【卓球】チームでつかんだ初勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ戦第2日目対大樟蔭大◇9月7日◇
関大4―2大樟蔭大
S1北岡 3(8-11、11-4、11-6、11―8)1
S2鈴木 0(9-11、4-11、11-13)3
S3赤川 3(7-11、11-9、9―11、12-10、11-2)2
D1朝野・冨田 1(14-16、11-7、9-11、4-11)3
S4南木 3 (11-4、6-11、11―6、6-11、11-7)2
S5冨田 3(11-2、13-11、11-9)0

秋季リーグ開幕戦は、黒星スタートとなってしまった卓球部女子。1部昇格のために何としてもこの試合は勝ちたいところだ。

第1シングルは、北岡さとこ(文2)。第1ゲームを落としてしまうが、その後は安定してポイントを重ね、危なげなく1勝を挙げる。

第1シングルスを取り、流れに乗りたい関大は第2シングルスで鈴木理布(社2)を起用。鈴木は勢いそのままに第1ゲームで一時6点のリードを奪うも、その後相手の8連続ポイントなどで逆転を許しこのゲームを落としてしまう。動揺してしまったのか、第2ゲーム以降ではミスが目立つようになる。第3ゲーム終盤で巻き返すも、ミスが響きストレート負けを喫する。

嫌な流れを断ち切りたい第3シングルスには赤川真理亜(化生1)が出場。試合は一進一退の攻防戦で進み、フルゲームまでもつれ込む。序盤に先制点を奪われるもそこから怒涛の攻撃で終わってみれば11-2の圧勝でこのセットを奪う。

第1ダブルスには、朝野郁香(社1)・冨田彩菜(情1)ペアが出場。第1ゲームは5回のデュースにもつれ込む大接戦となるが、あと一歩の所で落としてしまう。第3ゲームでも再び接戦の末ゲームを奪われると、巻き返すことが出来ず、2敗目となってしまう。

第4シングルスは、南木虹穂主将(法4)。第1ゲームを危なげなく奪うも、その後相手の攻撃に苦戦。フルゲームまでもつれ込む。運命の第5ゲーム。序盤に4連続でポイントを奪うなど、一気に勢いに乗った。そのまま、粘る相手を振り切り初白星へ王手をかける3勝目を挙げた。

第5シングルスに登場したのは、冨田。終始相手を圧倒し第1ゲームを奪うも、第2ゲーム以降は接戦となる。それでも、勝負所でしっかりとポイントを奪い、終わってみれば、3-0のストレート勝ちで今季初勝利を挙げた。

「今日は特にチームの雰囲気が良かった」(南木)。次戦からもこの勢いを維持して悲願の1部昇格へ勝利を積み重ねたい。【文:永津星斗/写真:野村沙永】

▼南木女子主将
「今日は勝ちにこだわらず、チームの雰囲気を昨日以上に重視して試合に臨んだ。その結果、例え大きな点差が開いていても声が出ていてよかったと思う。今日は赤川の勝利が一番大きかった。この試合は勝つことが出来たが、少しミスにこだわってしまう場面が多かった。次の試合からは、今日以上の試合をすることを目標に臨めば、必ず結果が付いてくると思うので部員みんなで意識していきたい。」