【テニス】越野単複ストレート勝ち!開幕2連勝で次戦園女迎える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成29年度関西大学対抗リーグ戦第2戦対同大◇9月5日◇江坂テニスセンター◇
【ダブルス】
○D1 越野・大野(菜) 2(6-0、7-6(5))0比嘉・大塚
●D2 小山・伊藤 1(6-2、2-6、6(4)―7)2釜江・川合
【シングルス】
○S1 越野 2(6-2、6-0)0大塚
○S2 沈  2(6-0、6-2)0池内
○S3 中塚 2(6-0、6-2)0川合

○関大4-1同大

3日に開幕したリーグ戦、第2戦の今日は同大を相手に越野菜摘(文2)が単複ともにストレート勝ちなど実力の差を見せつけ快勝。リーグ開幕2連勝と順調な滑り出しを切った。

D1の越野・大野菜々子(社1)組は、開始直後から流れをつかんだ。早い攻めで相手にプレッシャーを与え、ボレーでポイントを奪う。1ゲームも奪われることなく、第1セットをものにする。第2セットは、タイブレークまでもつれたが要所で上回りストレート勝ちを決めた。

越野はS1としても出場した。相手は高校の後輩・大塚、夏関でも対戦しておりこの時は越野がストレート勝ちを決めている。試合は越野がフォアハンドで押していき、リードを広げる。第1セットを先取すると、第2セットでは6-0と隙を見せることなく完勝。夏関単複女王の実力を発揮した。

小山葵主将(社4)と伊藤優花(人1)のペアは相手前衛への強気のショットを軸に第1セットをものにする。続く第2セット、相手の粘りのテニスにボレーで決めることができず、このセットを落とす。ファイナルセットでは互いに譲らずタイブレークへ。しかし、3-4とされてからミスに付け込まれを惜敗を喫した。

巧みなコントロールを披露したのは沈清河(法2)だった。ストロークで左右に揺さぶり相手に強打をさせない。終始主導権を握り、難なく勝利をものにする。

中塚桃子はS3として出場した。フォアハンド、スライス、ドロップを使い分け相手を手玉に取った。6-0で第1セットを奪うと、勢いそのままに第2セットも奪い勝利を決めた。

シングルス3戦すべてストレート勝利と地力を示した関大。だが、ダブルスでは初日には橘彩音(経3)が足を負傷し今日はペアを変えて挑むなど、やや不安が残った。次戦は7日に園女大戦が予定されている。リーグ制覇の正念場を乗り越えリーグ優勝をつかむ!【文/写真:松浦 智】