【ソフトボール】完封負けでリーグ戦黒星発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第50回春季関西学生1次予選リーグ戦第1節対大阪大谷大◇4月8日◇大阪大谷大学グラウンド◇

大大谷大  000 003 0=3
関 西 大 000 000 0=0

(大)吉崎―殿井
(関)萩森、杉本、萩森―日吉

チーム山元にとって初めてのリーグ戦。何度も得点圏にランナーを進めるも、ホームまでが遠かった。先発・萩森ちひろ(人3)が力強いピッチングで大健闘を見せたが、相手先発の吉崎を崩せず、完封負けで開幕戦を終える結果となった。

開幕戦の萩森はエースの風格を漂わせていた。初回を3人で切って取り、早々に終わらせる。その後5回までエンジンを切らすことなく、4人以内に抑えて相手打線を封じ込んだ。


△萩森

一方で萩森の好投に打線がなかなか応えられない。1回裏、先頭打者の今橋この実(情3)が左翼手の頭上を越える二塁打を放つ。続く田平優佳(人2)の犠打で、さらに三塁まで進むも、本塁が遠い。「点を取れるところでものにしないと」という山元麻莉絵主将(人4)の言葉通り、好機を活かせずにこの回を無得点で終えた。


△今橋


△田平

2、3回を三者凡退で封じられて迎えた4回裏。好投を続ける萩森を援護したい関大打線に、再びチャンスが訪れる。この回先頭の田平が死球で出塁。4番辻楓(人2)、5番平木琴実(人4)が安打で続く。2死満塁の絶好機で打席に立ったのはルーキー・石橋美奈(人1)。初めてのリーグで回ってきた場面に緊張が走ったのか、空振り三振でこの回も得点できなかった。


△辻


△平木


△石橋

スコアボードに0が並び続ける投手戦に一石を投じたのは大大谷大だ。6回、萩森がエラーの絡んだ出塁を許したところでマウンドを降りると、2番手で登板したのは杉本樹菜(人3)。2死まで追い込むが相手打線に捕まり、連続打を浴びる。1失点、2死二、三塁を背負ったところで杉本は降板し、萩森が再びマウンドに上がった。しかしピンチを切り抜けることはできず、この回、3点を相手に献上することとなった。


△杉本

なんとか巻き返したい関大。しかし、大大谷大ピッチャー・吉崎がそれを阻む。結局、最後まで反撃の口火を切ることはできず、5安打0点で完封負けを喫した。

出塁数は少なくなかったが、なかなか打線がつながらず、「チャンスをものにする」という課題が浮き彫りとなった。次戦は、大国大との戦い。手強い相手だが、なんとか勝利して勢いに乗りたい。【文/写真:松山奈央】

▼山元主将
「得点圏でチャンスがあって満塁もあったのに、0で無失点だったのがなんというか。『チャンスをものにする』は課題。ピッチャーは頑張ってくれていたから、打者が頑張らないといけなかった。でも、ずっとロースコアでいっていたのは良かった。初戦もチームが良い雰囲気で、良い準備をした中での試合だったと思う。あとは、点を取れるところでものしないと。『あと1本』『あとここで』という場面で0点で終わってしまったのが今日の敗因。(1回生について)フレッシュなプレーで新しい風を吹き込んでくれている。今日のはキャッチャー、ファースト、サードが1回生。オープン戦から4学年で戦ってきている。新入生には暴れ回ってもらって、楽しんで思い切りプレーしてほしい。上回生がそのカバーを出来るように頑張りたい」