【野球】春季リーグ戦開幕まであと1日 キーマンにインタビュー!早瀬万豊監督編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨年45年ぶりとなる秋季リーグ戦完全優勝を果たした野球部。リーグ連覇を狙うために欠かせないピースを直撃。第4回目は、在籍4年でチームを全国に3度導いている実績十分の指揮官、早瀬万豊監督です。

――昨年度を振り返っていかがでしたか?
早瀬監督 例年、秋にチーム力が上がって来るんですけど。秋は京大に負けたところからスタートして45年ぶりの完全優勝を達成することができました。それをきっかけにして今年戦えたらと思います。

――2年連続の神宮大会出場となりましたが。
早瀬監督 3回行かせてもらっているけど、どの試合とも一点しか取れておらず、勝てていません。その中でも、チャンスはあって互角以上の内容だったと思います。神宮に行ってリーグ戦の時よりかしこまっている部分がありました。もう少し点が取れていたかなと思います。投手に関しては、抑えられていたとも思います。

――課題である打撃を強化するために今年は、1試合当たりの獲得点数を3点以上から4点以上に変更されました。
早瀬監督 昨年14試合のうち4得点以上だった試合が6試合だったのですが、これが増えていけば(リーグ)優勝はさらに近づくと思います。不可能ではない数字だと思います。

――山本隆広副将(人4)と高橋佑八主将(経4)にはどのような期待をされていますか。
早瀬監督 昨年の近大戦では、完全試合を達成したので、今年もやってくれると思っています。期待しています。

――ずばり、今年のキーマンを挙げるとすれば誰ですか?
早瀬監督 やはりキャプテンとして勢いのある高橋になってくると思います。後は経験を積んでいる古川陸(商4)や多田桐吾(人4)ですね。でも、経験を積んでいるからといってなんとかなるという甘い考え方をしていると上手くはいきません。

――最後に、今年の目標を教えてください
早瀬監督 全国制覇。それしかない。春みんなの力でリーグ優勝して、全国での勝利を味わいたい。全国制覇のためにまずは全国で1勝を目指したいです。それを目標にしておかないといけないです。そう思っていればリーグ戦がいいものになると思います。

目標は全国制覇ただひとつ。早瀬万豊監督の采配に今年も期待です。【インタビュー、構成:奥井健太】