【ソフトテニス】要所をものにできず2敗目。リーグ3位で終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ戦2日目◇9月24日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大2―1立命大
薮内・中崎 4―1
田中    4―0
西岡・古田 1―4
【5戦目】関大0―3神松蔭大
薮内・中崎 2―4
田中    3―4
西岡・古田 3―4

【結果】3位(3勝2敗)

西カレ、インカレのリベンジは果たせなかった。初日、インカレで敗北を喫した天理大に敗北。最終日の今日は勝った方が優勝という状況で、西カレでの因縁の相手・神松蔭大と対決した。しかし、「一本取り切る力が足りなかった」と西岡真里華(文3)主将が振り返るように、接戦を落とす。結果は0勝3敗と天王山を制することができず。去年秋リーグからの3連覇とはいかなかった。

昨日を2勝1敗で終えた関大。優勝には今日の2戦全勝は必須条件だ。この日最初の相手は立命大。まずは薮内祥子(人2)・中崎萌(文2)がコートに入る。コースを狙った薮内のフォアハンドで、主導権を握ると一気に流れに乗る。1ゲームしか奪われず勝利を収め、チームに勢いをもたらす。田中純(人3)は本日もシングルスに登場した。相手のコースを突くラリーにもしっかり食らいつき、実力通りの働きを見せる。パーフェクトに相手を抑え、関大の勝利を決めた。西岡・古田麻友(人1)組は、西岡にボールを集められ苦しい展開が続く。古田も好機を伺うがなかなか訪れない。徐々に離され、最後はネットにかかる不運なボールで敗北が決まった。

最終戦の相手は、神松蔭大。勝った方が優勝という大一番だ。関大はメンバーを変えず挑んだ。薮内・中崎組は薮内の強気のラリーでゲームを展開。ガッツポーズも見せ、流れをつかみ、開始2ゲームをものにする。だが、その後はデュースを取れない場面が続き4連続でゲームを取られ逆転負け。重い1敗がのしかかった。もう負けられない状況でエース・田中がコートへ。序盤、連戦の疲れもあるのかショットが定まらない。相手の展開でゲームが進む。1-2となった第4ゲーム。ここで勝負強さを見せた。何度もゲームポイントを握られるが、必死に食らいつく。ネットインにも恵まれこのゲームを取り切る。だが、次のゲームを1ポイントも取れずに勝負はファイナルへ。ファイナルでも流れは相手側だった。次々にショットを決められ1-5と離される。しかし、このままでは終わらない。何とか食らいつき3連続ポイントで盛り返す。いつもにも増した応援を背に、強気のテニスを貫いた。2度マッチポイントを握られるがしのぐ。だが、最後は田中のボールがアウトになり試合終了。関大の優勝の可能性が消滅した。

優勝は逃したが、「来年春、インカレに向けて気を引き締めていける」(西岡)とその目は先を見据えている。秋には個人戦が控えている。多くの経験を積み、春に一回り大きくなった姿で挑む。【文/写真:松浦 智】

▼西岡
「初日の1試合目はあまり調子が良くなかったが、今日の最後の試合とかは良かった。(第1戦の相手について)プレースタイルがあまり会わなくてやりづらかった。リーグ連覇のプレッシャーはあまりなかった。ただ、大事なところで一本取り切る、そういう力が足りなかった。他大学のなかにも強い4回生はいた。ただこの秋リーグは引退されているので勝ちを取りに行くことができたと思う。(3位という結果について)満足はいかない。でも、この結果で来年の春、インカレに向けて気を引き締めていけると思う。これからは、体力面の強化やヒヤリングをしていきたい」