【サッカー】[ULTRAS]あと1点が遠く、ブロック2位通過

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017IリーグBブロック最終節対関学大B1◇10月7日◇関西学院大学第4フィールド◇

【前半】関大ULTRAS1−1関学大B1
【後半】関大ULTRAS1−2関学大B1
【試合終了】関大ULTRAS2−3関学大B1

今年度のIリーグもとうとう最終節を迎えた。関大ULTRASはすでに2位以上が確定し、来週から行われる関西年間総合優勝チーム決定戦への出場権は獲得している。今回の相手は、同勝ち点、得失点差で後ろにつく関学大B1。この頂上決戦を白星で飾り、リーグ戦を締めくくりたい。

降り続いた雨も上がり、キックオフ。開始すぐにコーナーキック(CK)のチャンスからMF下村浩太(経3)が中央に抜け出し、力強く蹴り入れた。先制点とはならないものの、最終節にかける強い気持ちが現れた。またすぐにMF長尾拓実(経4)、DF赤澤孝平(人3)、MF笹倉蓮(経4)の細かいパスワークから高橋晃平(情2)へラストパス。これはオフサイド判定となったが、積極的なプレスでゴールへ近づく。そして15分、歓喜の瞬間は訪れた。DF難波慶克(経3)からのロングパスがFW田上怜(法4)へ。最後は反応した高橋が抜け出しゴールネットを揺らした。しかし、その後激しいボール奪取が繰り広げられる中、裏を取られて同点に。そのまま後半戦へ持ち込んだ。


▲高橋


▲赤澤


▲笹倉


▲田上


▲俵

勝負の後半戦は開始早々、危機が訪れた。自陣でパスを回され、正面からロングシュートが放たれる。GK鴨川優斗(政策2)が大きくジャンプし、片手で弾き出して逆転は免れた。15分には笹倉に代わり、クロスボールに優れるDF唐山勝任(社4)を右サイドに投入。左サイドの俵とともに攻撃の起点となった。しかし、後半残り20分、連続失点を食らい1ー3と引き離される。2点を追う関大ULTRAS。ここで、「いつ出ても準備はできていて、高橋とはまた違うタイプで得点力もある」と古橋コーチも話すFW大久保優(商2)を投入。一気にチームに勢いが増すと、フリーキック(FK)からの混戦を大久保が押し込み1点差に迫った。

▲唐山


▲大久保

残りわずか5分、されど5分。あと1点を追うチームが諦めない懸命な走りを見せる。しかし、ここで難波がイエローカード2枚で退場を余儀なくされ数的不利に。相手CKのピンチも乗り越え最後までゴールを狙ったが、1点は遠く敗北となった。結果、Bブロック2位で優勝トーナメントに進むことが決定した。

「結果が全てだから」(笹倉)。関大ULTRASも残すは、優勝トーナメントのみ。勝てば、全国へ近づく。負ければ4年生は引退。今年度の関大ULTRASがプレーを続けるには、勝つしかない。関大サッカー部の誇りを胸に、全員で戦い抜くのみだ。【文/写真:西井奈帆】

▼古橋コーチ
「ゲーム内容自体は悪くなかった。だけど残り5分、あと1点という場面で退場選手が出て全てが終わってしまった。相手はフリーキックの精度も、ボール展開の回し方もいいチームだとはわかっていた。前への動き出しはうまかった。2失点目は裏を抜け出され個人を剥がされていたので個人の守備をもう少し強くしないといけない。左サイドの俵のところはすごく戦えていた。そこから何本もチャンスはあった。ボールを持った時に近いところで繋ぎすぎて、すぐ取られるというのがあったので、もう少し広く使えたら、自分たちの時間帯が増えていく。高橋も決めるところは決めてくれたから、俵からのクロスで入れれるところはあった。大久保はいつ出ても準備はできていて、高橋とはまた違うタイプで得点力もある。(次に向けて)攻撃と守備の確認をもう一度しっかりしていけば、悪い試合にはならないと思う。フィジカル面はもう少し必要だけど、とりあえず今はチームで守るということを考えながらできたらいい」

▼笹倉蓮(経4)ゲームキャプテン
「今日の試合に勝つことで次のトーナメントをホームで迎えれるかなども変わってくる。その中で絶対勝とうという意識で練習にずっと取り組んできた。それでも結果、甘かった。結果が全てだから。(交代後)誰が試合に出てもやってくれると信じていた。ベンチからも声をかけてできることはしようと思った。(次に向けて)11人しか出れない中で、全員の思いを背負って戦う意識を持って、1分1秒無駄にしないで練習して試合に臨むだけ」