【サッカー】REDGROW、三塚、松山が決めるも勝利ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 

◇関西学生連盟ⅠリーグDブロック後期第4節◇9月19日◇関西大学千里山キャンパス中央グラウンド◇

 

【前半】関大REDGROW 1-0 立命大Ⅱ

【後半】関大REDGROW 1-2 立命大Ⅱ

【試合終了】関大REDGROW 2-2 立命大Ⅱ

 

前節、大教大Ⅰ1に敗北を喫した関大REDGROW。サッカー部として“日本一”を掲げる関大は、まずは年間総合優勝チーム決定戦に出場するため、勝利を着実に積み重ねなければならない。

 

IMG_4599

 

前半は負傷者が続発。果敢なセーブを決めていたGK勝本やMF赤澤が交代となるなど激しい試合展開となった。25分にはMF三塚がサイドからのクロスボールをうまく処理しゴール。貴重な先制点をものにした。関大がボール支配を続けるもゴール際での立命大ⅡDF陣の守りが強く、得点にはつながらない。追加点を奪えないまま、前半は終了した。

 

後半は両校果敢な攻撃的なプレーに出た。開始早々、MF杉本が素早く駆け上がり、左サイドからゴール前に出したボールをFW渡場がシュートするもゴール上へ。その後の立命大Ⅱの攻撃では関大REDGROWゴールまで詰め寄られるもDF古橋やGK白澤の活躍によりゴールはさせない。関大はその後FW山崎が鋭いミドルシュートを放つもこれはポストを叩く。17分には混戦の中、DF陣健闘も失点を許してしまう。1-1。追いつかれた。しかし、その3分後にFW松山がゴールエリアから出てきていた相手GKの上をきれいなアーチを描くシュートでゴールへとボールを運ぶ。GKは必死に走り戻るも間に合わず、得点へと繋げた。その後、関大は全員サッカーを貫くも、35分に失点し、同点で試合を終了した。

 

IMG_4543

 

引き分けという結果に終わった関大REDGROW。年間総合優勝チーム決定戦の出場圏内ではあるものの勝ち点や得失点差は拮抗している。次節以降も着実に勝利を積み重ねたい。【水野 真】

 

 

▼古橋ゲームキャプテン
「前節は負けてしまった。あまり日を置かず連戦が続くので負けるわけにはいかなかった。立命と戦う中でチームが若いので、自分が引っ張っていかなければならないと感じていた。夏にチームがバラバラになっていたが、攻めた後の守備ということを各自で意識していたことなのでしっかりと実現できていたので良かったのではないか、と思う。しかし、状況が悪くなるとそれを打破する、また場を見て判断するという力はチームとして足りなかったように考えている。個人としてもミスがあり、それを後輩がカバーしてくれていたりするので、そこはしっかりと頑張っていきたい」

▼三塚

「前期は2位で折り返していた。前期からのメンバー入れ替えで後期のチームはまた前期とは違っていた。後期では、それを超える結果が出せるように、とみんな言いながら日々の練習に励んでいた。(今日の試合の得点について)このチームの特徴としてカウンター、前への圧力というのがあるので、それをしっかりと出た結果だと思う。個人としては相手に取られる場面があったので、関大でボールを回すためにもボランチである自分がしっかりと中心になってやっていかなければならないと思う」

▼松山

「今日の試合は勝ち点3を取るためにも絶対に負けられない試合だった。途中出場で試合に出たが、だからこそしっかりと結果を残したかった。しかし、チームは2-2という同点で終わってしまった。自分が慢心せずもう1点取ることができていれば勝てていたので、そこは残念だった。次の試合に向けては、今日の試合をしっかりと整理して、次の試合で勝つためにはということをチームで話し合っていきたい」