【フェンシング】リーグ戦、連勝で2日目につなげる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第65回関西学生リーグ戦・フルーレ1日目◇4月11日◇大山崎町体育館◇

【男子団体】
関大42ー37龍大
関大45ー17阪大

フルーレ、サーブル、エペと1ヶ月を超える長いリーグ戦が幕を開けた。2部優勝を目指す関大は、龍大と阪大との対戦となる。全勝で明日につなげたい。

初陣の龍大戦、最初に登場した島田が相手に1ポイントも与えずに5ポイント先取。一気に流れをつかむ。その後じわじわと追い上げられるも、板嶋と秋末主将が効果的に得点し、リードを許さない。中盤秋末が相手と互角の戦いを繰り広げ、両者無得点で交代した後、最後に登場した島田が終盤に4連続得点など躍動する。長い手足を生かした攻めや、接近戦の突きあいでポイントを重ね、42ー37で勝利した。

IMG_9735

続く阪大戦は、開始直後こそリードを許したものの、尻上がりに調子を上げる。島田の6連続得点や秋末の果敢な攻めもあり、45ー17と大差で勝利した。

IMG_0124

初日から力を見せつけて2勝を挙げた。明日は強敵の関学大など、3試合が控えている。「全体的に緊張して動きが固くなってしまったので、修正したい」(島田)。リーグ全勝優勝に向け、準備は整った。【笠井奈緒】

▼島田
「1ヶ月半という長いリーグの中で、男子は2部優勝、入れ替え戦で勝って1部昇格を目指している。2つ勝てたのでとりあえず良かった。龍大戦はお互いレベルが同じなので、ミスを無くすことを意識した。慎重に、最初勝てて良かった。阪大は収穫はないが、明日に向けて勢いがついたと思う。明日は2部に落ちてしまった女子もあるので、巻き返しのスタートだと思う。今日は全体的に緊張して動きが固くなってしまったので、修正したい。明日は2試合目の関学大が強敵。自分でしっかりポイントを取って冷静に戦いたい」