【テニス】念願のリーグ初制覇達成!!次は全国の舞台へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦最終戦対関学大◇9月10日◇江坂テニスセンター

○ D1 越野・大野菜2(6-3、7-5)0栗本・前田●
● D2 橘・伊藤0(3-6、5-7)2観音堂・藤原○
○ S1 越野2(6-2、6-0)0栗本●
○ S2 橘2(6-3、6-4)0窪村●
○ S3 沈2(6-1、6-2)0前田●

関大4-1関学大

いよいよリーグ初制覇まであと1勝としたテニス部女子。相まみえるのは昨年2-3と悔し涙を流した関学大だ。今年の関関戦では勝利を収めたものの、相手は昨日園女大を倒し逆転優勝へ向け、勢いに乗っている。お互い優勝を懸ける最高の舞台で宿敵と対峙した。

1面展開で始まった本日のダブルス。昨日リーグ戦で初めて勝利をもぎとったD2の橘彩音(経3)・伊藤優花(人1)がまず登場した。互いにキープしあい3-4とするも第8ゲームに初めてブレークを許すとそのままファーストセットを先取される。夏関ベスト4に入った強敵になんとか盛り返したい第2セットは5-5と食らい付く。しかし、最後は相手の息の合ったテニスを見せられ敗戦。相手に先手を打たれる。

なんとか得意のシングルスでタイにつなぎたい場面でコートに入ったのはいまだリーグ戦無敗の越野菜摘(文2)・大野菜々子(社1)組。後1敗すると勝利するにはシングルスで全勝しなければいかなくプレッシャーがかかる場面だったがここでも二人は勝負強さを発揮する。第1セットを先取し迎えた第2セット第11ゲーム。5-3から2ゲーム連取され、相手に流れが行きかけたが大野のバックハンドのウィナーや、越野が2連続ボレーを決めるなどブレークに成功しそのままの勢いで勝利を奪った。

初めてリーグ戦でシングルスの舞台に立ったのはS2の橘。初戦のダブルスで転倒した影響によりシングルスを控えていたが最終戦で満を持して登場。「昨日の夜からどうしよう」という不安があった橘だがその言葉とは裏腹に序盤から快調なスタートを切る。ラリーをコントロールし相手を翻弄(ほんろう)。第1セットを奪取すると第2セットも5-2とリ―ドする。しかし、勝利まであと一歩のところで「勝ち急いでしまった」。ダブルフォルトなど単純なミスが増えゲームを連取されるもここで崩れないのが橘。最後のゲームはネットプレーでのポイントもありラブゲームで試合終了させた。苦手だという団体戦だったがここ一番の起用に応えチームに貴重な1勝をもたらせた。

橘の勝利により創部初制覇へ王手をかけた関大。隣のコートで試合をしていたS2の沈清河(法2)は春関、夏関ベスト4の実力を見せ相手を圧倒。いつもと同じように得意のラリーでアグレッシブに攻め、空いたスペースに攻めていく。合計3ゲームしか許さない完勝を収め、試合ではいつも表情を崩さない沈も笑顔がこぼれた。そしてリーグ戦通していつもベンチコーチに入ってくれた鎌田琴衣(社2)と最高の笑顔で抱擁を交わし、リーグ初制覇の喜びを分かち合った。

リーグ初制覇を決めたがS1の越野も気を緩めることはない。強烈なフォアハンドを武器にリズム良くポイントを重ね、相手に付けいる隙を与えない。ストレートで試合を片付けリーグ通してダブルス、シングルス全勝の大車輪の活躍を見せた。

創部初のリーグ制覇を成し遂げたテニス部女子。他大学と違い部員が少なく、困難な状況もあったがその分チームでの親密性は高まった。リーグが始まる前にはただひとりの4回生である小山葵主将(社4)に下級生からサプライズケーキを送るなど「1回生から4回生まですごく距離が近くて良い雰囲気ができていた」と小山。一ヶ月後の王座でもそのチーム力を生かし全員で全国の頂点をつかみにいく【文/写真:三木勇人】

▼小山主将
「(優勝できて)うれしい。自信はなかったが優勝に近いという実感はあった。人数が少ないので日頃の練習からみんながすごく近い距離で意見交換していたのでチームはすごくまとまっていた。優勝できた要因はリーグ期間通して他の大学よりも一番仲が良いのは感じていた。1回生から4回生まですごく距離が近くて練習中とかも良い雰囲気でできていた。そういうのがリーグを迎えるにあたってすごく空気がよかったと思う。(昨年と変わったことは?)去年は4回生が5人と多くて4回生が主力だったが今年は結構1、2年生が活躍してくれて元気があった。(4回生が一人で不安は?)プレッシャーはあったがみんなが『私に優勝スピーチをさせたい』すごい言ってくれた。リーグ前日とかもみんながホールのケーキを作ってくれて私が一人だからこそ下も主体的に動いてくれていたと思う。(橘さんのシングルス起用は?)中塚と橘のオーダーで悩んでていてコーチとも話していたけど最後は部員で話し合ってコーチに伝えた。(今後の意気込みは?)王座まであと一ヶ月くらいで今よりももっと強いチームになってレベルアップしてケガで休んでいる選手も全員もどってきてベストな状態になって日本一を目指していきたい」

▼橘
「リーグ優勝できてうれしい。めっちゃ緊張していました。昨日の夜からシングルス出るって決まってて明日どうしようと思っていた。団体戦が高校の時から得意じゃなくて不安もあった。(シングルスへはどういう気持ちで?)ダブルスで越野が取ってくれて、今までずっと負担をかけていたので最後くらい楽な状態で臨ませてやりたかった。越野、沈が強いので二人も『彩音さん思い切ってやってください』と言ってくれた。試合は5-2から勝ち急いでしまった。今日は全体的に落ち着いて考えてプレーできていたし、ミスがすくなかった。(課題は)ダブルスはしっかり取ることと、決めにいくボールを決められなくて少しグダグダとなったので、それとサーブも入れてるだけなのでしっかり打っていきたい。(王座では)今までずっと準決勝の壁があったのでそれを破れるようにしたい」

▼大野菜
「夏関優勝してインカレとかにもダブルスで出れなかったんですけどリーグに向けてすごい自信になった。(リーグ戦は)すごい緊張したけど高校の時から団体戦は好きなのですごく楽しんでできました。(ビハインドで入ったがどういう気持ちで?)1-1で回すことができたらシングルスはすごく堅く勝つことができると思うのでシングルスの人にプレッシャーがかからないようにしようと思って入った。(第2セットは接戦の展開だったが?)ここまで楽な試合じゃなくてそれでも勝ってきたので競っていたら十分にいけると思っていました。(課題は)まだロブの処理をペアの越野さんに頼りすぎているので自分からもっと拾ったり、スマッシュやドライブボレーをしていきたい。ここで試合に出れてうれしかった」