【ソフトボール】打線沈黙で完封負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第50回春季関西学生1次予選リーグ戦第3節対奈良学園大◇4月21日◇武庫川女子大学総合スタジアム◇

奈良学大 010 202 1=6
関  大 000 000 0=0

(奈)尾高―堀
(関)杉本、佐保―日吉

先週の試合が雨で中止となり、振替で行われた今試合。今日の関大は全くリズムを作れなかった。相手先発を前に三塁すら踏めず、計2安打。まさに沈黙打線だった。

先発マウンドに立ったのは、今季初先発の杉本樹菜(人3)。初回から2つの四球を与え、なんとか無失点で抑えたものの、不安が残る立ち上がりとなった。


△杉本

両チーム無得点で迎えた2回。8番船山に、左中間へ伸びた三塁打を放たれ、続く打線に簡単に1点を奪われる。

先制を許したその裏。前節で本塁打を放った5番石橋美奈(人1)がこの日チーム初のヒットを打つが、その後がつながらない。先発・尾高の打たせて取るピッチングが関大打線を封じ込む。



△石橋

4回表、関大にピンチが訪れる。この回先頭の7番中原にヒットを許すと、エラーも絡み、無死ニ、三塁に。そして犠牲フライを決められる。0-3でさらに点差を付けられ、この回で杉本は降板となった。

5回から登板したのは、初出場の1年生・佐保知里(人1)。1人目から四球を許してランナーを背負うも、無失点で抑えて2番手の役割を果たす。



△佐保

しかし6回、佐保が捕まる。スムーズに相手を2死に追い込むが、味方のエラーで出塁を許す。そこから相手打線の猛襲が始まった。3番鎌田にヒットを決められ、二、三塁に走者を背負って迎えるは4番藤木。右方向への大きな当たりは、適時三塁打となり、気付けば0-5に。7回にも追加点を許し、0-6で最終回に入る。

なんとしても反撃したい関大だが、奈良学大がそれを阻む。5、6回を三者凡退で終えて、迎えた最終回。5番石橋が死球で出塁し、打席に向かうは代打・平木琴実(人4)。内野をすり抜ける当たりを決め、走者一、二塁のチャンスを作る。しかし、今日の関大は最後まで好機を活かせない。後続の代打・木村浩子(人2)が空振り三振に、谷あゆか(人2)が内野ゴロに仕留められて、試合終了となった。

投手陣、打撃陣共に粘れず、完敗の結果に。次節は武庫女大との一戦。悪い流れを断ち切り、今度こそ関大のテンポを作って笑顔を飾りたい。【文:松山奈央/写真:三木勇人】

▼山元麻莉絵主将(人4)
「0で終わってしまったのが反省点。何点取られても、それ以上取れれば良い。チャンスは全く無かった訳ではなかった。チャンスは何回もは来ない。出塁してたのを、フライで終わってしまっていた。後ろから見ていても、チームの動きが硬かった。次の試合はそれをほどいて、『勝たないと』という緊張感を楽しむくらいでいきたい」