【野球】石田光が無四球完投、杉森猛打賞で勝ち点獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ第2節対近大3回戦◇9月14日◇皇子山球場◇

近 大 000 100 000=1
関 大 000 030 01x=4

(近)畠、倉田―山野
(関)石田光―久米

昨日の試合で、1勝1敗のタイに持ち込んだ関大。勝利を呼び込み、勝ち点を奪いたい。

近大の先発投手は、1回戦で完封負けを喫し、3試合連続完封を許した畠だ。初戦に続き、再びエース対決となったこの試合。投手戦が予想されたが、先に点を奪われたのは石田光だった。四回、先頭打者に右前安打を打たれ出塁を許す。犠打と三振で二死とするも、6、7番打者に連打を浴び、1点を先制された。

四回までわずか1安打に抑えられていた関大。五回、一死から7番・久米が四球を選び出塁する。続く8番・石田光が犠打を試みるも見逃し三振を喫した。しかし、9番・湯浅が二死ながらも左安打でつなぐ。ここで登場したのは、ここまで唯一の安打を放っており、初スタメンの1番・杉森だ。3ボール1ストライクから、畠の直球を捉え中越え適時打で勝ち越しに成功。「足が持ち味」と自身で語るように、快足を飛ばして三塁打とする。2番・多田も右前適時打で続き、打ちあぐねていた畠からこの回3点を奪った。
IMG_8194w
IMG_8203w
IMG_8210w
IMG_8232w
IMG_8241w
五回以降、石田光は近大打線を1安打に抑え、エースらしい好投でチームに流れを引き寄せた。八回には、安打と死球で二死満塁とし、5番・永岡の押し出し四球で1点を追加した。
IMG_8254w
エース・石田光は無四球完投勝利で、初戦のリベンジを果たす。初スタメンで1番に起用された杉森は3安打1打点の活躍で存在感をアピールし、監督の期待に応えた。昨年の歓喜をもう一度、関大野球部の戦いはまだ始まったばかりだ。【新潟瑞葵】
IMG_8252w
▼早瀬監督
「春は連敗した相手に、開幕カードで勝ち点が取れて勢いづいた。畠は3試合連続完封していた投手。打撃陣はもう少し調整しないといけない。守備も1戦目もエラーがあったしもうちょっと。石田は攻撃的にバッターに向かっていく。すごくタフな投手だから、石田にかけた。完投してくれてよかった。初スタメンの杉森は、塩田の状態があまりよくないので、昨日よかった杉森を使った。期待しているものが出ている。次につなげてほしい」

▼石丸主将
「(杉森を指差して)野手がよく打ってくれた。日ごろから一生懸命やっているのを見ていた。その成果が出たのだと思う。野手は1試合目、2試合目と消極的だったが、今日はファーストストライクから振っていけていた。同大戦に向けて、守りで攻撃の流れを作っていけるようにしたい。同大戦ではまず初戦を取れるように頑張る」

▼石田
「今日を落としたら意味がない。初戦、畠にやられた分もあるので、負けられない気持ちだった。投げるべき球は投げられた。これからも任されたところをしっかり投げていきたい。打てなかったなど課題も残ったので、修正して次節に臨む。勝ち点を取れてチームも良いモチベーションでいける」

▼杉森
「(5回の勝ち越し三塁打について)打ったボールはまっすぐ。危ないかなと思ったけど、いい感じで伸びてくれた。昨日のタイムリーから調子がよかった。昨日初ヒットで、今日は初スタメン。いいアピールができた。近大の畠は、みんなまっすぐが速いと言っていて、1戦目も抑えられていたので、すごいピッチャーだと思っていた。しかし、今日はそれほどまっすぐが速くなかった。自分の持ち味は足。長打力はあまりない。昨日のヒットで監督が使ってくれた。初スタメンがいきなり1番でプレッシャーがすごかったけど、ポジションをつかみとりたい。次に向けて、自分の役割を果たして、チームに貢献したい」