【卓球】南木が2勝挙げるも、開幕黒星スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生春季リーグ戦第1節対千金大◇5月2日◇横大路運動公園体育館◇

【試合結果】関大2-4千金大

男子とともに春季リーグが開幕。安川主将は「目標は1部昇格」と力強く宣言した。ここ何年も2部にとどまり続けている関大。今季こそ目標に掲げる1部の舞台をつかみ取ることができるか。大事な初戦が始まる。

関大の先陣を切るのは主将・安川。勝ってチームに勢いをもたらしたいところであるが、第1セットから苦しむ。中盤まで5-5と競っていたが、後半に一気に突き放され、5-11でこのセットを落とす。しかし、このまま相手に圧倒されるわけにはいかない。相手との打ち合いをバックハンドや強烈なスマッシュで打開し、第2セットをすかさず取り返した。

IMG_9630w

その後は両者一歩も譲らない攻防となるが、要所でミスが出た安川。1-3で第1シングルスを落とした。続く第2シングルスに登場したのは南木。相手に傾きかけた流れを引き戻す活躍を魅せる。

IMG_9683w

高くピンを上げる独特のサーブから相手を翻弄(ほんろう)。連続得点を何度も挙げ、3-0のストレート勝ち。ゲームカウントも五分に戻した。

南木のつくった流れに続きたい第3シングルスの松本であったが、相手のスマッシュを返すことができない。

IMG_9753w

連続得点を何度も許す苦しい場面が目立ち、ストレート負け。第4試合はダブルス戦で増田、南木ペアが挑む。安川が「ダブルスのメンバーが変わった中でも安定していた」と振り返ったように、随所に息の合ったプレーを披露。1セット目こそ落としたものの、その後は両選手のバックハンドやスマッシュが次々と決まった。

IMG_9905w

IMG_9951w

取られたらすぐに取り返す。このゲームを3-1でものにした。両チームがゲームカウントを取り合う展開のまま試合が進む。

この展開から抜け出したい関大の第5シングルスには増田が登場。この試合も一進一退の白熱した戦いとなる。

IMG_9975w

先に2セットを先取して優位に立つものの、要所で決めきれなかった増田。まさかの逆転負けでこの試合を落とした。これで勢いに乗った相手を第6シングルスの高橋が止められず、ストレート負け。開幕白星を飾りたい関大であったが、黒星スタートとなった。

敗戦となったものの、粘り強さが光った今日の試合。試合後の安川は「最後のあと一本のところを攻め切れるかどうか」と悔しそうに振り返った。しかし、リーグ戦はまだ始まったばかり。今日の悔しさを明日以降のリーグ戦にぶつけ、勝利を目指す。【高橋良輔】

▼安川主将
「いつも関大は出だしが悪いので、思いっきりいこうと言っていた。でも、初戦はみんな緊張していたし、それがプレーに影響した。結果的に負けてしまったけど、良いところもあった。しっかりと次の試合につなげることができるかどうかだと思う。(今季からダブルスのメンバーが変わって)もっと不安が大きいと思っていたけど、安定していたと思う。パターンも多く使って、試合ができていた。プレッシャーがかかることはわかっているし、そこをしっかりと取りきるために自信を持ってやっていかないといけない。最後の一本や流れが悪いときに切り替えることができなかった。目標は1部昇格。かなり厳しい状況なので、しっかりと挽回して頑張っていきたい」