【野球】逆転で今季初黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生春季リーグ第3節対近大1回戦◇4月18日◇皇子山球場◇

関大 000 200 000=2
近大 000 001 21✕=4

(関)石田、江口―久米
(近)畠、山口、倉田―山野

 前節は試合がなかった関大は今節、ここまで2勝1敗の近大と対戦した。1回戦はエース・石田が先発。先制したものの、守備の乱れから逆転を許し、悔しい今季初黒星を喫した。

 試合が動いたのは4回表。関大は2死一塁で5番・西田尚を迎える。「追い込まれていたのでコースに逆らわずに打った」と内角低めのスライダーをさばき、一塁線を破る適時三塁打。近大に相性が良い西田尚の一振りで先制に成功。さらに、続く6番・西田友の打球が遊撃手の失策を誘い、追加点を挙げた。
西田さん先制打
西田さんベンチ前ガッツポーズ

 石田は持ち味である走者を出した場面での粘りの投球を見せ、前半戦は近大打線を0点に抑える。しかし、6回裏2死2塁の場面で、左前打を浴びると左翼手・多田がこれを後逸し、走者を生還させてしまう。7回には野選などが絡み、無死一、三塁のピンチを迎える。早瀬監督がマウンドへ行き、石田に声をかけるが、続く6番・宮本のこの日3安打目となる三塁強襲内野安打で同点とされた。さらに、1死一、二塁となった後、代打・松根の打球を止めようと石田が足を伸ばすが、つま先に当たった打球はコースが変わり、中前へ転がる。その間に二塁走者が生還し、不運な形で勝ち越しを許した。
 8回から関大は投手を江口に交代。先頭打者を抑えたものの、3連打で1点を失う。
石田さん
 追い上げたい関大は終盤、代打攻勢に出たが、継投策に出た相手から好機を作れない。そのまま2-4で試合終了。ミスが響き、近大との初戦を落とした。
試合後、早瀬監督は「抜けてしまったところが守りであったかなと思う。そんなチームじゃないんだけど」と渋い表情を浮かべ、石丸主将も「気持ちの弱さが出てしまったことが一番の敗因」と振り返る。若さゆえにミスから立ち直り切れなかったが、「長いリーグ戦に今日の1敗を生かさないと意味がない」と石丸。19日の2回戦へ向け、気を引き締めた。【吉見元太】

▼早瀬監督
「抜けてしまったところが守りであったかなと思う。そんなチームじゃないんだけど。守りからやられてしまった。そう簡単にはいかない。若いチームなので楽にすることだけを言っていたんですけどね。勢いをもってやっていきたいと思う。6回はみんなが守りに入ってるような雰囲気になってしまった。石田には同点までは全然問題ないと言っていた。石田も粘れるピッチャーなので、そのへんのボールは投げていた。ちょっと外々になってしまったかなというのはある。野手も一番大事なところで慌ててしまった。最初から最後まで打ち続けないといけない。まあまだ1敗したところ。連敗したわけじゃないし、明日にすべてをかけていきたい」

▼石丸主将
「気持ちの弱さが出てしまったことが一番の敗因。序盤に2点先制して、油断はしていなかったが、ピンチで弱さが出てミスにつながってしまった。石田は走者が出ても粘ってくれていた。野手がもっとカバーできれば。打線は走者が出たときに『どうにか進塁させよう』という気持ちが欠けていた。(代打・古川について)思い切りのいい打者。今日も初球から振って、らしさを出していた。江口はゴロでアウトを取る投手。打ち取った当たりもあって、持ち味は出せていた。明日は挑戦者の気持ちで、怖いもの知らずで立ち向かわないといけない。長いリーグ戦に今日の1敗を生かさないと意味がない」

▼石田
「全体的にはそんなに悪くはなかった。6回と7回の守備面で運がなかったところもあるが、考え方として1点を防ぎにいきすぎた。同点でもいいという楽な気持ちでいければよかった。たらればはよくないが、そういうのも考えのひとつとして持っていけばよかったかなと思う。7回の場面は止めにいって足に当たったが、その後の影響はなかった。前半は向こうがスライダーに絞って狙ってきていたが、その中で真っすぐを中心に投げていた。5回くらいから狙いを真っすぐに切り替えてきた印象があったので、そこから変化球中心になってしまったのがポイントかなと思う。そこで変えずにまっすぐでファウルを打たせればいいなという感覚で投げることができれば良かったが、ちょっと変化球が多くなって合わされやすくなった。序盤はツーシームも結構投げて打ち取る場面が多かった。京大戦でも多く投げていたがそれをしっかり近大でも投げたというのは収穫になった。あとは真っすぐを意識して1試合トータルで投げ続けられるというのが大事になってくる。そこを意識して投げ込みたい。明日があるので、まずは明日勝たないと明後日もない。まずは明日頑張りたい」

▼西田尚
「(先制打について)打ったのはインコース低めのスライダー。後ろにつなごうという意識だったが、いいところに飛んでくれた。追い込まれていたので、コースに逆らわずに打った。今日は思うようにバットが振れていたので内容が良かった。明日は勝って、次につなげたい」