【ホッケー】秋リーグ全勝優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ2部決勝◇対同大◇12月3日◇於・グリーンランドみずほ人工芝ホッケー場◇

【前半】関大1―0同大
【後半】関大1―1同大
【試合終了】関大2―1同大

いよいよ秋季リーグも最終戦を迎えた。1部昇格を目指し続ける関大ホッケー部にとっては、集大成前の大切な一戦で勝利し、2部優勝を果たした。だが、「正直いいところがあまりなかった」(植村拓郎主将=人3)。選手たちの口からは満足の言葉がこぼれることがなかった。

前半戦。序盤から一進一退の攻防が繰り広げられ、しばらく沈黙状態が続いた。攻めようにも攻めきれず、ボールを奪われなかなか得点に至ることができず、ただ時間が過ぎていった。

だが、前半33分、試合の流れは関大に傾く。左サイドにいた森川大(人1)からパスをつないだ山田慧人(政策1)がシュートし、先制に成功。瞬間、メンバーたちは歓喜にあふれ、山田のビッグプレーを称えた。そして、試合は折り返された。

「後半は変えていこう」(植村)。後半開始直後、同大に点を決められるがすぐに、小西遼(人3)が得点し巻き返す。

その後は、攻守ともに積極的なプレーが展開された。中でも森川、植村がボールを前に運びチャンスメイク。DFでは濱口達也(シス理2)などを中心とする選手が相手の攻撃を封じ込め、GK大澤匠(文3)が要所での堅い守りを見せ、出血を防ぎ、試合終了のブザーが鳴り響いた。

「自分たちでペースをつくることができたなかった」と植村が口にするように、前半の立ち上がりが振るわずになかなか得点を決めることができないなど、課題が多く残る一戦となった。だが、秋季リーグでは全勝を収め、2部優勝を果たすことができ、次週の1部2部入替戦へ弾みをつけることができた。また、最優秀選手賞に小西遼(人3)、最多得点賞に濱口達也(シス理2)、GK賞に大澤に選出された。次の舞台は集大成の入替戦。1部に再昇格し、笑顔でシーズンを終える。【文/写真:柴村直宏】

▼植村主将
「立ち上がりから流れがよくなくて、正直いいところがあまりない試合だった。勝ててよかったなというぐらい。2部のペースと1部のペースで全然違って、(今回は)相手のペースに合わせてしまったところがあった。ドリブルができないとわかっていたのにしてしまったり、自分たちでペースをつくれなかったのはよくなかったかなと思う。後半は変えていこうという話して、少し変わった部分もあったけどパスで崩れてるところもあったので、修正はできてるところはできてたけど、全体を通すとやはりいい流れではなかった。ただ、先制点取れたことは大きいし、点取られた後すごい焦りまくるわけではなくしっかり(点を)取っていこうとしていたところはよかった。今日の試合を得点化するなら、4、50点。全体を通して自分たちの流れができなかったので。この新チームになって、最初に立てた目標は1部昇格なので、ようやくそのチャンスをつかめただけなので、次勝たないと意味がないし、全力で勝てるように戦いたい」

▼小西
「できない場面があったりしたけれど、テンパッてる個所もあったが、普段の練習通りに1点目も入れることができたと思うし、2点目も取れたので要所要所で大事なところで決めきれたから勝つことができたと思う。1年生の笹木が要所でカバーしてくれた。自分自身はいつもドリブルばかりしていて、それはだめだなという感じだったし、足もつってしまったけれど打ち込むところは打ち込めたし、細かい部分はしっかりできていたかなと思う。個人賞を取ることができたのは、シンプルにうれしい。入替戦に向けては、相手は1部の京大なので、途中で崩れたり焦ったりしたらそういうところついてくると思うので、しっかりとそういったところをなくして勝ちに行きたい」

▼GK大澤
「勝てたのはよかったけど、来週の入替戦に向けて結構課題が残る試合だった。立ち上がりが悪かったのと、決定的なシーンを決めきれなかったことがあったりしてて、そういうところで決めきれないとやっぱり入替戦とかしんどいのかなと思う。自分自身もあんまりよくなかったけど、DFが良く守ってくれたので難しいボールも来なかったのでそれなりにはできたかなと思う。秋リーグにかけてDFのやり方を変えて、その成長の結果が出てGK賞をもらうことができた」

▼濱口
「今日はDFも微妙であんまりよくなかったし、得点も今まで決めてきたのに決めれなかったのは残念やったかなと思う。個人賞を取ることができたのは率直にうれしいかったけど、最後の試合も決めて(試合を)つくっていきたかったなと思う。次の入替戦は、自分が点を決めることで試合の流れを作っていきたいので、しっかり最初か点を取りに行きたい」

▼山田
「順位決定戦ということで、負けられない戦いだったので、先制した方がチーム的にも試合内容的にもいいと思ったので、実際にすることができてよかったです。左から森川がボールを持ってきて、敵をかわしそのまま思いっきりシュート打つことができました。先制したかったので昨日からすっとイメージトレーニングをしていたので、その通りにできてよかったです。けど、疲れてきたときにスピードを下げずに走り切ることができなかったので、メリハリをつけて次の入替戦もいければいいなと思う。最初から終わりまで全開でプレーできたらと思う」