【卓球】全勝対決制せず。2部2位で2季連続の入れ替え戦へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第6日目対京産大◇9月14日◇ベイコム総合体育館

関大0―4京産大

S1杉山 1(7-11、12-10、7-11、8-11)3
S2 持田 0(9-11、5-11、2-11)3
S3増田 1(11-13、11-8、3―11、8-11)3
D1 持田・坂根 2(9-11、6-11、11-5、11-7、6-11)3

苦戦を強いられる日があったものの、全勝で最終日を迎えた卓球部。『2部優勝』の目標を達成するためには、同じく全勝の京産大を撃破しなければならない。勝利を収め、1部の舞台へ返り咲きたい。

大事な初戦を託されたのは、1年生杉山孝知(社1)。全勝同士の対決ということもあり、第1ゲームから壮絶な打ち合いが続く。しかし、相手のショットの勢いを抑えることができず簡単に1ゲームを許してしまう。続く第2ゲームでは先行する展開が見られ、デュースに持ち込まれるも確実にポイントを奪いゲームカウントを1-1の5分に戻す。第3ゲームでも開始から強いフォアで攻めていき3連続ポイントでリードする。しかし、徐々にミスが目立ち始め、逆転を許すと立て直せずまたもや1ゲームを先行されてしまう。すると勢いを失ってしまったのか流れを取り戻すことができず1敗目を喫した。

成績を5分に戻したい第2シングルスには持田憲大(経3)が登場した。開始から相手を左右に振っていく。しかし、杉山同様流れに乗ることができない。第1ゲーム序盤は、リードするも徐々に相手に差し込まれると逆転を許し、このゲームを落とす。第2ゲーム、第3ゲームでも強打に太刀打ちできず、2敗目となる。

勝つしかない第3シングルスには増田隆介(社2)が起用された。第1ゲームはリードを許すも、デュースへと持ち込む。しかし、最後はショットがネットにかかりゲームカウントを0―1とされる。巻き返したい第2ゲーム。バックを打ちこんでいき確実に得点を重ねていく。相手のミスにも助けられ、ゲームカウントを5分に戻す。しかし、第3ゲームでは、強いストロークに屈し、3ポイントしか奪えなかった。続く、第4ゲームは、中盤まで粘りを見せたが、最後は力強いショットにまたもや対応できず、初勝利とはならなかった。

もう後がない第1ダブルスには持田・坂根翔大(経2)が登場。坂根のサーブで相手を翻弄(ほんろう)していくが、ミスが目立つ。相手のネットインが決まるなど、運を味方につけられず、1ゲーム目を落としてしまう。第2ゲームでも相手に先行され、6-11で2ゲームを連取される。もう1つも落とすことができない第3ゲーム。積極的に強打で攻め込んでいきリズムをつかむ。相手が圧倒されたのかミスが増え、このゲームを制す。すると、勢いは衰えず次のゲームも奪った。運命の最終ゲーム。開始から2連続ポイントを決めるも、ミスを連発してしまい流れに乗り切れない。そのまま、相手に先行される展開が続き4-10とマッチポイントを握られてしまう。そこから2ポイントを連取したが、最後は坂根のフォアがアウトとなってしまい試合終了。今季初黒星となった。

目標であった『2部優勝』は果たせなかったが、まだ1部昇格のチャンスは残されている。
入れ替え戦に向け「実力以上のものを出したい」と渡邊賢太主将(法4)。男女とも1部で戦うために入れ替え戦での勝利は必須だ。【文/写真:奥井健太】

▼渡邊賢太主将(法4)
「自分たちは2部で相手は1部から落ちてきたチーム。向かっていく気持ちをもっと出していかないといけなかった。16日の入れ替え戦に勝って、1部昇格を成し遂げたい。(リーグ戦を振り返って)今回快勝は少なかった。1部に上がるには実力が足りない。応援とかサポートとかも。(入れ替え戦では)実力以上のものを出していきたい。次の相手は1部なので、実力がある。向かっていく気持ちで100%以上の力を出したい。勝ちたいと思う」