【野球】石田光が投打に活躍!関大先勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ第4節対同大1回戦◇9月26日◇ほっともっとフィールド神戸◇

関 大 100 000 011=3
同 大 000 000 000=0

(関)石田光―久米、高橋佑
(同)福島、平尾拓、坂東、矢野敦―川端

前回の近大戦で3戦目にもつれ込む激闘を制して勝ち点奪取。優勝に向けて、さらに勢いを増したい関大は、今節同大と対戦する。先勝を目指して1回戦に挑んだ。

先攻の関大は1回、いきなりチャンスをつくる。前の試合でラッキーボーイ的な活躍を見せた1番・杉森が勢いそのままに左前打で出塁。

IMG_0764w

2番・多田が送り、2死三塁で4番・平岡がバッターボックスに立つ。「攻めていこうと思った」。その言葉通り、初球を見事に弾き返す。

IMG_0783w

これまで試合の立ち上がりが課題であったが、副将・平岡の中前適時打で幸先よく先制に成功した。関大の先発は絶対的エース・石田光。序盤は制球に苦しむも、3回まで相手打線を完璧に封じ込める。チームに流れを引き寄せる投球を存分に披露した。

IMG_0794w

この好投に報いたい打撃陣だが、1回以降は得点を奪うことが出来ない。「完全なボール球に手を出していた」と早瀬監督が振り返ったように、立ち直った相手投手・福島のキレのあるスライダーに苦しんだ。両投手の我慢の投げ合いで試合が進む。

次の1点が試合の行方を大きく左右する展開の中、迎えた8回。この回先頭の投手・石田光が2球目を強振。

IMG_1079w

「あんなに飛ぶとは思わなかった」と本人も驚きを隠せない様子で振り返った本塁打は左翼スタンド中段に突き刺さった。思いもよらぬ一発にベンチ、スタンドが沸き、ナインも奮起。

IMG_1014w

9回には試合を決定づける3点目を代打・小池の犠飛でもぎ取った。スコアボードに0を刻み続けた石田光は最後の打者を三振に打ち取り、試合終了。3-0で見事に完封勝利を収め、関大に白星をもたらした。

4年生は今季が最後のリーグ戦で一段と強い気持ちで戦っている。投打に渡って大活躍の石田光をはじめ、主将で学生コーチの石丸は三塁コーチから檄を飛ばし、ベンチでも最前線で声を張る。

IMG_1085w

今日の先制打を放った平岡も4年生だ。「練習から気迫が伝わってくるし、姿勢で引っ張っていきたい」(平岡)。チームをけん引する最高学年に導かれ、連勝で同大から勝ち点奪取を狙う。【高橋良輔】

▼早瀬監督
「今日は石田が良くやってくれた。バッティングはもともといいし、今日はいい振りもしていた。大事なところで打ってくれてチームにも大きな追加点だった。ピッチングでも丁寧に放っていた。そこが今日は一番良かった。でも、やっぱり打てない。福島くんのボールもキレが良かったが、大半がボール球。チャンスの時に完全なボール球に手を出してしまって流れをつくれなかった。今後の大きな課題だと思う。その中で、今日も杉森がいい働きをしてくれた。1番で塁に出てくれて、いい流れをつくってくれた。初戦を取れたのは大きい。粘り勝つことができたのは今後につながる。連勝を目指して、明日も頑張りたい」

▼石丸主将
「初戦は必ず取るとチーム全体で話していた。部の目標である、3得点以上2失点以下を今日の試合では、達成できたのは良かったと思う。明日も達成させたい。でも、チャンスでの攻撃が今後の課題。4回生は最後のリーグ戦になる。春では優勝を遂げることはできなかったが、秋こそは連覇を狙いたい。明日のターニングポイントは、先制点を取ること。1回から9回まで、攻守ともに攻めの姿勢を忘れずに、勝ちにいく」

▼石田
「(本塁打を振り返って)その前の打席で見逃し三振をしていたので、相手バッテリーは振ってこないと思っていたと思う。1球狙ってみようと思って思いっきり振った結果。置きにきた真っ直ぐをうまくとらえることができて、入るかなと思ったけど、あんなに飛ぶとは思わなかった。高校でも(本塁打を)1本しか打ってなくて、大学では初めて。素直にうれしい。ピッチングの方は1点取ってもらって我慢の投球だった。次の1点が勝敗を左右すると思って投げていた。真っ直ぐでファールを稼ぐイメージで前の近大戦から良かった。序盤に不利なカウントになることが多かったが、後半からは修正できた。バッテリーでしっかりと抑えられた。自分が投げる試合はしっかりとチームに貢献していきたい」

▼平岡
「初回の入りがこのチームの課題。攻撃でも守りでも攻めていきたいと思っていた。試合前からしっかりと心の準備ができていたからこそ、初球からいけたと思う。4番を打たせてもらっているが、結果が出てなくてチームに迷惑をかけていた。その分大事な先制点だったし、良かった。4回生は最後のシーズン。練習からいい雰囲気でやってくれているし、姿勢から気迫が伝わる。あまり言葉でかわすことはないが、気持ちが入っているのがわかる。今年のチームは圧倒的な力はない。1戦1戦まずは勝つこと。その先に優勝が見えてくると思うし、優勝したい」