【卓球】『2部優勝』へ向け、白星スタート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西学生秋季リーグ戦第1日目対大商大◇9月6日◇横大路運動公園体育館

関大4―1大商大

S1渡邊 3(11-5、14-12、11-6)0
S2増田 2(11-9、8-11、11-9、9-11、8-11)3
S3持田 3(11-7、11-2、11―9)0
D1坂根・持田 3(11-7、10-12、12-10、11-6)1
S4坂根 3(11-2、11-4、11-8)0

春季リーグでは目標であった『2部優勝』を達成できず、2部2位という結果に終わった卓球部男子。入れ替え戦では、フルセットに及ぶ激戦を演じたが惜しくも敗れ、1部昇格は叶わなかった。それから4か月を経た秋のリーグ戦でも目標は変わらず『2部優勝』。4年生にとっては最後のリーグ戦となるため、全員で1部昇格を成し遂げたい。

開幕戦の第1シングルスには、渡邊賢太主将(文4)が登場した。「勢いをつけていきたいと思っていた」(渡邊)。その言葉通り、第1ゲームから自らのペースで試合を進めると最後は4連続得点で1ゲームを先取。第2ゲームではデュースにもつれ込むも強いフォアで相手を圧倒し、ゲームカウントを2―0とした。第3ゲームでも相手に主導権を握らせることはなくストレート勝ちでまずは1勝を手にした。

第2シングルスには、増田隆介(社2)が挑んだ。1ゲーム目は、相手に粘られ終盤に逆転を許すも、何とか先手を取った。しかし、第2ゲームは相手ペースで試合が進みゲームカウントを1-1とされる。第3ゲームでは強烈なショットで相手のミスを誘うと勢いに乗り、再びリードを奪う。しかし、第4ゲームを奪われ迎えた最終ゲーム。またも、相手に主導権を握られる。8-11で敗れ、2連勝とはならなかった。

1勝1敗で迎えた第3シングルスには、持田憲大(経3)が出場。序盤は一進一退の攻防となったが、終盤に強烈なフォアが決まり出しこのゲームをものにする。勢いそのままに第2ゲームでは、鋭いショットを武器に2度の4連続得点を挙げ、11―2と相手を圧倒。第3ゲームは相手が粘りを見せるも最後はサービスエースで2勝目を奪った。

第1ダブルスには、坂根翔大(経2)・持田組が起用された。開幕戦の緊張感を感じさせることなく、息の合ったプレーで1ゲームを先取。しかし、2ゲーム目を奪われ試合は振り出しに。第3ゲームでは主導権を握るも徐々に追い上げられデュースへともつれ込まされるが、最後は相手のミスがありゲームカウントを2-1とする。第4ゲームは再び関大ペースで試合が進むと最後は持田の力強いフォアが決まり、開幕戦勝利まで後1勝とした。

開幕戦勝利への期待が高まる中第4シングルスには、ランキング上位者に与えられる黄色いゼッケンを背負った坂根が登場。短いショットと長いショットを使い分け、相手を翻弄(ほんろう)すると簡単に2ゲームを連取する。第3ゲームは、マッチポイントを握ってから相手に粘られるも最後は確実に決めきり、開幕戦白星発進となった。

開幕戦で勝利を収めたが「気を引き締めていきたい」と渡邊。明日の相手は春季リーグでストレート勝ちを収めた神大。『2部優勝』へ向け、1つ1つ勝利を積み重ねていくのみだ。【文/写真:奥井健太】

▼渡邊主将
「自分にとって最後のリーグ戦となるので1番から自分が出て勢いをつけていきたいと思っていた。勝利に貢献できたのは良かったと思う。個人としては勝ててほっとしている。チームとしてはまだまだリーグ戦が続くので気を引き締めていきたいと思う。(どのような気持ちでこのリーグ戦に臨んだか)最後なので自分が引っ張っていって後輩に何か残せるようにしたい。(今日の試合を振り返って)完璧に良かったというわけではない。個人的には取るところを取ってしっかり押さえられたので良かったと思う。チームとしても大きい取りこぼしがなかったので良かったと思う。目標は『2部優勝』。次も勝たないといけない。確実にしっかりと取っていきたい」