【野球】春季リーグ戦開幕まであと2日 キーマンにインタビュー!高橋佑八・山本隆広編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

昨年45年ぶりとなる秋季リーグ戦完全優勝を果たした野球部。リーグ連覇を狙うために欠かせないピースとなる選手を直撃。第3回目は昨年10月1日の近大戦で関西学生連盟史上2度目となる完全試合を達成した山本隆広(人4)さんと高橋佑八(経4)さんです。

――昨年を振り返っていかがでしたか。
山本 優勝できて良かったです。
高橋 同じですね。優勝できて良かったです。

――昨年10月1日の近大戦ではお二人で完全試合を達成されましたが。
山本 色々取り上げてもらって名前売るには良かったかなと思います。
高橋 ピッチャーのおかげです。キャッチャーは裏方に徹するので。

――今年は昨年の優勝メンバーも多く残っています。
山本 4年生が残っているのは大きいと思います。
高橋 1年生から出させてもらっているメンツが多くいるというのは大きいです。経験を生かして結果を出さないといけないと思いますね。

――お互いの印象はどうですか。
山本 キャッチャーとして絶大な信頼を置いています。しかし、頼りすぎている部分があるので配球などを一緒に考えていけたらと思います。意識的にも変わってきて頼れるキャプテンになってきたと思います。
高橋 鬼の努力家ですね。自分を持っていてすごいと思います。ピッチャーのモデルですね。

――個人的に期待されている選手はいますか。
山本 やっと自立してきた西田友紀(商4)ですかね。昨年スタメンを獲得しましたし。
高橋 やはり山本には頑張って欲しいですね。周りも期待していますし。後は古川陸(商4)です

――最後に今シーズンの意気込みを教えてください。
山本 投手力が高いので目標である1試合4得点以上を達成できれば投手が3点以内に抑えられるかなと思います。チームを全国に導きたいです。
高橋 まずは、春リーグで全国出場することです。全国一勝に乗っていって最後は全国制覇したいですね。

相性がいいと自負する黄金バッテリーの高橋佑八主将と山本隆広副将。リーグ連覇には、この二人の活躍が欠かせません。【インタビュー、構成:奥井健太】

◇高橋佑八(たかはし・ゆうや)
1996年(平8)8月31日生まれ、龍谷大平安高出身。176㌢、80㌔。憧れの選手は、城島健司(元阪神)。
◇山本隆広(やまもと・たかひろ)
1997年(平9)1月27日生まれ、桜宮高出身。172㌢、82㌔。憧れの選手は、山口高志(関西大学野球部アドバイザリースタッフ)