【卓球】ストレート勝ちで、開幕2連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生春季リーグ戦第2日目対神大◇9月7日◇横大路運動公園体育館

関大4―0神大

S1各務 3(11-13、3-11、16-14、11-4、11-6)2
S2坂根 3(12-10、11-7、8-11、16-14)1
S3杉山 3(11-6、11-8、11―13、9-11、11-4)2
D1坂根・持田 3(11-7、11-6、11-9)0

開幕戦では、1敗を喫したものの白星発進となった関大。『2部優勝』へ向け、神大にもしっかりと勝ち切りたい。

第1シングルスに登場したのは各務博志(人2)。第1ゲームは、接戦となったが取り切ることができず。続く、第2ゲームでも勢いを止められず、3得点のみでゲームカウントを0―2とされてしまう。次のゲームは長いデュースへもつれ込むも、強烈なフォアを決めていき何とかものにした。第4ゲームでも勢いは衰えず、4点しか与えなかった。運命の第5ゲーム。2ゲームを連取した勢いそのままに確実に得点を奪っていく。最後は、強烈なフォアが決まり試合終了。まずは1勝を挙げた。

第2シングルスの坂根翔大(経2)は第1ゲームでは接戦が続いたものの、最後にチキータを決め、先手を取る。続く第2ゲームでは、4-7と一時劣勢に立たされるが、サービスエースなどで7連続ポイントを決め、このゲームもものにした。次のゲームは、落としたものの、第4ゲームでは、5度のデュースへもつれ込んだが、最後は相手のフォアがアウトとなり、しっかりとエースの役割を果たした。

第3シングルスは、春リーグから出場している1年生杉山孝知(社1)。春リーグで好成績を収めた経験で危なげなく2ゲームを連取する。しかし、相手にリズムをつかまれてしまい第3ゲーム、第4ゲームと連続で落としてしまう。フルゲームにもつれ込む接戦となったが、集中力を切らさず最終ゲームでは相手を圧倒。5連続ポイントなどで3勝目を挙げた。

ストレート勝利がかかる中、第1ダブルスにはこの日も持田憲大(経3)・坂根組が登場。
息の合ったプレーを展開していくと11-7で第1ゲームをものにする。すると、勢いそのままに2ゲームを連取した。第3ゲームは一時先行されたが、エース・坂根の持ち味であるフォアで確実に得点を決めていき、開幕2連勝となった。

試合後、「苦しかったが、良く取りきってくれたと思う」と渡邊賢太主将(法4)は、選手をねぎらった。2季ぶりの一部昇格へ向け、残り3戦を全員で戦い抜く。【文/写真:奥井健太】

▼渡邊主将
「相手は前半に強い選手を固めてきていた。苦しかったがよく取りきってくれたと思う。関大には坂根という大きい一本があるので相手はそこを避けてきがち。実際、強い選手をS1、S3に固めてきた。うちも坂根を前半に置くと強い選手が前半に固まってしまうがしっかり勝ってくれたと思う。収穫はそこまでない。ちゃんと勝ち切れたことは良かった。しかし、1本1本のミスが多かった。連続したプレーでのこっちのミスが多かった。今日以降強い相手との対戦になって来るのでミスを減らせるかが課題になってくると思う。サーブ、レシーブに重点を置いて練習していきたい。ミスを減らせるようにしていきたい。この後もけっこう苦しくなるがしっかりと勝ち切りたいと思う」