【サッカー】大事な一戦、勝利ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生後期リーグ第2節対大院大◇9月22日◇西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場◇

【前半】関大1-2大院大
【後半】関大0-0大院大大
【試合終了】関大1-2大院大

前節のびわこ大戦で後期白星スタートとなった関大。インカレ出場に向け、今節の大院大戦は大事な一戦となる。

 

_MG_8803

 

前半6分、DF鯉沼からのロングパスにFW竹下が抜け出す。角度のない位置からシュートを放つが、惜しくもポストに阻まれる。また、前半9分には大院大に先制点を許してしまう。さらに前半28分、パスを奪われカウンターを仕掛けられる。GK前川が1対1を止めるが、こぼれ球に反応され2失点目。しかし前半31分、MF秋山からのパスにMF吉井が、相手と競り合いながらも上手く足を出しゴールを決める。吉井のリーグ初得点で1点を返した。その後もペナルティーエリア付近でFK(フリーキック)を獲得。同点のチャンスを迎えるが得点には至らず、前半を1-2で折り返す。

 

_MG_8950

 

後半から竹下に代わりMF鈴木が入った。立ち上がりからDF石井、吉井がシュートを放ち、積極的な攻撃を見せる。後半19分には加賀山、後半28分にはMF清永が投入され、相手ゴールに攻め込む場面が増える。しかし、相手の守りを崩せずシュートにはつながらない。後半33分の秋山のFKもわずかに左にそれるなど、最後までチャンスを生かしきれなかった関大。1-2で痛い敗戦となった。

次節はリーグ2位の阪南大。厳しい戦いが予想されるが、勝ってインカレ出場圏内を目指したい。【川﨑恵莉子】

 

_MG_8964

 

▼島岡監督

「一戦一戦、変わることのない試合。ただ、この試合に勝てば(リーグ順位が)並べるという試合だったので、皆が意識していたと思う。意識しすぎたこともあるかもしれないが、それとやるべきことは別になってくる。1つ1つのプレーすべきことを横に置かずやらないといけない。そういう点では前半2失点は甘い。ゲームを通して走れるようになってきて、チャンスがなかったわけではない。これをものにできないのは痛い。また、1個1個のプレーの選択の仕方が甘かった。やりたいこととやれることが別であり、しっかりと見極めていかなければいけない。負けということで沈んでいるがしっかりと切り替えて、変わらず頑張っていきたい」

▼篠原ゲームキャプテン

「インカレ圏内の5位の大院大との試合。絶対に勝たないといけない試合だった。前半、立ち上がりは良かったが、カウンターで失点してしまい、ショックというかダメージはあったと思う。しっかりと決めることができなかったのは反省していきたい。次節、阪南大戦はリーグ上位と戦うことになるがまずはインカレ出場に向けて、全試合勝っていきたい。

▼吉井

「前半のゴールは、相手GKとDFに隙があったので気持ちで押し込んだ。シュートを打てたこと、ゴールを決められたことはよかった。反省点はボールに絡む回数が少なくて、試合を作るという面では全然ダメだった。今日のプレーは30点くらい。次節の阪南戦は自分がゴールに迫って点に絡むことと、いっぱいボールに触って、ゲームを組み立てていきたい」