大2回戦◇4月17日◇南港中央球場◇

関学大 000 010 000=1
関 大 000 000 000=0

(学)中尾―網田
(関)能塚―瀧上

関大と関学大が激突した最終節。前日の1回戦では関大がコールド負けで、痛い3敗目を喫した。4季ぶりの優勝のためには、もう負けられない。背水の陣を敷き、宿敵との最終戦に臨んだ。

関大はエース・能塚に先発を託す。「リーグ戦を通して一番調子が良かった」と力のあるボールで相手打線を封じる。4回に2死から連打を浴び、初めて得点圏に走者を背負うが、続く打者を三球三振に仕留める圧巻の投球を見せた。

一方の打線は、テンポよく投げ込む関学大先発・中尾を攻略できない。3回、先頭の7番・深井が左前打で出塁し、8番・笹山が初球でエンドランを仕掛ける。しかし、空振りとなり、スタートを切った深井も盗塁死。4回にも先頭が塁に出るが、後続が倒れ、得点できなかった。

すると、5回に試合が動く。能塚が2死から四球を与えると、続く打者に左中間を破る三塁打を打たれ、貴重な先制点を奪われる。その後は立ちなおったが、この1点が重くのしかかった。
反撃に出たい関大だったが、5、6、7回に安打で走者を出すも無得点。前節、好調だった打線がつながりを欠き、最後まで本塁が遠く、0-1で敗戦。この時点で優勝への望みが絶たれた。
試合後、深井は「あと1本が出なかった」と悔やむ。また、「もう一回見直してベストな打線を考えたい」と開幕からほとんど変わらなかった打線の組み替えを示唆した。

この試合の後に行われた試合で同大が立命大を破り、リーグ優勝を決める。関大は6勝4敗で関学大、立命大と並び2位となった。また、閉会式では打率2位で深井(.444)、8位で木下(.351)が個人表彰され、深井は遊撃手のベストナインにも輝いた。

IMG_7587

IMG_7968
関大準硬ナインの次の戦いは関西地区トーナメントでの対戦枠を決定する順位決定戦。4月25日に関大、関学大、立命大の3チームが変則ダブルヘッダーで対戦する。能塚の復調など、明るい材料も見えた。課題を乗り越え、再び全国制覇へ向けた戦いが始まる。【吉見元太】
IMG_7564

IMG_7629

IMG_7966

IMG_7946

▼深井主将
「今日は能塚の調子が非常に良くて、先制点を取ることを目標にやっていたが、逆に取られてしまった。こっちも先頭が出たり、チャンスを作ることはできていたが、あと一本が出なかった。2、3、4、5番がノーヒットだったので、そこで決めてくれないと試合をものにできないと思った。どこかに気の緩みがあったんじゃないかと思う。エンドランなどこれまではずっと決まっていた。その中で変な自信と慢心がついていたんじゃないか。3回のエンドランがもし空振りじゃなかったら考えると、非常に悔しい。バントもそうだが、自分たちの軸としているエンドランをずっと決めて、これまでの試合をものにしてきた。今日はそれを決められなかった。打席の中で間を取ったり、球数を稼ぐために低めを見極めることをチームで言っていたが、低めの変化球に泳がされるケースが多かった。もっと練習の中で引きつけて、見極めをしっかりさせていくことによって、今日のような相手を攻略する糸口をつかみたい。今日は駄目だったが、リーグを通して、バントやエンドランが決まって得点に結びついていたことが、昨秋に比べて良くなったところ。課題は全体としての打力の低さと、ここぞの守備。他大学に比べて本塁打で点が取れるケースが少ない。もっと振り込んで長打で走者をかえせるような打線にしていけたら。今日のようなクリーンアップが全く打てない状況ではいけない。もう一回見直してベストな打線を考えたい。(関西地区トーナメントについて)負けたら終わりなので、ミスを限りなく少なくして、少ないチャンスを絶対にものにできるようにしたい」

▼能塚
「今日はリーグ戦を通して一番調子が良かった。1点は取られたが、ボールの走りがかなりいい状態だった。1点は流れの中で取られたしょうがない点だと思う。バッテリー間の息も合っていて、自分でも納得のいくピッチングができた。昨年もトーナメントは経験している。結局最後で負けてしまったが、負けたら終わりという状況のほうがチームの雰囲気も上がるので、投げる気持ちも高まる」