【卓球】死闘を制し、全勝で1部昇格!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ戦最終節対大経法大◇9月4日◇ベイコム総合体育館◇

【試合結果】関大4―3大経法大

ここまで4連勝の関大。この最終戦に勝てば1部自動昇格、負ければ入れ替え戦となる。接戦が予想されるが、勝って全勝で1部昇格を決めたい。

大事な第1シングルを任されたのは、主将・村中。スマッシュが次々と決まり、2セットを連取する。

IMG_4615w

続く第3セットは序盤からリードをされ、8-4の4点差をつけられるが、そこから怒涛(どとう)の7連続ポイントを奪った。ストレート勝ちで初戦をものにする。

IMG_4583w

第2シングルは今井が登場。何度もスマッシュを決めるものの、力及ばずセットカウント1-3でこの試合を落とす。

IMG_4740w

第3シングルスは1回生・持田。

IMG_4814w

チームの流れを立て直したいところだったが、レシーブミスを連発。ストレート負けを喫してしまう。

何とかここから挽回したい関大。第4試合のダブルスに登場したのは今井・中村だ。

IMG_4875w

第1セットを先取するも、試合はフルセットに。序盤から相手に攻め込まれ、3-10で先にマッチポイントを握られる。粘りを見せ1点差まで追いつくが、まさかの敗北となった。

第5試合には3年生・岸本が登場。第1セットは4点差をつけられるが、終盤の6連続ポイントで逆転に成功。

IMG_5016w

このセットをものにし、岸本の気合の叫びが会場中に響き渡る。

IMG_5182w

その後1セット返されるが、セットカウント3-1で勝利した。

同時進行で行われた第6試合はエース・中村。

IMG_5207w

フルセットにまでもつれこむが、中村が勝利。ゲームカウント1-3となり、後がなくなった関大だったが、岸本、中村の2連勝で最終第7試合に持ち込んだ。

その試合を託されたのは1年生・原。「すごく緊張した」と振り返ったが、2セットを連取する。

IMG_5247w

その後1セットを取られるが、第4セットはいきなり5連続ポイントを奪うとそのままリードを守り切った。セットカウント3-1で試合終了。1年生ながら落ち着いたプレーを見せ、関大の1部昇格に貢献した。

最終ゲームまでもつれこむ大接戦を制した関大。今日で4年生は引退となるが、「最高の結果で終わることができた」と主将・村中は振り返った。来季からは再び1部の舞台に復帰する。1部常連校を目指した挑戦が今、始まった。【川﨑恵莉子】

IMG_5355w

▼村中主将
「最終戦で全勝対決だったので、まず自分が出て、勝ってチームを勢いづけようと思った。ゲームカウント2-2で後半にまわす予定で、ダブルスが勝てず痛かったが、後半のみんなが切り替えて頑張ってくれたおかげで、勝利につながった。1回生の原はすごくメンタルが強い。来年に期待できる。今日で小学校から続けてきた卓球はいったん一区切り。ずっと頑張ってきたが、最後は最高の結果で終わることができた。後は後輩たちに頑張ってもらいたい」

▼原
「最後の試合はすごく緊張した。昨日のオーダーを考える時でも相手が強いと分かっていたので、ラストで任されたときは自分に回ってくると準備はしていた。ダブルスを取られたときは、負けそうにもなったが、後半のシングルスの中村さんと岸本さんが頑張ってつないでくれた。やるしかないなと思って、特に何も考えず、がむしゃらに戦った。今回のリーグは厳しい戦いもあったが、チーム全体で優勝することができた。せっかく4回生がつないでくれたものを無駄にしないよう、来季のリーグ戦で1部に残れるように頑張りたい」