【テニス】全試合ストレートの圧勝で準決勝進出!明日、11連覇中の王者・早大と対峙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度全日本大学対抗王座決定試合2回戦対信州大◇10月11日◇有明テニスの森公園

○ D1 越野・大野菜2(6-0、6-4)0加藤・疎矢●
○ D2 橘・中塚2(6-0、6-0)0高見沢・手塚●
○ S1 越野2(6-0、6-1)0加藤●
○  S2 橘2(6-0、6-0)0手塚●
○ S3 沈2(6-0、6-0)0征矢●

関大5-0信州大

すべてはこの日のために。いよいよ待ちに待った王座が開幕。今年は創部初のリーグ優勝などさまざまな快進撃を見せてきたテニス部女子の日本一への挑戦が始まった。

2回戦から登場する関大の初戦の相手は甲信越王者の信州大。ダブルスは越野菜摘(文2)・大野菜々子(社1)組の不動のコンビに加え、橘彩音(経3)・中塚桃子(人1)のリーグ戦では見られなかったペアが結成された。中塚はダブルスでは団体戦初出場だ。湿度が高く、どんよりとした空気の中、開始されたダブルス。どちらのペアも相手に1ゲームも奪われること無く順調に第1セットを先取する。中でも、橘・中塚組は結成後初の公式戦とは思えないペアワークを見せる。

両者とも互いが作ったチャンスボールを確実に、スマッシュ、ボレーで決めていく。第2セットもベーグル(6-0)で取り完勝を果たす。反対に越野・大野菜組はストロークが少しラインから外れるなど些細なミスも増え苦しむ。最後は関西王者の意地を見せ付け勝利するもやや課題の残る一戦となった。

ダブルスは連勝し関大が得意とするシングルスに折り返す。最初にコートに入ったのは橘。「調子が良く、自分のプレーがしっかりできた」(橘)。キレのある鋭いストロークでウィナーを連発。相手と格の差を見せ付け、ダブルスの好調さをシングルスでもまざまざと披露した。1ゲームも取られず試合を片付ける。

リーグでもシングルスプレイヤーとして全勝と初制覇にした大きく貢献した沈清河(法2)。この日もベースラインを主戦とする自身のプレースタイルで相手とラリーを繰り広げ圧倒。橘に続き、沈も6-0、6-0の完勝でチームに勢いをもたらす。

シングルスを2戦ともゲームを失うことなく完勝。3試合連続完全勝利に向けS1であるエース・越野にも期待が高まる。ハードヒットを武器に6-0と第1セットを先取し第2セットも5-0とベーグルへあと1ゲームと迫るも、勝ち急いだかここで1ゲームを相手に献上。しかし、動揺することはない。ずるずると引きづることはなくその後のサービスゲームをしっかりキープし白星を手にした。

全試合ストレート勝利し、準決勝へ大きく弾みをつけた関大。次なる相手は王座11連覇中の絶対王者・早大だ。強敵との対決に「勝ちます」と短くしかし、はっきり答えた小山葵(社4)主将。創部初の日本一への第一関門となる準決勝。絶対王者を倒し、明日歴史を塗り替える。【文/写真:三木勇人】

▼小山主将
「リーグが終わり、一ヶ月後にすぐ王座だったので切り替えはすぐできた。関東の早稲田、筑波はリーグが終わってからビデオで研究しそこを想定してやってきた。(今日の試合を振り返って)初めて王座に出場する1年生二人も自分のプレーができていてよかった。シングルスも圧倒できて勢いが付いたと思う。(準決勝への意気込みは)勝ちます」

▼橘
「リーグの最終戦から調子は上がってきている。緊張感はあったけどリーグ時よりはなかった。今日の試合は調子がよく、ストロークで展開を作りネットを取る自分のプレーがしっかりできた。(明日への意気込み)今年は戦力がそろっていてチャンス。一本ずつ取り勝ちたいです」