【テニス】関東の壁崩せず準決勝敗退。3決制し最後は笑顔で終わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度全日本大学対抗王座決定試合準決勝対早大◇10月12日◇有明テニスの森公園

● D1 越野・大野菜1(6-4、0-6、4-6)2上・大矢○
● D2 橘・中塚1(6-2、0-6、6(3)-7)2細沼・清水○
● S1 越野0(2-6、3-6)2清水○
●     S2 沈0(2-6、4-6)2細沼○
○ S3 橘1(1-6、6-4、2-3RET)1上●

関大1-4早大

王座11連覇中の絶対王者・早大との対決となった準決勝。苦手のダブルスではD1、D2ともに第1セットを先取し流れを作るも、逆転され連敗。王手をかけられた得意シングルスでも差を見せ付けられ目標である日本一への道は断たれてしまった。

昨日とは打って変わって日差しが強い中、始まった準決勝。決勝進出をかけ、日本一への1番の課題として小山葵(社4)主将が挙げていたダブルスから火蓋が切られた。昨日と同じく越野菜摘(文2)・大野菜々子(社1)組、今大会から結成された橘彩音(経3)・中塚桃子(人1)組がコートに入る。「ビデオで研究した成果とダブルスの練習を増やした成果が出た」と小山主将。その言葉通り、橘・中塚組は序盤から積極的に攻め、相手のボレーミスを誘発。2ゲームを連取し、勢いに乗るとそのまま第1セットを簡単に先取。隣のコートで試合を行っていた越野・大野組もこの流れに乗り関東学生選手権覇者相手に第1セットを奪取した。試合は完全に関大モードで進んでいたが、ここで常勝軍団の反撃が始まる。D1、D2ともに第2セットはべーグル(0-6)で失う。橘・中塚組はファイナルセットは5―4からの第10ゲームにマッチポイントをつかみ、5-6とされた第12ゲームもタイブレークまで持ち込む粘りを見せたが勝利まであと一歩届かなかった。越野・大野菜組もファイナルセット2-5から2ゲームを挽回した第10ゲームに0―40から3度のマッチポイントをしのいだが勝利の女神はほほえんでくれなかった。

後がなくなったシングルス。もう負けることは許されない重圧は選手たちに重くのしかかる。シングルスプレーヤーとしてリーグ戦から貴重な存在として活躍している沈清河(法2)。ベースラインから自らのテニスを展開していきたいが先に相手にコースを突かれ後手に回る場面が増える。セットを先取され第2セットは1-3からブレークバックに成功し徐々にリズムをつかむが勝負どころでのポイントが明暗を分けストレートの敗戦。この瞬間に関大の準決勝敗退が決まる。

S3の橘は第1セットは失ったものの、その後はインカレシングルスベスト4の経験を持つ相手に堂々と自分のテニスを見せ付ける。豪快なスマッシュを何本も決め、第2セットを取り返す。ファイナルセットも一進一退の攻防を続け2-3とすると相手側の棄権により関大に1勝をもたらした。

春関、夏関を制し関西女王の越野は今年の全日本インカレを制したスーパールーキーの清水とのエース対決に。なんとか相手に一泡吹かせたかったが、鋭いサーブ、強烈なストロークを武器に臆することなく攻めてくる相手に対応を苦しむ。越野も時折ウイナーを奪い応戦するも、ミスもあり続かない。ストレートで敗北を喫し全国トップとの差を見せ付けられてしまった。

「少し少しのところで一歩足りなかった」と小山主将。熱戦を繰り広げるも、要所、要所のポイントを取り切れなかった。次戦は創部初の3位入賞をかけ大教大と相まみえる。「絶対に勝ちにいきたい」(小山)。なんとしでもメダルを手に入れ、最後は笑顔で締めくくる。【文/写真:三木勇人】

▼小山主将
「課題にしていたダブルスでファーストセットを取れて、一本でも勝利できたら勝ちに近づいていたと思うんですけど少し少しのところで一歩足りなかった。(ダブルスでは)ビデオで研究してた成果、練習でもダブルスの練習を増やしていたのでその成果が出たと思う。(中塚のダブルス起用は)リーグが終えてから王座に向けていろいろなペアを試していてその結果、橘と中塚の組みあわせが結構良かった。関東のコートで慣れないボールのスピードやりづらく、思うようにいかないこともあったが研究した結果はあった。ゲームの中で接戦になった時に向こうの方がしっかり取りきっていた。(ベンチコーチで選手に言っていたこと)ボールのペースを上げすぎないというのは共通して言っていた。速いペースだと向こうの方に分があると思ったので緩急をつけたり、真正面から戦うよりいろんな球種を混ぜ、相手にとってやりづらいテニスをしようと思っていた。ダブルス1で大野は初めての王座で相手が早稲田、リラックスさせようとは思っていました。明日、また大阪教育大学となんですけどリーグで勝ったというのは切り替えて、気持ちを新たにして絶対に勝ちにいきたい」