【テニス】『9-0』勝利ならずも、快勝!次節近大との優勝かけた大一番。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦対同大◇9月8日◇江坂テニスセンター

○ D1 林・柴野2(6-2、6-4)0飯島・大窪
○ D2 高村・島田2(6-0、6-3)0中山・山岸
○ D3 矢多・大野翼2(6-0、7-5)0伊達・福永
○ S1 山尾2(6-3、7-5)0飯島
○ S2 柴野2(6-1、7-5)0堀
● S3 加藤1(1-6、6-3、6(5)-7)2岩田
○ S4 竹元2(6-4、6-1)0佐伯
○ S5 林2(6-1、6-2)0大窪
○ S6 工藤2(6-4、4-6、6-2)1中山
関大8-1同大

ここまで3戦連続で目標としている「9―0勝利」を収めている関大。今日の相手は、同大だ。昨年は、9―0で勝利しているだけに完全勝利と行きたいところだ。

この日も3面展開となったダブルス。D3に登場した矢多弘樹(人4)・大野翼(経1)組は、この日も息の合ったプレーを披露。お互いにサービスエースが飛び出すなど相手を圧倒し、第1セットを1ゲームも与えずに終える。しかし、第2セットは、開始から2ゲームを連続で与えてしまう苦しい展開に。それでもチャンスボールで確実にスマッシュを決めていくなど息を吹き返し3ゲームを取り返す。だが、相手も引かず第11ゲームを前にスコアは、5―5。それでもタイブレークにもつれ込ませることはなく、7-5で2セットを連取した。

D2に入った高村烈司(商2)・島田達也(人2)組はさすがの安定感をみせる。第1セットをベーグルで取ると第2セットは最初こそブレークをされ2ゲーム連取されたが慌てることはない。2人で息の合ったテニスを見せるとそのまま4ゲームを連取するなど相手を突き放した。

D1には、3年生ペアの林大貴(社3)・柴野晃輔(文3)組が挑んだ。第1セットは相手の隙をついたショットを披露していく。わずか2ゲームしか許さず、このセットを奪う。続く第2セットは、相手も攻撃を仕掛けてきてなかなか先手を取れない。4-4とされるが柴野が、ボレーで相手の間を抜くなどしっかりと要所で決めきると、2ゲームを連続で取りダブルスは、3戦全勝を挙げた。

今日のS6に選ばれたのは先日リーグ戦初出場を果たした工藤丈寛(人3)。第1セットは序盤こそ先行され、1―2とされるがそこから3ゲームを連続で取り返し、息を吹き返すと5―4で迎えた第10ゲームにはサービスエースが飛び出し相手を圧倒し始め、このセットをものにする。しかし、第2セットでは相手に開始から3ゲームを連取され苦戦を強いられると一時は1ゲーム差に迫ったが、4-6でこのセットを奪うことはできなかった。第3セットは、第4ゲームを終え2―2となるが、ここから一気に4ゲームを取った。最後の2ゲームはデュースへともつれ込まさせず、6―2でフルセットの接戦を制した。

リーグ戦のシングルスではここ最近不安定なテニスを見せていたS5の林だが今日は相手に付けいる隙を与えない。相手に3ゲームしか与えない圧巻のテニスでチームに勢いをもたらした。

S4には竹元佑亮主将(商4)が出場。開始から2ゲームを連取するが、相手に2ゲームを取り返され波に乗ることができない。一時は3-4と引き離されるが、3ゲームを取り返しこのセットをものにした。第2セットでは「相手を抑えることができた」という言葉通り1ゲームしか与えずストレート勝ちを決めた。

この日一番の熱戦となったのはS3加藤隆聖(文4)だった。第1セットは、長いラリーなどを相手に決められる場面が見られ、1ゲームしか奪えずに終えてしまう。負けは許されない第2セット。加藤が第1ゲームを先取するも、連続でゲームを奪うことはできない。お互いがキープする展開が続き、3―3で迎えた第7ゲーム。ラブゲームを達成すると、次のゲームではブレークに成功。3ゲームを連続で奪い、勝負の行方は最終セットへ。第1ゲームからバックできわどいコースに決めていくなど確実に得点を重ねていくと3ゲームを連取する。しかし、その後は後手に回る展開が続き、5ゲームを一気に奪い返されてしまう。一本も落とせない状況となった第9ゲーム。ショットの1本1本を力強く打っていくとデュースにもつれ込ませることなくそこから2ゲームを返す。しかし、相手も引かず1本ずつブレークし、タイブレークへともつれ込む。積極的にボレーを仕掛け前に出るが、間を抜かれるなど苦戦を強いられ一時はスコアを3―6とされマッチポイントを握られる。その後、素晴らしいサーブを決めていき1点差に迫ったが、最後は加藤のストロークがネットにかかり試合終了。3時間越えの接戦を勝ち切ることはできなかった。

S2柴野は、第1セットを危なげなく簡単に奪う。続く第2セットでは、4―4で迎えた第9ゲームに長いデュースをものにすると、6-5となる。最後は相手のミスで試合を終わらせた。

1年生ながらS1に抜てきされている山尾玲貴(商1)は、第1セット開始から連続で3ゲームを奪うと、勢いに乗っていき6-3でこのセットをものにする。第2セットは、先手を取っていくも2-0から3ゲームを取り返されてしまう。リードされるも動じることはなく、第6ゲームを取り返すと3ゲームを連取する。しかし、相手も実力を見せ5-5まで追いつかれる。次ゲームでデュースを制し、迎えた第12ゲーム。ネットに当たったボールが入るなど運も味方につけると最後はリターンエースで試合終了。1年生ながらもしっかりと実力を見せつけた。

目標であった「9-0勝利」はならなかったが、「目指すのはあくまでも優勝」(竹元)。全勝対決となる近大戦でリーグ4連覇へ向け全力を出し切る。【文/写真:奥井健太・三木勇人】

▼竹元主将
「同大はいい選手がそろっていてタフな試合になることは覚悟していたし、やっぱりいいプレーをしてきた。こっちは引いてはいけないと思っていたが引いてしまう部分があった。(加藤の敗戦について)負けたのは一人の責任ではない。この負けが明後日の試合につなげられるようにしていきたい。試合の内容的には良かったが、やっぱり勝つか負けるかでは違う部分がある、相手が一枚上手だった。競った試合で勝ち切っていかなければならない。(自身の試合について)相手がいいプレーをしてきて、自分も引いてしまった部分があった。出だしは引いてしまって少し競ってしまった。後半は抑えられたと思う。今日は風もあって足をしっかりと動かさないとと思っていたが、少し横着してしまった部分があった。その影響で今日は軽い球になっていたように感じる。しっかりと相手を振り回して重い球を打てるようにしていきたい。(9-0の完全勝利は達成できなかったが)目標は目標。あくまでも目指すところは優勝。今日8-1で勝ったことを価値のあるものにして明後日に生かしていきたい」