【野球】阪神相手に無得点も、古川と山本が存在感を発揮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇練習試合対阪神タイガース◇3月27日◇阪神鳴尾浜球場◇
関 大 000 000 000=0
阪 神 100 103 01X=6
(関)山本、肥後、濵田、鷲尾―高橋
(神)石井、歳内、藤谷、青柳、福永―長坂、小宮山

プロアマ交流試合として阪神タイガースと対戦。プロに力の差を見せつけられ勝利をつかむことはできなかったが、昨年完全試合を達成した山本隆広(人3)が本調子ではないながらも2回を最少失点で抑える好投。また、野手では1年次からスタメンを張る古川陸(商3)が3安打と気を吐き、少ないながらも収穫を得た試合となった。

関大は初回、先頭の多田桐吾(人3)が振り逃げで出塁すると、太田健裕(文3)、古川の連打で無死満塁の好機を作る。しかし、後続が倒れ無得点でこの回を終える。

その裏、先発の山本は先頭の荒木に四球を許すと、盗塁などで1死三塁のピンチを招く。3番北條に左犠飛で1点を許したものの、後続を打ち取りこの回を最少失点で切り抜けると、2回は下位打線を三人に仕留め47球でマウンドを降りた。

再び、関大にチャンスが訪れたのは4回。先頭の古川が左翼線二塁打を放つが、打線が繋がらず好機を生かしきれない。その裏、3回からマウンドに上がった肥後皓介(人2)が板山に本塁打を浴びた。

その後、関大は5回と8回に得点圏に走者を進めるも、あと一本が出ず無得点に終わり、野手陣は課題が残る結果となった。しかし、投手は失点を許したが、27個のアウトのうち9個が三振とプロ相手に大学生の意地を見せた。

「全国制覇を目指してやっていきたい」(高橋佑八主将=経3)。約1週間後に開幕する春季リーグ戦までに調子を上げ、リーグ連覇を目指す。
【文:奥井健太/写真:多田知生、高木満里絵、松山奈央】

▼早瀬監督
「プロのピッチャーに力負けしていた。ストレートなど差し込まれていた。もうちょっとゲームの中で工夫出来たら。考え方も含めて修正していかないと。山本はもうちょっと上がってきてほしい。オープン戦は他のピッチャーも調子がいいので競争という意味ではいい感じで来ている。肥後が安定している。濵田、森、鷲尾といったピッチャーも頭に入れていきたい。(野手では)古川が調子がいい。守備の時も中心でやってもらわないと。中心になる倉川、山本の桜宮コンビがもうちょっと調子を上げてくれたら。(1年生の野口がスタメン)練習に早くから参加して存在感を発揮している。チームの課題はバッターボックスでの工夫。同じようなやられ方をしているのでもう少し内容のあるものにしてほしい。チャンス自体はあった。ピッチャーがそれなりのボールを見せてくれてた。でも、普段だったら少ないフォアボールやデッドボールがありコントロールが乱れていた。プレッシャーがあったのかなと。守りはいいので。(開幕に向けて)ピッチャーは2点以内、野手は4点以上を目標に抑えて行ってほしい」

▼高橋主将
「プロとやれたのはいい経験。野手が打たないと最近点取れていない。野手の待ち方であったり、点を取ることに執着しないと。ピッチャーはまあまあ。山本はいい調子ではなかった。古川は三番打ってもらってる。最近調子いい。打撃に関しては引っ張ってくれている。今年は打たないと勝てない。野手のバッティングの確立。振り込みを上げて行きたい」

▼山本
「本調子ではない中でプロ相手に投げさせてもらった。状態がいい時に投げられたら良かった。今日は真っすぐが浮いていた。真っすぐが走っていたら思うように投げられたと思うが思うように投げられなかった。(リーグに向けて)最高の準備をしていきたい」

▼古川
「今日は全然だった。プロとアマの力の差を見せつけられた。振りの鋭さが違った。全く違う。球速は出ていなくてもコントロールがさすがだなと思う。ここ最近アウトコースの球についていけていなかったが、修正したことが結果につながった。フォアボールや無駄に進塁させてしまうことが多かったように思う。甘い球を一球で仕留められるようにしたい。無駄なアウトを無くしていきたい。(リーグに向けて)勝つしかない。全国制覇を目指してやっていきたい」

▼肥後
「(プロと対戦してみて)少し緊張した。今日は山本さんが行けるところまでと言われていて、準備はしていた。ピッチングは悪くはなかったが、打たれたところは全部甘いところ。そこは修正していきたい。プロとはやっぱりレベルの差を感じた。自分的に際どいところに球を投げてもバットを振ってくれないところなどは特に力の差があるなと思った。(リーグ戦に向けて)神宮で勝つことがいちばんの目標。ピッチャー同士で切磋琢磨して高めていきたい」