【テニス】今リーグ戦初の全勝!明日の関学大戦でV決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦対神蔭女大◇9月9日◇江坂テニスセンター

○ D1 越野・大野2(6-3、6-4)0高山・勝田
○ D2 伊藤・小山2(6-2、6-2)0岡田・室山
○ S1 越野2(6-2、6-0)0中西
○ S2 沈2(6-0、6-0)0高山
○ S3 中塚2(6(3)-7、6-0、6-3)1佐藤

第4戦となる、神蔭女大戦はリーグを通して初の全勝での勝利。優勝が決まる明日の関学大戦に大きな弾みをつけることができた。

D1の越野菜摘(文2)・大野菜々子(社1)組は、序盤ポーチに出ることができず流れをつかめない。相手と互いにゲームを取り合う展開が続き、動いたのは大野がサーブの第7ゲームだった。安定したサーブから越野がポーチという展開でキープを決めると、その後は勢いに乗りブレークに成功。3連続ゲームでこのセットをものにした。続く第2セットも第9ゲームまで両天秤の試合が続く。5-4となった第10ゲームに越野の積極的なボレーで一気にポイントを重ね勝利。「調子は上がってきている」と大野も自信をのぞかせた。

いまだD2で白星を挙げていない関大はリーグでは初のペアリングとなる橘彩音(経3)・伊藤優花(人1)組が登場。序盤は互いにブレークしあい、2-1とする。第4ゲームで初めてキープに成功すると勝負の分かれ目となったのは4-2とした第7ゲームの関大のレシーブゲーム。デュースが続き4度目のデュースで伊藤のレシーブを相手前衛が触り得点を奪うと、意気に感じた橘も相手前衛を抜く鋭いレシーブのウィナーを決め、ブレーク。この勢いに乗り、第1セットを先取すると、第2セットも相手に流れを渡さず勝利をつかみ、D2としてリーグ初めて白星を飾った。

S1にはエースの越野。サーブからの展開で相手との実力差を見せつけた。レシーブゲームでも第7ゲームに、デュースを何度も繰り返すが最後は決め、ブレーク。第1セットを奪うと、第2セットではさらに勢いに乗る。尻上がりにストロークもはまりだす。相手を全く寄せ付けず6-0で締めくくった。

リーグ通して好調を維持している沈清河(法2)はこの日も絶好調。ラリーで相手を振り回し、空いたスペースにつぎつぎとボールを決めていく。以前より前で攻めていくプレーでさらに積極性を増したテニスにより相手を圧倒。1ゲームも取られることはなくまさに完勝だった。

S3には、1年生の中塚桃子(人1)がコートに入る。第1セットは両者譲らない緊迫した展開が続きタイブレークへ。しかし、要所で相手に粘られセットを落とした。「キャプテンと相談してゆっくり展開していった」と中塚。主将・小山葵(社4)の助言もあり、第2セットは自分のテニスを貫き6-0で取り返す。ファイナルセットも多彩なショットで、相手に食らいついた。第7ゲーム終了後、相手が足をつるアクシデントにも助けられ、終盤は主導権を握り勝利。熱戦は思わぬ形で幕を閉じたが、白星を手にし、今リーグ戦初の全勝での白星を決めた。

明日には関学大との最終戦が控えている。悲願の初優勝へ。あと1戦全力で戦うのみだ。【文/写真:三木勇人・松浦 智】
▼小山主将
「今まで1本取られていたけど今日は5-0で勝てて良かった。コーチからもこの1勝は意味のあるものだと言われた。橘も足の具合が良くなったし、一番近い練習試合で伊藤と組んでいてそのときに結構良かったので二人がペアを組んだ。目標である関西制覇へ明日絶対勝って創部初のリーグ優勝をこのチームでしたい」

▼沈
「夏関に比べて前で攻める意識をもって試合に臨んでいてそれがリーグ戦を通してできているので結果には満足している。1年の時にリーグ戦を経験したことが大きくて先輩の姿を見てきているので自分も下の子達に堂々としたプレーを見せたい。明日は目標の関西制覇へ大事な一戦なのでチームの1勝に貢献できるよう緊張もあると思うけどその中で強気で自分のテニスができるようにがんばりたい」

▼大野
「リーグ戦は初めてだが、思い切ってできている。越野さんとペアなので自由にさせてもらっている。今日は自分たちからのミスが多かった。ボレーとポーチを確認していった。今日に来て調子が上がってきている。明日も上げられればいい。強気な気持ちを忘れずポーチなどでチームに勢いをつけていきたい」

▼中塚
「リーグ戦のはじめのほうは橘さんの代わりという感じだった。でも、今は出させてもらっている。勝って越野さん沈さんに楽な形で渡すのが私の役割。今日は果たせたが昨日は負けてしまった。何とか勝ち切りたい。調子は悪くない。今日の相手は苦手なコースに打ち込んできた。キャプテンと相談して、ゆっくり展開していくことを意識した。終盤相手が足をつり、助けられた。明日の相手も守り重視のタイプだと思う。攻め急がず、自分のプレーをしていきたい」