【サッカー】[ULTRAS]関学大B1に4発快勝でリベンジ果たす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017Iリーグ関西年間総合優勝チーム決定戦1回戦対関学大B1◇10月14日◇関西学院大学第4フィールド◇

【前半】関大ULTRAS1−2関学大B1
【後半】関大ULTRAS3−0関学大B1
【試合終了】関大ULTRAS4−2関学大B1

まさにリベンジマッチだった。ちょうど1週間前のIリーグBブロック最終節。関学大B1に接戦の末に敗れ、ブロック1位を譲り渡すこととなった。「同じ相手に2度も負けない」。この思いがチームを1つにし、さらに強くさせた。トーナメント戦となる今回は負けた時点で全国への道は閉ざされる。全国優勝を果たすためにも、負けられない戦いが始まった。


▲田上

今試合の前にはREDGROWが関学大B2に負け、関大からIリーグ全国への挑戦はULTRASに託された。試合開始すぐにFW田上怜(法4)がファーストシュートを放ち、景気付ける。攻撃の起点となるDF酒井佑一郎(社4)は右サイドでボールを受けると、すぐに前線へ走り込み、ゴール左の田上へクロスを上げる。しかし、これはタイミングが合わず。9分には相手クロスがうまくはまり、先制点を奪われた。だが、「いつも無得点で終わらないので連続失点しなければ大丈夫」(田上)と、焦る様子はなく1点を狙った。13分、コーナーキックを得るとこぼれ球に反応した松井修二(人1)が強烈なミドルシュートを放ち、同点に。MF俵修造(商3)に代わりDF唐山勝任(社4)を投入し、酒井との縦の連携で相手ゴールに迫る。ディフェンス面はDF長井一真(社1)、DF安田有輝(経3)が相手FWの攻撃の根を封じ込めた。だが、31分に相手CKから混戦により失点。前半を1−2で終えた。


▲酒井


▲松井

ハーフタイムにそれぞれの修正点を確認し、逆転を誓い後半戦へ。同点弾は早々に訪れた。開始3分、敵陣でフリーキックを獲得し、キッカーはMF長尾拓実(経4)。直接ゴールを狙いニアに蹴り入れると、最後は唐山が頭で押し入れ2−2に追い付く。


▲長尾


▲唐山

ここからULTRASの勢いは止まらない。MF下村浩太(経3)はボランチとして巧みな足さばきで相手を翻弄(ほんろう)させる。20分、「練習の時から(田上)怜くんがボールを持ったら僕を探してくれるので、いつもイメージはしていた」と話す高橋晃平(情2)にチャンスが来た。田上から高橋にタイミング良く縦パスが通る。最後は高橋が押し込み逆転弾をあげた。


▲下村


▲高橋


▲3点目を決め、応援席に駆け寄る(右から)高橋、田上、松井

このまま一気に引き離したい関大は高橋に代わりストライカーFW大久保優(商2)を投入。両サイドから攻め、追加点を狙う43分。酒井が右サイドから絶妙なクロスボールを供給すると、大久保がダイビングヘッドで合わせ4点目。チームは関大の応援席へ飛び込み、喜びを爆発させた。


▲4点目を決めガッツポーズをする大久保(左)と松井


▲大久保のもとに集まる部員たち

結果、4−2で相手を突き放しリベンジを果たした。「来週勝つことに本当に意味がある」(田上)。次の相手は大体大に決まり、勝利すると全国への切符が与えられる。再び全国の地で躍動するためにも、来週も必ず関大ULTRASが勝利をあげる。【文:西井奈帆/写真:川﨑恵莉子】


▲笹倉蓮ULTRAS主将(経4・中央)


▲ULTRASの勝利に笑顔を見せる部員たち

▼田上ゲームキャプテン
「先週の試合で守備面が課題になった。相手のフォーメーションに合わせたボールの奪い方などビデオを見て作戦を練った。今日はそれがしっかりはまって良かった。確実に先週より気持ちが入ったプレーだった。いつも無得点で終らないので1失点目は早かったから連続失点しなければ大丈夫だと思っていた。1点目はしびれた。前半はファールと相手セットプレーからのピンチが多かったので、後半はノーファールで球際強くいくことを意識した。(3得点目のアシストについて)ボール持った時はサイドに散らそうと思っていた。高橋といつもツートップ組んでて、行けるかなと思って高橋にパスを出した。ULTRASと応援来てくれたみんなのおかげで実力以上のプレーができた。来週負けたら意味がない。来週勝つことに本当に意味があるので結果にこだわっていきたい」

▼松井
「前回負けた時はメンバーにも入っていなかった。絶対メンバーに入ってやろうと思って練習に取り組んでいたら、前日の練習でスタメンの方の練習に入れてもらった。5月に足首をケガしてしまいスタメンで出る機会がなくて、今日は初スタメンだった。先制されて苦しかったが、ゴールがたまたま決まった。(入った瞬間は)めちゃくちゃ鳥肌立ちまくりで、びっくりした。高校時代は選手権に出場して勝負に対しての所は分かっている。選手権を経験しているからこそのゴールだったと思う。後半は点を取るしかなくて、4年生が同点に追いついてくれた。応援がすごく力になった。けがをして悩んでいる時もあったが、それを乗り越えて今日スタメンで出られて本当に良かった。REDGROWが負けてしまったのは悔しいが、REDGROWの分まで戦えた。次負けると4年生が引退になってしまうので、スタメンで出られたら90分全力で戦いたい」

▼唐山
「先週試合して、相手の強いところとか肌で感じていた。守備で負けていた部分もあった。REDGROWとSOREOの分まで戦う気持ちで、みんなも強い気持ちだった。サイドでの1対1は強くいけた。前半で2失点して、ハーフタイムにセカンドボールが拾えてないという話になった。攻撃は悪くなかった。(自身の得点について)いつも試合前はセットプレーの練習をしていて、最近調子も良かったので自身があった。チャンスがあったら絶対取りに行こうと思っていた。その後も相手にもセットプレーに強い選手がいたのでそこは注意していた。絶対に全国に行きたい。絶対に次も勝つ」

▼長尾
「絶対に同じ相手に2回負けられない。ビデオミーティングや相手を想定した練習とかやってきた。今日の戦術的にボランチの下村と僕の運動量が一番多くなるって言われていた。しっかり最後まで走り切れて良かった。(2点目のフリーキックについて)いつも通り。いつもニアのストーンを超えたとこに行けるとチャンスはあると思っていたのでそこを狙った。試合通して負ける気はしなかった。来週はまだ誰が出るかもわからない。今日以上のプレーができるように練習していく」

▼高橋
「絶対勝つという強い思いで試合に臨んだ。いつもより緊張してたけど、緊張も楽しめた。前半の最初は押され気味で、相手の迫力に飲まれそうだった。失点しても時間はあるし絶対逆転できると思っていた。自分としては、1回は必ずチャンスが来るから、それを絶対決めると思っていた。練習の時から(田上)怜くんがボールを持ったら僕を探してくれるので、いつもイメージはしていた。ボールを出しやすいところでいるようにしている。出してくれたボールを後は気持ちでいれた。次も点を取って勝ちたい」