【アイスホッケー】2桁得点で京産大下すも笑顔なし。リーグ後半ではさらに圧倒したホッケーを目指す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第64回関西学生リーグ戦第5節対京産大◇10月3日◇関西大学たかつきアイスアリーナ◇

【第1P】関大2―0京産大
【第2P】関大4―0京産大
【第3P】関大5―0京産大
【試合終了】関大11―0京産大

今回の相手は関西4強(関大、同大、立命大、関学大)より少し劣る京産大。前節で課題となった「立ち上がり」を意識して試合に臨むも第1Pは2得点どまり。その後もシュート精度を欠いた場面も見られ、試合は2桁得点で快勝するも試合後のコーチ、選手からのコメントは反省の弁が多かった。

課題とされる第1P。安田歩実(人3)が、ブルーライン付近からフリーで初シュートを放ったが得点には至らなかった。その後は関大ペースで試合が進み、先制点が生まれたのは3分。三浦詰平(人2)、高井優希(社1)とパスをつなぎ、1年生ながら第2セットのロウラー和輝(商1)がブルーライン付近からシュートを放つとこれがゴールに収まる。

しかし、その後は「少し流れが良くなかった」と土居功弥主将(人4)が振り返ったように、パワープレーなど有利な状況に持ち込み20本以上シュートを放つも、なかなか追加点に結びつけることができない。そんな中、残り3分となったところでエンド・フェイスオフ・サークル付近にいた鈴木大貴(人3)からのパスに今野誓也(文1)が反応。ゴール前でGKとの1対1を決め切り、追加点を奪った。しかし、その後は得点を奪えず第1Pをこの2得点のみで終える。

 

試合の流れを変えたい第2P。2分にゴール前にいた佐々木快(情2)がブルーライン付近から工藤雅基(経1)が放ったシュートの方向を変えゴール、その40秒後には鈴木が左サイドから打開し得点を奪う。出だしから2点を奪い、一瞬流れが傾きかけたかに見えたがうまくはいかない。

第1Pでは京産大をシュート1本に抑えていたが、パックをゴール前まで運ばれる場面も目立つ。第2P合計で8本のシュートを食らい、前節から出場を控えている正GK沼田智也(人2)の代わりに守護神を務める大塚玲央(政策4)が、1対1に持ち込まれるなど危ない場面もあったが好セーブを連発し、なんとか失点は免れる。

最終Pではセットメンバーを大幅に変更。「一人、一人コミュニケーションが取れ、流れを取り戻せた」(土居)。その言葉通り、得点ランキングでトップに立っている三浦の最終P早々のゴールを皮切りにこのピリオド5得点。第1セットの佐藤順仁(人4)が3アシスト、佐野優(文4)がこの日2ゴール目を決めるなど躍動する。

12分には「いつかやってみようと思っていた」と土居。DFの土居が敵陣深くまで攻め込み、相手ゴール裏を駆け抜けゴーリーに近づくとそのままスピードを落とすことなくシュートを決める。驚きのゴールに「うぉっ」とベンチ、観客席で見ていた仲間も思わず声を挙げ今日一番の盛り上がりを見せた。守備の面でも第2Pのような危ない場面は見られず、2桁得点でシャットアウト勝利とした。

試合後、大迫コーチは試合を振り返り「全然だった」。副将で第1セットの佐野も「並なプレーしかできていない、看板セットがもっと点を取っていかないといけない」と試合内容に不満を漏らした。リーグ5戦が終わり、一通りすべての大学と対戦。次戦から2周目となるとなる。「もっといいホッケーができる」(土居)。後半戦はさらに圧倒したホッケーに期待したい。【文/写真:三木勇人・奥井健太】

▼大迫コーチ
「スコアはずっと意識している。シュートチャンスが多い試合になるのは分かっていたのでスコアに関してはずっと言っていた。(試合内容は)全然ですね、シュートも枠に入らないし、走れていない。そもそもモチベーションがあるかだと思う。判断が遅い、早く離すところは離せばいいし、足も止まっている、だからパスが引っかかったり、攻め込まれたり、一生懸命やる意識がないので守りもちゃんとやればすぐとれるところをずっと攻め込まれたりキープされたりしている。相手関係なく自分たちのやるべきことをきちんとしないとどこであろうとピンチも増えるしスコアも奪えない。セットはある程度は固めてはいたが今日のゲームで使えないと思ったら変えていった。(後半に向け)このリーグで勝つのは当然。そこに照準を置いてしまうと今日みたいになってしまう。それではなくて1試合、1試合どういう目標をもってやるのかというのを残りの試合、個人、セット、チームがそれぞれ持ってやっていかないと自分たちのモチベーションをキープできないと思うので高い意識を持ってやってほしい」

▼土居主将
「前回、立ち上がりが良くなくてそこを意識して今日やったつもりだったが逆に選手の動きが硬くなってしまい、2点しか取れず少し流れが良くなかった。2Pもそんなに良くなくてラスト20分で立て直し、スピード感あるホッケーができたのかなと思います。全体通して良い試合ではなかった。攻められるのもそうだし、自分たちのプレーの精度もいい試合に比べれば良くなかったしスピードもなかった。関西のリーグであったらスピード感あってパス、レシーブとか細かいプレーをもっと突き詰めればもっと点差がつくと思う。それができなかったのが今日の反省点。(セットメンバーの変更があったが?)3Pでかなり変わって選手一人、一人コミュニケーションが取れてそれが得点にもつながり、流れを取り戻したと思います。(自身のゴールは)練習通り。ディフェンスであんなところまで攻めるのは普段はないがいつかやろうと思っていた。(前節から小竹凌(商3)選手が復帰)アイスタイムもそんなに多くないんですけど、本人も練習から意識して細かいプレーをやったりベンチでも盛り上げたり、一番ベンチの中では声を出している選手だと思う。そういう小さい積み重ねがプレーに反映されると思うのでこれからもっとがんばってほしい。(後半戦に向け)もっといいホッケーができるし圧倒できる。試合前の準備もそうだしピッチでみんなと声かけながらもっといいゲームをやっていきたい」

▼佐野副将
「1Pは、自分たちの流れでプレーできなかった。特にどこか改善したわけでもなかったが、ただ淡々と点数が入った。勝ちゲームにはなったが、この相手にこのようなゲームしていたらいけない。僕たちのレベルからしたらまだまだできると思う。こういう相手には快勝しないといけない。チームとしてはいい時と悪い時の波が激しい。そのムラをなくしていかないと僕たちが目指しているところには近づけないかなと思う。自分自身としても、練習通りって感じ。良くもなく、悪くもなく、並なプレーしかまだできていない。(今日の内容は?)自分は1セット目で看板セット。そのセットがもっと点を取って優位にゲームを進めていかないといけない立場。点数の量が足りていない。ぼくとか上回なので中心となってスコアリングしていかないとチームの流れは良くなっていかないと思う。収穫はない。反省は、1P最初からギア上げて自分たちのホッケーができていなかったのは反省。どんな相手でもスタートから自分たちのホッケーをしていかないと。(今後は)改善するところが多すぎてどれがどれとか言えない。折り返しで、インカレまで時間がない。練習から1人1人がインカレに向けて、プレーするという意識をもっていかないと後半も苦戦するゲームも出てくる。チームのムラも良くなっていかない。自分たちの目標を一回ずつ再確認して、練習に取り組んでいきたい。(次に向けて)練習1回しかないが、スペシャルプレーなどの細かいところを詰めて精度を上げて行きたい。そうすると苦戦はしないと思う」