【ソフトテニス】西岡ソフテ始動!2位で明日逆転Vつかむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ戦1日目◇9月23日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大1―2天理大
西岡・古田 2―4
田中    4―1
薮内・中崎 2―4
【2戦目】関大2―1千里金蘭大
西岡・古田 4―0
田中    4―0
藤木・阿久根 4―1
【3戦目】関大3―0関学大
薮内・中崎 4―2
田中    4―3
西岡・古田 4―3

4年生が引退し、西岡真里華新主将(文3)を中心に新たな代がスタート。初陣となる秋リーグは、初戦の天理大に黒星をつけられるも残り2戦は全勝で1日目を終えた。2勝1敗の2位で、明日の逆転優勝を狙う。

初戦の相手は天理大だった。西岡・古田麻友(人1)組は、西岡のラリーを中心にゲームを組み立てた。古田もしり上がりに調子を上げ、ボレーやスマッシュでポイントを奪う。だが、5・6ゲームと相手のパッシングに苦しみ敗戦となった。続くシングルスには全日本インカレを制した田中純(人3)がコートに入った。相手がのびのびと打ってくるが、女王は動じなかった。アンダーカットにも対応し、実力通り快勝をものにする。勝ちが決まる重要な局面を迎え、薮内祥子(人2)・中崎萌(文2)組を送り出す。薮内がロブで繋ぎ、中崎が決める形でリードするが、勝負所でポイントを奪えない。後半には相手前衛に捕まる苦しい展開。何とかポーチにも食らいつくが及ばず。インカレ団体のリベンジは果たせなかった。

初戦を落とし、次の相手は千里金蘭大だった。「経験を積ませたかった」と1年生・阿久根麻尋(文1)を加え挑んだ。西岡・古田組は、西岡のフォアハンドで押していく。終始優位に立ち4-0の完勝だった。田中も1ゲームも奪われることなく続く。勝利が決まり、藤木陽奈(人3)・阿久根組がコートへ。ダブル後衛(2人がラリーで展開する陣形)でストロークを展開した。浅いボールに対応できず、序盤はリードを奪われる。しかし、中盤以降は有利に進め全勝で2戦目を終えた。

この日最後の相手は関学大。薮内・中崎組は中崎のボレーが好調だった。バックボレーやポーチで確実にチャンスボールをものにした。相手のカットサーブに手を焼く場面も見られたが、最後は試合を制した。シングルスの田中は、2-1とした第4ゲーム。不運なネットインもありここから2連続ゲームを取られ追い詰められる。だが、次のゲームを取るとファイナルでは地力を発揮。全勝で第1日を終え、関大の勝利に貢献した。西岡・古田組は、互いに取り合いファイナルへ。相手の前衛に捕まり1-6とされるが、あきらめない。西岡が粘り、古田が決め5連続ポイントで盛り返す。最後は相手のショットがラインを超え試合終了。初日をいい形で締めくくった。

開幕黒星スタートも、第3戦ではシーソーゲームを制した関大。エースの田中は、全勝と思う存分実力を発揮した。明日は立命大、そして今日唯一全勝の神松蔭大を迎える。昨年秋からの3連覇に向けて。西岡ソフテ最初のヤマ場を迎える。【文/写真:松浦 智】

▼西岡主将
「去年秋春優勝という流れで来ている。だが、代が変わったのでプレッシャーはない。ずっと同じコートでできるのでむしろいい。1試合目天理大に対して1試合目で出場したが、負けてしまった。だが、全体としては次につながる1日目だったと思う。(2試合目オーダーを変えたのは?)1年生の阿久根に経験を積ませたかったのでオーダーを変えた。天理大には負けたが明日全勝すれば、優勝できる。全勝ではないのは残念だが切り替えていきたい。神戸松蔭大が山になってくると思う絶対に勝ちたい」