【準硬式野球】宿敵相手に悔しいコールド負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西六大学春季リーグ戦最終節対関学大◇4月16日◇南港中央球場◇

関 大 000 000 00 =0
関学大 001 130 11×=7(8回コールド)

(関)小川、吉田、駒谷―瀧上
(学)坂本―網田

いよいよリーグも大詰め。今日からついにリーグ最終節がはじまった。これまでの関西学生リーグの覇権争いは混戦を極めている。関大をはじめ、同大、立命大の3チームが現在首位で並んでいる状況だ。優勝をかけた運命の最終決戦が幕を開ける。

最終節の相手は宿敵・関学大。2年ぶりのリーグ優勝に向けて、重要な一戦のマウンドに上がったのは、前回参考ながらもノーヒットノーランを達成した小川だ。その小川は立ち上がりに安打を浴び、走者を背負うものの、得点を与えないピッチングを披露。一方で先制点が欲しい攻撃陣だが、相手投手・坂本の速球に苦しみ、なかなかチャンスを作ることができない。先制点が試合の行方を左右する展開の中、3回に試合が動く。これまで粘り強い投球をしていた小川だが、この回の先頭打者に四球を与え、その後の打者に適時二塁打を浴び先制点を献上した。続く4回には関学打線がつながりを見せ、追加点を与える。5回にも3点を献上。前半で5-0と苦しい展開となる。

IMG_6679pc

「攻撃でリズムが作れなかった」と深井主将が振り返ったように、走者をきちんと犠打で進める関学大とは対照的に、打線のつなぎの部分でミスが目立った関大。反撃の糸口をつかめないもどかしい試合展開が続く。3投手による必死の継投を見せた関大だったが、一度波に乗った宿敵・関学大の勢いを止めることはできなかった。最後は無情にもコールド負けを避けるために守備位置を前にしていた外野陣の間に打球が転がり、試合終了。優勝争いを繰り広げる関大にとって、まさかのコールド負けとなった。

IMG_7045s

試合後の深井主将は「今日は全く良いところがなかった」と言葉少なく試合を振り返った。今日の関大は前半5回までに4度も先頭打者の出塁に成功したが、それを生かすことができなかった。しかし、まだ優勝の可能性が消滅したわけではない。4回生にとっては明日が最後のリーグ戦となる。関大準硬ナインが口をそろえて強調する「全員野球」。これまで接戦を見事に勝ち抜いてきた勝負強さは関西一だ。優勝を懸けた明日の運命の最終戦にすべてをぶつける。【高橋良輔】

IMG_7189h

▼深井主将
「1回から9回を通して全く良いところがなかった。せっかく先頭打者が出たのに簡単なバントミスで攻撃のリズムを作れなかった。それが、投手や守備のリズムにも影響して負けてしまった。今日は本当に悔しい結果としか言えない。明日には試合なので気持ちを切り替えて、挑戦者の気持ちでやっていく。今まで余裕のある試合は1度もなかった。接戦をものにしてきたところはこのチームの良いところと実家している。でも、今日みたいに点差が開いたら巻き返す力がない。いくら離されても負けないという気持ちをもっと前面に押し出さないといけない。明日は4回生にとっては最後のリーグ戦。先発メンバーは下級生が中心だが、試合に取り組む姿勢や盛り上げるなどしっかりと4回生が引っ張って、勝利をつかみにいく」