【サッカー】土壇場同点弾で桃山大に勝ち点1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第96回関西学生リーグ前期第3節◇対桃山大◇4月18日◇ヤンマーフィールド長居◇

【前半】関大0ー1桃山大
【後半】関大2ー1桃山大
【試合終了】関大2ー2桃山大

前節京産大に引き分けとなり、勝ち点1となった関大。桃山大との今節は、平日ながら、多くの部員が駆けつけた。試合は、15分を残し、2点を追う状況となる。しかし、FW加賀山泰毅(人4)とMF塩谷仁(人4)の4年生コンビのゴールでなんとか同点に持ち込み、黒星を免れた。

前半は、均衡した試合が続いた。17分、MF松本歩夢(文2)がMF森主麗司(文4)からのスルーパスに抜け出し、相手DFを1人交わしてシュートを放つが枠外。これでコーナーキック(CK)を得た関大だが、得点には結びつかない。26分には左サイドのDF黒川圭介(法3)が素速いドリブルで駆け上がるが、ペナルティエリア付近で倒され、フリーキック(FK)を得る。MF中井英人(人4)が直接枠を狙うがわずかにゴール上にそれた。


△松本


△中井

その後、何度かピンチを迎えるが、DF荒木隼人主将(商4)とGK安川魁(情4)が体を張ったセーブで得点を許さない。しかし前半終了間際、試合が動いた。相手CKのクリアしたボールが再び相手に渡り、クロスを上げられる。これを合わせられ失点。1点ビハインドで後半へ折り返した。


△安川

後半17分には再び失点し、0−2と引き離される。だが、途中交代のMF牧野寛太(経3)をアクセントに徐々に流れは変わり始める。右はDF安田有輝(経4)MF塩谷、左はDF黒川とMF牧野を軸に攻撃を展開。ついに後半37分、MF牧野のCKをFW加賀山が頭で押し込み1点を返す。前節に続き、セットプレーをものにした。


△安田


△黒川


△牧野


△加賀山

あと1点が欲しい関大は、「ギアが変わって全員でやれている部分もあった」(MF塩谷)と、アディショナルタイム4分で一気に相手を追い込む。後半48分、DF羽田健人(情3)が大きく上げたボールを「アグレッシブに行けるのが僕の特徴」と話すMF塩谷が相手GKとの混戦の中押し込み、土壇場で同点に追いついた。


△塩谷


△塩谷

試合終了寸前でなんとか勝ち点1を死守した。「もっと強い相手になると、2点取られて2点取り返すのが難しくなってくる」。DF荒木主将は、強豪との対戦を見据えた。リーグ戦はまだ始まったばかり。次節こそ、勝ち点3を奪取する。【文:西井奈帆/写真:高木満里絵】


△荒木

▼前田雅文監督
「桃山大はいつも組織的にやってきて、大量失点することもないけどいつも僅差で勝ったり負けたりしているチームなので、手堅いし前のコンビネーションもいいので苦しむかなと思っていた。前半は、失点するまでは流れも良かったけど、失点してから苦しんだ。MFとDFのラインが長いボールに対して連動できていないところがあった。後半の25分以上は相手にペース持って行かれてた。最後、逆転できるチャンスもあったので、勝ち点1が妥当かなと。(途中交代は)スピードとか牧野みたいアクセントをつけれて、ペースを作れた。中井も後半疲れてきたのもあったのでボランチも変えた。甲南大はボール回しもうまいし、最近の守備を見ていたら絶対ピンチはくると思うし、苦しむとは思う」
▼荒木主将
「内容自体は悪くはないけど球際とか、失点の場面は足が止まってたりっていうのが、多かった。最後まで迫力があれば点を取れるのはわかってたし、それがもっと最初から立ち上がりからやっていかないといけない。もっと強い相手になると、2点取られて2点取り返すのが難しくなってくると思う。ハーフタイム終わってそんなに焦りは無かった。(キャプテンとして)まだまだで、もっと僕がチームを引っ張っていかないとチームは勝てないと思う。声も出して、プレーも引っ張りたい。(甲南大戦は)勝ち点3をとるっていう気持ちを前面に出してやっていきたい」
▼塩谷
「2点先制されて苦しい展開だったけど、追いつけたことは次につながるかなと。失点のところは、全員の足が止まっていたのが原因なので、そこは練習からもう1回やっていきたい。桃山大は攻守にわたってタフに戦ってくるチームで、球際も強くて頑張ってくるチーム。関大どちらかというと、そういうタイプでそこは負けたくない部分でもあった。結果が2−2で残念。最初から相手がタイトに来てたけど、やれる部分もあって自分たちのミスが多かった。後半の最後の方は、ギアが変わって全員でやれている部分もあったけど、次はしっかり最初からやっていきたい。浮き球が来て、高橋と競ってたと思うんですけど、どこに溢れてくるかわかっててキーパーが来てたので怖かったけど、行ってなかったら点は入らないし、そういうアグレッシブに行けるのが僕の特徴でもあるので、点を決めれて良かった。どうしても勝ち切れない試合が多くて、自分たちももがいてるけど、次10日空いた後の甲南戦では必ず勝ち点3取れるようにやっていきたい」