【サッカー】[REDGROW]Cブロック2位通過。決勝トーナメントに向け、課題の克服を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017IリーグCブロック最終節対立命大Ⅱ◇10月7日◇立命館大学衣笠キャンパス原谷グラウンド◇

 

【前  半】関大REDGROW 0―0 立命大Ⅱ

【後  半】関大REDGROW 1―1 立命大Ⅱ

【試合終了】関大REDGROW 1―1 立命大Ⅱ

 

ⅠリーグCブロック最終節、2位・関大REDGROWは1位・立命大Ⅱとの対戦となった。決勝トーナメント進出が決まる2位以上に入るチャンスは、3位・京産大にも残されていた。また、1位と2位の勝ち点差は1。最終節で勝利すれば、ブロック1位通過でトーナメントに進出できる。ここはなんとしても白星をあげ、決勝トーナメントに向け勢いをつけていきたい。試合にはアウェイにもかかわらず多くの応援が駆け付け始まった。

 

 

前半6分、右サイド深くからあがったボールにゴール前にいたMF三浦良太(文4)が反応。オーバーヘッドシュートを放つもこれはゴールに刺さらない。4分後にもMF犬飼廉(文2)が混戦の中、シュートを放つが相手DFが守り切る。16分、21分には相手にセットプレーなどで自陣内まで攻め込まれるが、連携して失点を防ぐ。その後、再び三浦が左サイドから2度、ドリブルで駆け上がりチャンスを作るも得点にはつながらない。前半には5本以上のコーナーキック(CK)があったが、ものにすることができず、後半へと折り返す。

 

 

後半3分には、混戦の中、相手FWに抜け出されシュートを放たれる。スタンドからは悲鳴があがるもGK高村優太郎(化1)がセーブ。失点は許さなかった。その後、FW古庄壱成(人3)が右サイドをドリブルで駆け上がると、FW安田駿也(経2)にクロスを供給。シュートを放つも、わずかにボールが詰まり得点にはつながらない。19分には相手のセットプレーから、最後はヘディングシュートを打たれ、先制点を許してしまう。追いかける形となった関大REDGROWだが、9分後にはCKで足立亘(社2)が放ったボールはゴール前中央へ。これをDF山本壱成(社1)が合わせゴール。関大応援からは大歓声が上がり追加点に期待がかかるも、その後はチャンスを生かせず試合終了。1-1。引き分けに終わった。

 

 

試合は引き分けで勝ち点1を分け合う形になったが、3位・京産大が敗戦したため、2位が確定。決勝トーナメント出場が決まったものの、自分たちの課題が見える試合となった。次からは負ければ一発で終了のトーナメントが始まる。日本一になるため、これからは勝ち続けなければならない。REDGROWの挑戦は続く。【文:水野 真/写真:野村沙永】

 

 

▼高晋一(文4)主将

「まず、選ばれた18人は30人以上いるチームの中の代表であるという自覚と責任を持って戦っていこうという話を昨日からしていた。今週1週間ずっと選手はモチベーションが高くて、正直負ける気はしなかった。今日勝ってブロック1位通過して決勝トーナメントに進出したかった。前半から試合に集中していてチャンスもあったが決めきれず、相手の得点が決まってしまった。しかし、そこで慌てずそのあとも戦えたので次は見える試合だったと思う。課題はフィニッシュの改善。ずっとREDGROWの課題だが、それがなかなか克服できない。上に行くためには改善が必須と感じている。SOLEOの4回生は今日で引退が決まっている。その思いも胸に戦えるように、しっかりと勝ち切ってIリーグ日本一を目指していきたい」

 

▼三浦

「メンバーに入っていない4回生もいる中で、『4回生全員の次につながるように』ということを意識して試合に臨んだ。ドリブル中心に自分が個で打開してチャンスを作るということを考えていた。それがいい形にできていたように感じている。反省点は守備。攻撃に力を入れすぎた分、守備をおろそかにしてしまった。また、早い時間帯で足をつってしまった。次に向けては悔いがないようにするために、全力でのプレーを心がけたい。チーム全体を巻き込んで、全員が全力を注げるような行動をしていきたい」