【サッカー】三井が決めた!ULTRAS後期開幕3連勝達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生連盟ⅠリーグEブロック後期第4節◇9月19日◇関西大学千里山キャンパス中央グラウンド◇

 

【前半】関大ULTRAS 2-1 龍谷大

【後半】関大ULTRAS 0-0 龍谷大

【試合終了】関大ULTRAS 2-1 龍谷大

IMG_8540

 

Ⅰリーグが開幕後、2連勝を達成した関大。第4節は龍谷大との試合だ。現在、関大より下位にいる龍谷大に負けるわけにはいかない。年間総合優勝チーム決定戦に出場するためにはブロックで2位以上が必要になる。

 

IMG_8661

 

開始早々、DF阪本がペナルティエリア外から内にいるFW山村にパスを出す。敵味方入り乱れる中、ボールはゴール正面にいたMF三井のもとに。龍谷大DFがシュート阻止に入るも、三井のミドルシュートが一足早く、ボールはゴールネットを揺らした。1-0。先制し流れを関大側に引き寄せる。その後、山村、阪本、三井がシュートチャンスをつかむも得点にはつながらない。追加点をあげられないもどかしい時間が続く。流れも関大から離れ、一進一退の状況へと変わる。34分にはペナルティエリア内で関大側の反則が発生。ペナルティキック(PK)となった。龍谷大にこれを決められ同点。関大に悪いムードが流れる。しかし、それを振り切ったのは1得点目をあげた三井だった。同点ゴールを決められた3分後に相手DFをかわしながらシュート。2-1とし前半を終了した。

 

IMG_8594

 

後半、試合は停滞する。関大、龍谷大ともに攻め上がるも、得点に結びつくシーンはない。龍谷大から2度のフリーキックでピンチが訪れるも、チーム一丸となって守り抜き、失点を許さない。終盤には疲れが見え始め、パスミスが起きるも関大ディフェンス陣が適切に処理し守り抜いた。後半は懸命に戦い抜くも追加点を挙げることが出来ず、終了のホイッスルが鳴り響いた。

 

IMG_8640

 

IMG_8608

 

関大は9月19日試合終了時点でブロック3位。しかし、2位のチームとは勝ち点1差だ。連休中の3連戦全勝で決定戦出場に向けて、さらなる一歩をULTRASは踏み出す。【水野 真】

 

 

▼酒井ゲームキャプテン
「(シルバーウィークで)連戦になる。その初戦となる今日の試合は大事な試合になるとチームに話していた。(試合終了後の挨拶で「納得がいかない試合だった」ということについて)失点0で終わらないといけなかった。試合が荒れてきたときにしっかりとそれを収められるようにしていけるようなプレーであったり、声かけもできなかった。反省が多いという試合になった。前半はリズムが一定で流れが悪かったので、後半には速攻にチェンジすることができてよかった。次の試合まで短いし、チームとしても総力戦になると思う。全員で一致団結して同じ気持ちで取り組んでいきたい」

▼2得点をあげた三井

「トップチームが2連勝してて、ULTRASもその流れに乗って絶対“勝つ”という気持ちで試合に臨んだ。(得点について)自分に決定力がなくて、決められなかったシュートも含めると、決めないといけないものだったので、得点につながることができてよかった。(試合を通して)前半は全体でコンパクトに試合を進められていて、セカンドボールを拾うこともできていた。しかし、後半になると落ち着き所がなくて、バタバタした試合展開になっていったのでこれは反省しないといけない。今日を含めて3連戦となるが1日1日できる準備を100%していきたい」