【アメリカンフットボール】まさかの開幕黒星。次節以降の立て直し誓う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2017年度関西学生リーグ第1節対京大◇8月25日◇西京極陸上競技場兼球技場◇
1Q 2Q 3Q 4Q 合計
関 大   0  3  0  7 10
京 大   0  3  10  0  13
関大は今季8年ぶりのリーグ優勝、日本一を目指す。初戦の相手は過去5年連続で勝利を収めている京大だ。チームスローガンをLINKと掲げ、チーム一丸となり開幕戦に臨んだ。

試合の立ち上がりはQB入佐一輝(情3)のパス、RB畑中登(政策4)のランを中心にタッチダウンを狙う。しかし、初戦の緊張か、浮足立った立ち上がりとなった。それでも1Q終盤、入佐からQB中村聡吾(政策4)へ43yrdsのパスが通り、ゴールまで4yrdsとした。その後ランでタッチダウン(TD)を狙うも相手ディフェンスを崩しきれず、2ndダウンを終えた時点で2Qへ。3rdダウンでWR長井友和(環都3)へのパスが成功し、残り1yrdまで迫る。最後は確実性の高いフィールドゴール(FG)を選択し、K三輪達也(法3)がきっちりと決めた。

点差を広げていきたいが、ここから京大がペースを握り始める。岡田勝行主将(文4)が「日ごろの取り組みの甘さが出た」と振り返るように、相手のラン攻撃に苦しめられる。じわじわと攻めこまれ、FGで同点に追いつかれるとその後の攻撃でも流れをつかめず、逆にQBサックを食らうなど流れをつかめないまま前半を折り返した。

京大のキックオフで始まった3Q、攻め込みたい関大だが、前半からの流れを変えられない。相手にディフェンスブロックを破られ、21yrdsのランを許すと、インターフェアの反則を取られピンチを招く。その後も攻め込まれ最後は微妙な判定ではあったが、タッチダウンを許し、3-10と追う展開となる。直後にもFGを決められ、4Qを残して10点差をつけられる苦しい状況に。

何としてでも勝利をつかみたい4Q、攻撃陣が意地を見せる。入佐からWR木下敬士(商4)へ2回、赤木勇弥(人4)へとパスが立て続けに通り、ゴール前へと攻め込む。ゴール前に近づいてからは畑中のランでTDを狙う。相手の2度のインターフェアにも助けられ、最後は畑中がTD。三輪もトライフォーポイントを決め3点差に迫った。

しかし、反撃もここまで。最後まで攻め続けるも得点を奪えず、京大にまさかの6年ぶりの敗戦となった。

優勝を目指すチームにとって、残り試合で負けが許されない険しい船出となった。それでも下を向いている時間はない。試合後、畑中は「ここから自分たちがどうやって頑張るか」と2週間後の第2節に気持ちを切り替えた。今日出た課題としっかり向き合い、ここからの巻き返しに期待したい。【文:大島涼太郎・中谷開/写真:谷 風花・奥井健太】

▼松浦監督
「残念は残念。僕たちにとって良くない試合の流れや判定もあったけれど、現時点で僕たちより強いチームがいたということ。それを真摯に受け止めてやっていくしかない。長いことフットボールをやっていると何年間に一回かはこういうゲームがある。この結果に対してどういった風にリアクションできるかが団体スポーツや学生スポーツをやる上で大事なところ。ここで調子を崩すようではそこまでのチームだったと思われる。やることははっきりしているのでここから団結して全勝するしかない。今日京大が僕たちを倒したように関大が関学、立命を倒すことも十分できる。現時点でできていないことは大いに反省して悔しい思いを忘れずにやっていきたい。ゲームの最初に浮きだってしまって、落球が多い。ディフェンスも粘り強く頑張ってくれていたが、まだまだ足りなかった。チームのスローガンで団結、LINKを掲げているのでもう一回立ち返るしかない。わかりやすいスローガンなので、客観的に今の状況を見ることが大事。幸いなことに夏休みで時間もあるので、チームを作り直したい」

▼岡田主将
「結果がすべて。試合前にも練習でやってきたことしか試合ではできないと話をしていた。やっぱり結果を見れば京大よりもこの試合にかける準備、思いが足りなかったと思う。ディフェンスに関しては、日ごろから自分の役割を徹底しようと。組織で相手のオフェンスを崩すと、まずはランからという話をしていた。けどランを出されたということは日ごろの取り組みの甘さが出た。ディフェンスに関しては自分の役割を徹底する。その上で役割以上のプレーをする。そうすることで関学や立命に勝てるディフェンスになると信念のもとやってきた。やり切れていない部分をどうやり切れるか。4回生が考えて実行できるか、2週間後の結果に現れると思う。チームとしては1敗したが目標は変わらず日本一。やることははっきりしていて残り試合を全勝。1つ1つ全力で戦い、チームの甘さを払しょくすることが課題になる」

▼畑中
「負けてしまった事実は変わらないので、ここから自分たちがどうやって頑張るか。心を入れ替えて全勝すれば日本一への道はあるので、全員が協力して一致団結してLINKして今からの練習でどうやって練習していくかにかかっている。やるしかない。日本一に向けて全員がやれることをやっていく。(タッチダウンは)OL、TEがしっかりブロックしてくれたのでまっすぐ走るだけだったので仲間のおかげ。オフェンスの決定力の無さや試合中のゲームの動かし方に準備不足があった。やっていくしかないので、自分が何をできるのか考え抜いて、それぞれがやるべきことをやりたい」

▼前野
「自分たちがやること、すべきことができなかったのが一番の敗因。自分たちのミスが多かった。最初は流れに乗れていたけど、格下相手に点差が開かないことで2,3Qあたりから変な空気になって、焦りから自滅してしまい点差が広がって、間に合わなくなってしまった。この負けからどう変わるか、これを繰り返すのではなく、どう成長していくかが大事なので、4,3回生中心に変えていきたい」