【ソフトボール】強豪・園女大に完敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第50回春季関西学生2次部別リーグ戦第1節対園女大◇4月22日◇武庫川女子大学総合スタジアム◇

園女大 200 100 1=4
関 大 000 000 0=0

(園)三原、横谷―椛山
(関)萩森、高井、杉本、佐保―日吉

1部のまま2次部別リーグに進んだ関大。このリーグでの初戦は、全国トップの実力を持つ園女大だ。強豪相手に関大はリズムを作れず、7回無得点で完敗となった。

この試合の先発・萩森ちひろ(人3)は、立ち上がりから相手打線に捕まる。先頭打者からヒットを許すと、流れは園女大に。打者3人で簡単に1点を奪われ、そこで早くも降板となってしまった。

2番手を任されたのは、ルーキーの高井菜々(人1)。2死一、二塁でバッターに左中間適時打を放たれ、悪い流れを断ち切れずに追加点を許した。

2回にも強豪打線が高井を襲う。味方の守備に助けられながら2アウトまで追い込んだが、エンタイトルツーベースや死球で気付けば満塁のピンチに。しかしそこはなんとかレフトフライに打ち取り、危なげながらも無傷でこの回を終えた。

どうにか点数を奪いたい関大打線。しかし、相手ピッチャーがそれを許さない。1回を三者凡退で抑えられて迎えた2回裏。打線好調の5番石橋美奈(人1)がヒットでこの試合初めて出塁に成功する。しかしチャンスをものにできず、無得点となった。


苦しい流れでも、高井は堂々とピッチングを続けた。3回には見事三者凡退で抑える。

しかし、好投は長くは続かない。迎えた4回、簡単に2死まで持って行ったところで園女大9番下村にヒットと盗塁を決められる。そして、続く1番中村に適時打を放たれ、3-0と点差をさらに離されてしまった。

結局高井は5回、四球を与えたところで降板。4イニング1失点と、1年生ながらに好投を見せた。

2死一塁の状況の中で代わりに登板したのは3番手・杉本樹菜(人3)。ここは打者をきっちり打ち取り、それ以上の得点を許さない。その後6回も三者凡退に仕留め、先輩らしいピッチングでチームに貢献した。


一方で、関大打線はいまだに反撃できない。2回以降、出塁は相手の四死球のみとどまり、全く打線が機能しない。6回には園田2番手・横谷に三者凡退で抑えられ、3点のビハインドのまま最終回へ進むこととなった。

最終イニング、杉本は先頭打者に内野安打を決められたところで降板。4番手には佐保知里(人1)と、再びルーキーが登板する。しかし、最後まで関大はリズムが良くなかった。盗塁を刺そうと、捕手・日吉里香(人1)が投げたボールを内野手が弾き、気付けば無死三塁に。そこで3番石川に犠牲フライを決められ、4点目の失点を許した。

1点でも返したい関大。内野ゴロが続き、2死で打席に立ったのは、7番佐伯瞳(人3)。内野を抜けるヒットで出塁に成功し、反撃の起点を作る。しかし後がつながらず、最後の打者・日吉が内野ゴロで打ち取られてゲームセットとなった。


やはり園女大は強かった。しかし、関大もチャンスが無かった訳ではない。関西一を目指す関大にとって、どんな強豪にも打ち勝つ気持ちが不可欠だ。この敗戦が、関大をさらに強くさせる。【文/写真:松山奈央】