【野球】辛くも今季初白星。勝ち点奪取には打撃陣が奮起を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ戦第2節対京大2回戦◇9月10日◇皇子山球場◇

京 大 000 010 000=1
関 大 100 001 00×=2

(京)大山―村山
(関)山本―高橋佑

昨日9日開幕戦を落とした関大。4安打2得点に終わった野手陣に課題が残った。今季初白星に向けて打線爆発に期待がかかる。

先制したのは関大だった。1回裏、1死から2番阪本将太(法4)が右翼線を破る二塁打で出塁する。2死となり、打席に入ったのは今季から4番を務める倉川竜之介(文2)だ。倉川は外の速球を捉えると、打球は左中間へ。これが外野手の間を抜ける適時三塁打となる。初回から幸先よく先取点を奪い、先発の山本隆広(人3)を援護した。

落とせない2戦目のマウンドを託された山本は「調子が良くなかった」と振り返ったが、要所を締めたピッチングを見せる。4回まで京大打線に二塁を踏ませない内容で上々の立ち上がりとなった。

しかし、5回表。先頭打者にヒットを許すと、犠打と中前打などで2死一、三塁のピンチを招く。ここで打席には1番荒木を迎える。山本にとっては踏ん張りどころだったが、関西屈指の巧打者の方が一枚上手だった。しぶとくライト前に運ばれると、三塁走者が悠々と生還。同点に追いつかれてしまう。

早く勝ち越したい関大は6回。2つの四球などで2死一、三塁のチャンスを作る。ここで打席には、5番西田友紀(商3)への代打・前田悠(法4)。リーグ戦初打席となった前田の当たりはショート正面へ。これで3アウトチェンジかと思われたが、これを遊撃手が二塁へ悪送球。思わぬ形で勝ち越し点を手にした。

試合終盤に入り、テンポよくカウントを稼いでいった山本は8回、9回と得点圏に走者を進められたが、粘りのピッチングでしのぎ切る。7回以降追加点がなかったものの、最後までリードを守り薄氷の勝利となった。

試合後、早瀬万豊監督は「バットが振れていない」と険しい表情。ヒット5本2得点と元気のない打線に奮起を促した。また、唯一のマルチ安打となった山本は「自分が打ったことで(野手に)届いてくれたら」と苦笑いを浮かべる。

明日11日の12時から行われる第3戦。勝利のカギは、言うまでもなく打線が握っている。【文:嶋健太朗/写真:松山奈央】

▼早瀬監督
「昨日と同じように相手投手にはめられてしまった。バットが振れていないから打球が正面に飛ぶ。野手の奮起が必要。京大のバッターの方がよく振れている。山本の調子は普通。もともとフォアボールの少ないピッチャー。野手陣は同じようなことをしていたら難しい状態。打つ方がカギ。トーナメントじゃないからまだチャンスある。明日勝てればまだ何とかなるかな」

▼山本
「調子はよくない。試し試しで投げて相手の打者を見て考えすぎてしまった。6回からはどんどんカウントの取れるボールを投げて自分のペースで投げるようにした。球数も気になっていたので打たせていった。もともと援護のあるチームでないことはわかっているので、粘って点取るのを待たないといけない。1点取られた後に粘れたのはよかったと思う。(マルチ安打については)バッティングには自信がある。早いカウントからどんどん振っていっていい結果につながった。バッティングの方が調子が良かった。野手に自分が打ったことでエールみたいなものが届いたらいいと思う。(投球に点数をつけるなら)50点。フォアボールがないのはよかったけど、決めたいときにファールを打たれてしまって、相手に考えさせたいところを自分が考えてしまった。明日も出番があると思うので、最高の準備をして、ベストパフォーマンスをしたい」

▼倉川
「打ったのは真っすぐ。昨日は打てずに負けてしまったので、初回からランナーを還す気持ちだけで打席に入った。調子自体は悪くはない。ここから上げていけられたらと思う。チーム全体としては消極的になってしまっているので、積極的に振っていきたい。4番に入ってからは甘い球が来ていないので、絞らないと打たされてしまう。明日からはしっかりと整理して打席に入りたい」